旅行の持ち物!防災の非常食は海外旅行に持参して試食する活用方法

旅行
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

旅行と言えば、国内・海外どちらに旅行に行くのでしょうか?こればっかりは色々な事情も関係するので一概には何とも言えません。

もし、海外に行くのであればパスポートが必需品になるのですが、その他にも色々とアレコレ旅行の持ち物として持参する場合も多いです。

というのも、海外では何か不足の状況に陥る場合もありますから、対策も必要になるからです。

今回の記事は『旅行の持ち物!防災の非常食は海外旅行に持参して試食する活用方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

海外旅行に持参する旅行の持ち物

ここでは、海外旅行に持って行く色々なグッズや持ち物についての内容になります。

お金などの貴重品

海外旅行に持参する貴重品と言えば、「お金(日本円、現地のお金)」、「パスポート」、「クレジットカード」、「航空券」が該当します。

これに加えて、現地で利用する交通系ICカードやSIMフリーに対応しているスマートフォンも含まれます。あと、旅行保険にも加入しておいた方が良いと思います。

 

着替え衣服

1泊以上の旅行では着替え衣服も必需品に含まれます。特に着替え衣服の場合では宿泊日数が多くなれば多くなるほど比例して荷物も増えてしまいます。

同時に着替えを収納してパッキングする事になるため、パッキングに必要なポーチ類も多くなってしまうので荷物の軽量化にも配慮した方が良いと思います。

 

旅行便利グッズ

国内・海外旅行では、旅行に持参すると便利に感じるグッズという物が有るため、自分にとって最適に感じる旅行グッズを持参する場合が多いです。

特に、現地の特産品などのお土産を購入する場合では、お土産収納用として折りたたみバッグも必要になる場合があります。

また、旅行で使う財布としてパスポートポーチを利用といった感じで色々と多くの便利グッズがあります。

 

スポンサーリンク

海外旅行では現地の食事が合わない場合もある

ここでは、楽しい海外旅行に行ったのは良いですけど、現地の食事が自分には合わないで困ってしまう事があるについての内容になります。

海外旅行では困る場面も実際にある

楽しい海外旅行で困る事と言えば、会話かな?と感じるのですが、他にもトラブルに見舞われる事もあるため、必ずしも平穏無事に過ごせるとは限らないのが実情になります。

何事もなく日本に帰国できればハッピーなんですけれども、こればっかりは時の運も関係ありますから一概には何とも言えないのではないでしょうか?

というのも、食事の味付けも異なりますし、トイレも異なるので日本の生活とのギャップもあります。

 

現地の食事は普段の食生活と異なる味付け

毎日の食事では、いつもの味付けになっていますから美味しいと感じるご飯を食べれて満足できます。

外食に出かけて食事する場合でも、このお店で食べたい!と思って出かけていますから、それなりに満足感は得られる場合が多いです。

中には当たり外れも実際にあるため、必ずしも満足できるという訳ではないです。これと同じ展開になるのが海外旅行になります。

特に、食事の味付けが異なるので、果たして本当に自分はこの味付けに対応できるのか?という部分が重要になります。

 

対応できるのか?も関係あり

現地の食事に対応できるのであれば、観光も食事も満足できるので全てにおいて大満足として旅行を終える事ができると思います。

1つでも不満足な結果が有ると流石に次回もリピートするという展開にはならないと思います。現地に適応できるのか?も少なからず関係あるのかな?

 

海外旅行で食事が合わないと困るので対策も必要

ここでは、せっかくの海外旅行なのに現地の食事が合わなくて嫌な思いをしない為にはどうすれば良いのか?についての内容になります。

もし、現地の食事が合わなかったらどうするか?

海外旅行する場合では注意事項もあります。何に注意するのか?と言えば、食事になります。海外の食事は毎日食べている日本食とは異なります。

特に味付けが異なりますから、どうしてもこの味付けは無理かも?という展開にも遭遇します。

このような場面に遭遇したらどうするのか?という心構えや対策も必要です。

 

日本食レストランを利用するのも1つに方法

海外旅行では、現地の食事が合わない場合も実際にありますが、このような場合に重宝するのが現地にある日本食レストランになります。

たいていの場合ではどの国にも有りますから、これを利用するのが良いと思いますが、ここで1つ補足事項があります。

日本食レストランで食事をすれば、バッチリ!と思わない方が良いです、味付けは現地の味になっている場合も実際にあります。

そりゃあ当然と言えば当然ですよね!何せ、日本食レストランと言えども、お客さんは日本人観光客よりも現地の在住者が圧倒的に多いですから、現地の味に配慮しないといけません。

 

日本にある海外のお店で食事をしてみるのも1つの方法

日本には幸いな事に、外国人が経営している料理店が多いです。中華料理店やタイ料理、インド料理といったお店がありますから、これらのお店を活用するのも1つの方法になります。

どこかの国に旅行に行きたいな~と思ったら、先ずはその国の料理を提供しているお店を訪問して食事してみるのである。

実際に食べてみて特に問題なかったら旅行しても大丈夫なんじゃないのかな?

 

海外旅行には防災の非常食を持参して役立てる

ここでは、海外旅行でまさか!の食事が合わないトラブル対策として防災の非常食を持参して対応するのも1つの方法についての内容になります。

海外旅行に非常食を持参する対策

海外旅行では、現地での食事も楽しみの1つに該当しますが、実際に食べてみると毎日の食生活とは異なる味付けになっているため、あまり美味しいと感じない場合もあります。

食べ慣れてしまえば、いつもの日常になるので特に問題ないのですが、短期旅行では残念ながら食べ慣れるには期間が足りません。

この場合に役立つのが、防災の備蓄として保存している非常食になります。これを海外旅行に持参するのである。

 

防災の非常食は美味しいとは限らないので注意

海外旅行に非常食3日分として備蓄しているアルファ米ごはん等の非常食を持参する場合もありますが、1つだけ注意も必要になります。

何に注意するのか?と言えば、そもそも非常食は食べれば美味しいという訳ではないのである。

本当に美味しい!と感じる食品もあれば、全くと言って良いほど不味い美味しくないと感じる食品もあります。

そのため、ある程度、食べ慣れている非常食が良いのではないか?というのが個人的な見解になります。

 

非常食の試食として持参するのも1つの活用方法

もしもの非常時に備えて備蓄している非常食だったとしても美味しいとは限らないので、どこかの時点で試食も必要になります。

本当であれば備蓄する前に試食して美味しいと感じた食品を備蓄するのが望ましいのですが、購入して備蓄する場合が多いです。

それならば、海外旅行に現地の食事が合わなかった場合の対策として非常食を持参して試食も兼ねるという選択も1つの活用方法になります。

非常食3日分の尾西アルファ米ごはん・おにぎり食レポ比較レビュー
皆さん こんにちは! 防災の非常食として、開封して直ぐに食べられる食料品や簡単な調理だけで食べれる食品を備蓄している場合では、実際に食べた事がある非常食を備蓄しているのでしょうか? もし、1回も食べた事がない非常食を備蓄...