国内・海外旅行バッグはスーツケース?バッグパックやリュックも便利

バッグの中身・持ち物
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

国内や海外旅行に行く場合では、着替え衣服などはスーツケースに収納して貴重品等はサブバッグという感じになるのではないでしょうか?たいていはこんな感じだったりします。

でも、必ずしもこのようなパターンにならないのが実情になります。というのも、好みや感じ方には個人差が有るため、必ずしもスーツケースなどのキャリーバッグが便利とは感じなかったりするものです。

それに、訪問する場所や利用する交通手段といった部分も総合的に考慮すると、スーツケースじゃなくてもリュック(バッグパック)でも良さそうに感じるのも実情になります。

今回の記事は『国内・海外旅行バッグはスーツケース?バッグパックやリュックも便利に感じる』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

国内・海外旅行に持参するバッグについて

ここでは、国内・海外旅行のパッキングで利用するバッグについての内容になります。

宿泊を伴う場合はスーツケースが多い

宿泊を伴う国内・海外旅行では重たい荷物を引いて転がして持ち運びできるスーツケースなどのキャリーバッグを利用する場合が多いです。これは何故か?となりますが、全てにおいて合理的だからです。

というのも、着替え衣服を収納する場合では、縦開き・横開きで完全にガバッと開きますから、全体を把握できるので、収納しやすいです。

さらには、移動する際には少しの力で引いて転がせるのでリュックのように重たい思いをしないで移動できるのも便利に感じます。

何かと重たい荷物を持ち歩く旅行では、いかに疲れないので移動できるのか?も考慮する必要があります。この観点から考慮すると、スーツケースは理に適っていると言えます。

 

日帰り旅行の場合はリュック

宿泊を伴わない日帰り旅行の場合では、リュックショルダーバッグが多いと思います。目的地が遠方の場合ではリュック、近場の場合ではショルダーバッグといった感じ。

だからといって、必ずしもこのような感じになるのではなく、旅行者によっても異なります。

要するに、自分はどっちのバッグの方が最適に感じるのか?という部分が重視されるため、お好みの判断で特に問題ないです。

筆者の場合では、何処に行くにもリュック(バッグパック)が多いですから、人によっても状況が異なります。

 

登山はウェストベルト有りバッグパック

旅行と言えば観光だけではありません。登山や山登りに出かける場合もあります。この場合では、登山に適したバッグが最適になります。

富士山に行く場合もあれば、そこまで本格的じゃなくて、もっと軽めの山登りといった感じもあります。

いずれの場合でも、バッグパックで出かけると思います。この際に持参するリュックは、腰当てが付いたウェストベルトを装備しているタイプが良いと思います。

但し、このタイプは通勤や旅行には向いていないような気がするので、利用できる場所が限られてしまう感じ。

とはいえ、電車通勤でも実際に使っている強者も実際に見かけるので考え方1つで決まる感じです。

 

スポンサーリンク

国内・海外旅行ではスーツケース等のキャリーバッグ

ここでは、宿泊を伴う国内・海外旅行に持参するパッキングのバッグはスーツケースが多いについての内容になります。

メリット

宿泊を伴う出張や旅行に持参する着替え衣服などをパッキングするバッグとして、スーツケースなどのキャリーバッグを持参する場合でのメリットは何があるのかな?

たぶん、あくまでも移動が便利に感じるといった部分が該当するのではないか?と感じます。何せ、リュックのように重たい荷物を背負う必要がないですし、ケースにはキャスターが付いているので引いて転がして移動できます。

それに、横開き収納できるため、着替え衣服などのパッキングも行いやすいので便利に感じます。

 

デメリット①「歩く場所を選ぶ必要あり」

スーツケース持参のデメリットになりますが、歩く場所を選ぶ必要が有ります。というのも鉄道駅では階段を利用できませんから、必然的にエスカレーターやエレベーターを利用する事になります。

道路を移動する場合でも凸凹している場所は移動できないので、舗装されている道路を移動する必要があります。

特に海外旅行では、歩道が凸凹している場合が有るので考慮も必要になります。

 

デメリット②「荷物になる」

スーツケースで旅行した場合では、空港等でトイレに行こうとした場合にちょっと困ります。

特に海外一人旅の場合では空港によってはスーツケースを一緒に持って行けないという場合もあります。

あと、観光する場合では、スーツケースは邪魔になりますから、ホテルに預けるといった事も必要になります。

 

旅行では両手が使えるバッグパック(リュック)が便利

ここでは、宿泊を伴う旅行では、スーツケースが便利に感じますが、両手が使えるリュックも便利に感じるについての内容になります。

リュックは旅行のサブバッグとしても使える

宿泊を伴う旅行ではリュックも活躍しますが、この場合では2通りの使い方が利用できます。1つは着替え衣服を収納するパッキングのメインバッグとしての利用方法。

もう1つは旅行に持参する観光用のサブバッグとしての用途。但し、コチラの場合では26L以上の大容量タイプではなく、20L~25Lサイズの容量が最適に感じます。

両方の用途で利用するのであれば、800g以下の軽量リュックが良いと思います。

とにかく軽さは正義に感じるので、旅行に持参するリュックだったとしても軽量なのか?は考慮した方が良いのではないでしょうか?

 

急な雨でも対応できる

旅行では、いつも天気の良い晴れ!という訳ではありません。当然の事ですが、急な雨に降られてしまう事も実際にあります。この場合では折りたたみ傘の出番になります。

リュックの場合では、基本的に荷物は背中に背負うので両手が空きます

例え雨で片手に傘を持っても、もう片方の手が空くので、何かの拍子でぶつかってしまって倒れそうになった場合でも対応できるメリットがあります。

旅行では晴雨兼用の軽量な折りたたみ傘が有ると便利です。

因みに、筆者の場合は折りたたみ傘の他に、カッパも兼ねる防水ポケッタブルパーカーのノースフェイス・ベンチャージャケットを旅行に持参しています。

 

分厚いショルダーが魅力的なカリマーイクリプス27

宿泊を伴う旅行に持参する着替え衣服等を収納してパッキングするリュックの場合では、どうしても荷物が重たくなってしまいます。これをどうにか?しないと肩こりの原因にも繋がってしまいます。

せっかく楽しい旅行に出かけて、リュックに背負った荷物のせいで肩が痛く感じたりすると旅行が台無しになってしまうので、着替え衣服を収納するリュックは厳選した方が良いです。

特に重視した方が良いのはショルダー部分。分厚いとうたっている商品をネット通販で購入してみると、実際に確認したら、分厚いと感じなかった!というパターンは良くあります。

カリマーのイクリプス27分厚いショルダーを搭載していて27L容量あるので、十分に着替え衣服を収納する用途に対応できます。このバッグで台湾旅行3泊4日を経験しています。

 

海外旅行でもバッグパック30Lでパッキングできる

ここでは、海外旅行に出かける場合でも30Lバッグパックであれば、荷物の軽量化にも繋がり、両手も使えて便利に感じるについての内容になります。

台湾旅行で便利なグレゴリー コンパス30 バッグパック

筆者の場合は個人的に台湾が好き!という事もあり、海外旅行と言えば台湾1択になっているのが実情になります。

いつも27Lリュックのカリマーイクリプス27や30Lリュックのグレゴリーコンパス30にパッキングして旅行しています。

イクリプス27の場合では確かに分厚いショルダーがとても快適に感じるのですが、荷物を収納する場合では上から入れて詰め込んでいくパターンになります。

それに対して、グレゴリーコンパス30の場合では、スーツケースのように横開きできるため、同じ感覚でパッキングできるので便利に感じます。

それでいて本体重量も760gという軽さでかつ、トップ部分にファスナーポケットが有るので基本的には申し分ありません。

宿泊を伴う旅行や出張では、グレゴリーのコンパス30、日帰り旅行ではイクリプス27という棲み分けが定着しています。

 

グレゴリー コンパス30 デメリット

スーツケースのように横開きできて、本体重量も軽量な760gあり、サイドから出し入れできるノートPC収納ポケットやトップにあるファスナーポケットといった感じで収納力も申し分ないグレゴリーコンパス30にも弱点はあります。

具体的にどの部分が弱点なのか?と言うと、ショルダー部分が該当します。確かに厚みは有るのですが、それでもカリマー27Lリュックのイクリプス27よりも明らかに薄いと感じます。

そのため、筆者の場合はJFTのリュック用ショルダーパッドを別途購入して、このデメリットを克服しています。背負心地がバッチリといった感じで申し分ないです。

 

リュックに取り付けできるスマホポーチは便利

旅行の着替え衣服を収納するバッグパックの場合では、リュックのショルダーに取り付けできるスマホポーチは有った方が便利に感じます。でも、取り付ける場所によっては、必ずしも便利に感じないので、注意も必要になります。

この場合では、ショルダーバッグで対応するのが賢明の選択です。特に旅行では観光用サブバッグも必要になりますから、この用途も兼ねるショルダーバッグが良さそうに感じます。

また、ホテル等で食事する場合では小さめのミニポーチが有ると便利に感じます。

筆者の場合は、リュックのショルダーに取り付けできる3wayショルダーポーチ(グレゴリー クイックポケットM)を持参する場合もあります。