旅行の持ち物パッキングはミニマリストを参考にグッズや荷物の軽量化

バッグの中身・持ち物
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

国内・海外旅行に出かける場合では旅行の荷物を準備してパッキングする事になりますが、この場合では用意した持ち物が全てスーツケースに収納できなかったりした事はありませんか?

又は、収納する事はできても、自分が想定していた合計重要よりも大幅に増えていて、軽量化するのに手間取ってしまったといった場合もよくある事の1つだと思います。

さらに言えば、旅行先から帰って来る場合でも現地で購入した特産品などのお土産を買ったは良いけど収納できないといった場合も十分に想定できます。

いずれの場合でも旅行のパッキングが重要になるのですが、この場合にミニマリストの考え方を採用した方が意外と簡単にパッキングできるので、検討してみては如何でしょうか?

今回の記事は『旅行の持ち物パッキングはミニマリストを参考にグッズや荷物の軽量化』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

旅行の持ち物 パッキングは大変に感じる

国内・海外旅行では旅行で便利に感じるグッズや着替え衣服を持参するのでパッキング必要になります。

どうしてパッキングが大変なのか?

どうして旅行のパッキングは、簡単にできないのか?と言えば、たぶん荷物が多いのが原因の1つに該当するのではないか?というのが個人的な見解になります。

旅行に持参すると便利に感じるグッズを荷物に含めているため、これらのグッズが多くなっていると思います。でも、ここでよく考えて欲しいのは、便利に感じるグッズは本当に旅行で使うのでしょうか?という部分。

実際の旅行ではあまり使っていない物も含めているのではないか?と感じます。とりあえず前回と同じ物を持って行けば良いかな?といった感じで今回も持って行くパターン。

本当に使っているのか?見直し改善も必要だと思います。

 

旅行に持参すると便利に感じるグッズ

旅行には、便利グッズも持参しますが、これは人によっても様々です。実際に使っているグッズは皆さん異なりますから、一律的に感じではありません。

これらの便利グッズはどのぐらい持参するのか?によっても変わってきますが、着替え衣服を除いても多くなる場合があります。

特にスマホは旅行でも必需品に該当します。スマホを持参する場合ではモバイルバッテリーや充電ケーブルも必要といった感じにアレコレ持参となるパターンが多いです。

本当に旅行で必要な物だけを持参するように厳選しないと、旅行の持ち物は軽量化できません。

 

着替え衣服も多い

宿泊を伴う旅行では、必ずと言って良いほど、着替え衣服も必要になりますが、この着替え衣服がネックになります。

というのも、着替え衣服の場合では、旅行に持参する荷物の中で一番面積が大きくて、一番重たい荷物だからです。1つ1つはそんなに重たくないのですが、纏まってしまうと重たくなります。

「下着、シャツ、替えズボン、靴下」に加えて、ジャケットやパーカーといった衣服も持参すると思います。特に飛行機を利用する旅行では、機内防寒としても利用できる羽織れる衣類も必要になります。

さらには冬の寒い時期の旅行では防寒着も荷物の1つに含む事になるため、全体の荷物は思い描いているよりも増えている場合が多いです。

 

スポンサーリンク

旅行のパッキングの悩みは旅行の持ち物の軽量化

国内・海外旅行に持参する持ち物をパッキングする時に大いに悩むのがパッキングだったりします。特に軽量化は悩めるのではないかな?と思います。

実際にパッキングしてみると重たい

旅行に行く場合では、着替え衣服などを収納するスーツケースやバッグパックなどに詰め込んでパッキングしますが、全ての荷物を収納してみると、想定していた合計重量よりも遥かに重たい場合が多いです。

どうしてこうなるんだろうか?といった感じ。その理由の1つとしては、前回の旅行で記録を取っていなかったのも要因の1つに該当しますし、持参すると便利に感じるグッズを含めている可能性も否定できません。

旅行でよく使うアイテムであれば持参しても良いのですが、◯◯を持参すると便利に使えるかも知れないグッズを持って行く場合では、実際に使わない可能性もあります。

このような不確定要素のあるグッズをなるべく排除するのでパッキングのコツだったります。

 

旅行の荷物を軽量化するポイントは着替え衣服

旅行に持参する荷物の中で一番面積が大きくて、一番重たい荷物は何だと思いますか?それは着替え衣服になります。1泊程度であればコンパクトなので負担になりませんが、宿泊日数が増えれば増えるほど、どんどこ荷物も比例して増えます。

この着替え衣服をどのように持参するのか?又は扱うのか?によっても状況は変わって来ると思います。もうこれは考え方1つで決めるので、先ずは自分なりに結論を導き出すのが賢明の選択になります。

というのも、自分なりに納得して実践しないと長続きしないですし、直ぐに元通りに戻ってしまうからです。意識改革というのは自ら率先してどうするのか?が重要なので、しっかり検討する事が大切です。

ヒントを挙げれば、旅行中に洗濯するのか?洗濯しないのか?が分岐点となるのではないか?と個人的に考えます。

 

軽量化のコツは荷物を収納するバッグ

旅行の持ち物を軽量化する方法は色々ありますが、その内の1つが入れ物(スーツケース容量 or バッグパック)を小さくすると軽量化に繋がる可能性があります。

着替え衣服などを収納する入れ物はスーツケースやバッグパックなどが該当しますが、このバッグの容量を小さいサイズにしてしまう方法になります。

旅行に持参するバッグを先に決めてしまい、このサイズに合わせてパッキングする方式です。入り切らない物は持って行けないですから、それに合わせるように努力する事になります。

一番問題になるのは着替え衣服になりますが、発想の転換によって解決できます。どのように解決するのか?と言えば、旅行でも洗濯をするだけで良いです。

これが行えるのであれば、宿泊日数分の着替え衣服を持参しなくても済むので軽量化に繋がります。

 

旅行の持ち物を軽量化するならミニマリストの考え方を参考

ここでは、宿泊を伴う国内・海外旅行の持ち物はミニマリストの考え方を参考にすると簡単に軽量化できるについての紹介になります。

ミニマリストの考え方は参考になる

「ミニマリスト」という言葉を聞いた事がありますが、簡単に言えば、必要最小限の持ち物だけで生活する人を指します。

これを毎日の生活で実践するのは難しいのが実情になります。でも、旅行であれば、短期決戦になるので短期であれば十分に頑張れると思います。

旅行には色々なグッズを持参する事になるため、ここでミニマリストの考え方を参考にしてパッキングを心掛ければ良いのである。

「持参すると便利に感じるグッズ」や「必要に感じるグッズ」は実際の旅行で本当によく使うのか?分からない不確定要素に該当するため、このようなグッズは持参しない。といった感じ。

 

旅行でも必要最小限の持ち物

ミニマリストの考え方を参考にした場合では、旅行に持参する持ち物はどのうように変化するのでしょうか?

便利や必要に感じるグッズを取り除いたとしても微々たる物なので、本体重量の軽量化にはそんなに繋がらないと思います。

旅行荷物の全体重量を軽量化するには聖域に切り込む必要があります。ここで言う聖域とは着替え衣服が該当します。

何せ、着替え衣服は纏めると、一番重たい荷物の1つに該当するので、これをどうにか?しないといけません。

洗濯するのも1つの方法ですし、リバーシブルで着れる衣服を持参するのも1つの方法になります。こればっかりは色々な考え方があるので自分にとって最適に感じる方法で実践するのが良いです。

 

モバイルバッテリーも考慮が必要

旅行にはスマホも必需品に該当しますが、この場合ではモバイルバッテリーも持参する事になります。大容量バッテリーを持参する場合が多いですが、これはどうなんでしょうかね?と思うのは気のせいでしょうか?

大容量になればなるほど、重量も増えると思います。大容量ではなく、スマホを丸1~2回分充電できるタイプでも良いのではないか?といった感じ。

 

旅行の持ち物は少なくコンパクトに軽量化を

国内・海外旅行にに持参する持ち物は軽量化が望ましいのですが、軽量化するには持参する荷物を少なくコンパクトにする必要があります。

旅行の荷物をコンパクトにして軽量化

旅行に持参する荷物は自分ではコンパクトにしたつもりでも、実際にはコンパクト化に繋がっていない場合も意外と多いです。

この場合ではどうするのか?と言えば、記録しておいて次回に旅行に活用するのが何だかんだ言っても一番良いのではないか?というのが個人的な見解になります。

具体的に何を記録するのか?と言えば、「旅行の持ち物一覧」、「よく使ったグッズ」、「あまり使わなかったグッズ」の3種類。

あまり使わなかったグッズは次回も使うとは限らないのでリストラするといった感じ。

そのようにしていけば、いずれ旅行の荷物はコンパクトになっていくのではないか?と考えます。

 

着替え衣服を収納するバッグも見直し改善

国内・海外旅行と言えば、たいていの場合ではスーツケース(ソフトスーツケースも含む)が圧倒的に多いですが、この部分も見直し改善が求められます。

見直したけど、それでもスーツケースが最適だったという場合も実際にあるため、そのような結果になるのであれば、問題ありません。重要なのは一度見直してみる事です。

何故か?と言うと、全体の荷物の中で、どれが重たい物なのか?と言えば、着替え衣服スーツケースが1~2位を独占すると思います。

着替え衣服は切り込んだのにスーツケースは切り込まないというのはアンバランスですから、これだけは譲れないからという理由で聖域化してしまうと次から次へと例外にする可能性大。

バッグパックをメインで利用する旅行バッグにするだけで、荷物の軽量化に繋がるため、要検討した方が賢明の選択になります。

 

雨具は必要に感じる(実際に使わない場合でも)

旅行に持参する荷物の中で大いに悩めるグッズと言えば、雨具ではないでしょうか?ハッキリ言って、全く使わないのにも関わらず持参する場合が多いです。

でも、持って行かない時に限って雨が降る場合も実際に有りますから、たぶん必要だと思います。実際に持参しているのは晴雨兼用の折りたたみ傘となります。

これに加えて、機内防寒やルーム着も兼ねるポケッタブルパーカー&パンツを持参しています。