旅行の持ち物!帰りの飛行機が悪天候の影響で欠航になる対策も必要

旅行
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

旅行に行こう!と思った場合では、国内・海外どちら?を選択するのでしょうか?基本的にはどちらでも良いのですが、どうしても行きたい場所となると飛行機も利用する事になります。

飛行機を利用する旅行の場合では、色々と準備も必要になるため、持ち物も必然的に増えてしまうのがちょっと厄介に感じます。

というのも、旅行の持ち物だけではなく、悪天候への対策も必要になるので余計な荷物も増えてしまいます。

今回の記事は『旅行の持ち物!帰りの飛行機が悪天候の影響で欠航になる対策も必要』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

国内・海外旅行に持参する持ち物

ここでは、国内旅行・海外旅行に持って行く旅行の持ち物についての内容になります。

宿泊日数によっても持ち物は異なる

旅行といっても日帰り旅から宿泊を伴う旅行といった場合も有るため、持参する持ち物はどのような旅をするのか?によっても異なります。

日帰りの場合では宿泊しませんから着替え衣服が不要なため、スーツケースは不要になります。

それに対して、宿泊を伴う旅行の場合では着替え衣服が必需品になるため、スーツケースやバッグパックなどのバッグが必要になります。

 

スーツケース、リュックなどのバッグ

旅行に出かける場合では日帰り旅だったとしても何かしら?のバッグは持って行くと思います。

というのも、汗拭きタオルやコンビニ等で買物する場合もあるため、何かしら?のバッグが有ると便利です。

また、1泊以上の宿泊をする場合では、着替え衣服が必要になるため、自分にとって最適に感じるバッグを持参する事になります。

飛行機を利用する場合ではスーツケースが多いですが、バッグパックを利用している人も少なからずいるため、基本的には個々の判断に委ねられるのが実情になります。

スーツケース(キャリーバッグ)選び方!機内持ち込み?預け荷物?も考慮
皆さん こんにちは! 旅行のスーツケースを購入する場合では、色々な悩みに直面する場合が多いです。一見すると、自分の好みに適合している物を購入すれば良いので簡単そうに感じます。 ところがどっこい、そうはいかないのである。い...

 

貴重品

旅行にはお金が必要です。鉄道やバスで移動する機会も有りますし、コンビニで買物したり、特産品などのお土産を買ったり、現地の料理を食べたり、自販機で飲み物を購入したりといった感じでお金を使います。

これに加えて、ホテルを利用する場合ではクレジットカードも使いますし、SuicaやPasmoといった交通系ICカードも鉄道やバスの移動で利用するのではないでしょうか?

また、海外旅行の場合ではパスポートが必需品になるため、どのような旅行をするのか?によっても旅行の持ち物は変わってきます。

 

スポンサーリンク

飛行機を利用する国内・海外旅行の場合

ここでは、国内旅行では色々な交通手段がありますが、海外旅行では飛行機を利用する場合が多いと思います。

国内旅行の移動手段や持ち物

国内旅行では、飛行機だけでなく、鉄道やバス、マイカーといった色々な交通手段を利用して旅行に出かける事になります。

旅行に持参する持ち物もパスポートは必要ありませんし、現地の特産品などのお土産も買って持ち帰っても良いですし、自宅に宅配便で送っても良いので帰りの持ち物を減らす事もできます。

それに、海外旅行と違って言葉が分からなくて四苦八苦する事もないですから余計な気を使わないで済むのも魅力的に感じます。

それに宿泊しないで日帰り旅行もできますから、この場合では持ち物も少なくて済みます。

 

海外旅行の移動手段や持ち物

海外旅行では飛行機か船か?の2択になります。たいていの場合では飛行機を利用しての海外旅行になると思います。

飛行機を利用する場合では、旅行に持参する持ち物である手荷物を空港の航空会社のチェックインカウンターで預けるのか?それとも機内に持ち込むのか?の選択があります。

どちらの選択が良いのか?は個々の判断に委ねます。というのも、こればっかりはどっちが良い!とは言い難いのである。

何故か?と言うと、どっちの選択も一長一短が有るので個々の判断で決めた方が最適です。

 

帰りの飛行機が悪天候で欠航になる場合あり

ここでは、国内・海外旅行で移動手段として飛行機を利用する場合では、帰りの飛行機が悪天候などの影響で欠航になる場合もあるについての内容になります。

悪天候で飛行機が欠航になる場合あり

移動手段の1つとして飛行機を利用する場合もありますが、この場合では帰りの飛行機が色々な事情で欠航になってしまう場合がある事を頭の隅にでも入れておいた方が良いです。

この事を全く考えていない場合では、もしかすると実際に遭遇した時に右往左往する展開になってしまう事も珍しくないのではないかな?と思います。

だからといって、こればっかりはどうしようもないですから、致し方ない感じになります。

 

国内旅行で欠航の場合

国内旅行で帰りの飛行機が欠航になってしまう場合もありますが、この場合では特に深刻に考えなくても問題ないのではないでしょうか?

というのも、言葉が通じますし、沖縄や離島を除いて、北海道・本州・四国・九州であれば、別の移動手段で帰宅する事も可能です。

 

海外旅行では困る

帰りの飛行機が欠航になった場合で困るパターンと言えば、海外旅行が該当するのではないでしょうか?

というのも、英会話などが普通にできるのであれば特に困る事はないのですが、このような場合では現地の外国語会話ができれば大丈夫です。

でも、残念な事に必ずしも英会話も含めて、外国語会話が全くできない場合もあります。帰りの飛行機が欠航になってしまうと、難易度が上がってしまうのではないでしょうか?

 

旅行では帰りの飛行機の欠航対策も必要

ここでは、国内・海外旅行では帰りの飛行機が悪天候で欠航になる場合もあるため、その対策も必要になるについての内容になります。

どのような対策ができるのかな?

楽しい旅行に出かけて満足できた場合でも帰りの飛行機が悪天候の影響で欠航になってしまう場合も実際にあります。

特に台風シーズン積雪などのシーズンでは飛行機が欠航になる可能性も否定できないため、何かしら?の対策も必要になります。

特に旅行から帰宅して翌日から仕事!という場合もよく有る出来事の1つに該当するので、このようなパターンでは勤務先への連絡は必須となります。

また、最短で帰りの飛行機を手配した場合でも翌日の飛行機には乗れないと思いますから、ホテルに連泊する必要も発生します。

 

海外旅行では「お金」

帰りの飛行機が欠航になってしまう展開というと、実際に経験が有るのは海外旅行になります。

台湾に旅行した時に台風が発生して帰りの飛行機が飛ばなかったのである。この当時は、流石に焦りましたね。

最短の飛行機に乗るまでに期間を要しまして、大変な経験をさせてもらった訳ですが、この時に備えて、以後はちゃんと欠航の準備を行うように心掛けています。

必要なのは「お金」なんですけど、クレジットカードがあればOKという訳ではないです。現地のお金(現金)も必要になるため、余ったお金は使い切らないで残す必要があります。

残ったお金は次回に使えば良いので、また次回も同じ国に旅行する事になると思います。

旅行の持ち物!雨対策は折りたたみ傘?ベンチャージャケットも持参
皆さん こんにちは! 楽しい旅行では、色々な便利グッズを持参する場合も多いですが、その中には急な雨への対策として折りたたみ傘も含まれている場合が多いです。 というのも、いつも楽しい旅行では天気が良い!という訳ではないです...