旅行の着替え衣服の軽量化は洗濯グッズ持参で解決!身軽な旅の実現を

旅行
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

国内・海外に旅行する場合では旅行の荷物の軽量化も必要になりますが、仮に、準備してパッキングを終えた後に想定していたよりも重量オーバーになっていた場合はどのように解決していますか?

このようなパターンは皆さん誰しも1回は経験しているのではないかでしょうか?自分では、厳選したつもりなのに、旅行バッグに収納できなかった場合も当然の事ですが実際にあります。

この時に厳選が足りないのか~という事に気が付いてしまう感じなので、いかに旅行に持参する持ち物をパッキングするのが簡単ではない事を実感できます。

解決できる方法は色々とあるのですが、たぶん、旅行に持参する荷物の中で一番面積が広くて、一番重たい持ち物を大幅に圧縮しないと根本的な解決には至らないのではないか?と思います。

今回の記事は『旅行の着替え衣服の軽量化は洗濯グッズ持参で解決!身軽な旅の実現を』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

旅行に持参する着替え衣服について

国内・海外の宿泊を伴う旅行では、必ずと言って良いほど着替え衣服を持参しますが、どのぐらいの着替えを持参しているのでしょうか?

宿泊する場合の荷物

国内・海外に旅行する場合では、着替え衣服も必需品となりますが、ただ単に着替えだけをスーツケースにパッキングするだけではないと思います。

日本国内の旅館に宿泊する場合では、浴衣が用意されているのでパジャマを持参しなくても良いですが、ホテルに宿泊する場合ではパキャマとして利用できる衣服も必要になります。

あと、その他にも衣服を小分けする場合にパッキングポーチなども利用している場合が多いですから、純粋に着替えだけではないです。

 

着替え衣服は宿泊日数分を持参

宿泊を伴う旅行では着替え衣服を持参しますが、この着替え衣服はどのぐらいの量を持参するのでしょうか?

一般的には宿泊日数分の着替え衣服が必要になるため、宿泊日数によっても旅行の持ち物は変化します。

1泊程度の旅行であれば、リュックでも大丈夫ですが、3泊以上の宿泊となると着替え衣服を収納するバッグはスーツケースの方が良いです。

特に着替え衣服は、旅行に持参する荷物の中で一番面積が広くて、一番重たいグッズに該当するため、旅行のパッキングも大変です。

 

季節によっても着替え衣服が異なる

旅行では、いつも決まった季節に出かける場合もありますが、必ずしもそのようなパターンにはならないと思います。というのも、どこか?行きたいな~と思った時にレッツゴーする場合もあるからです。

夏季シーズンであれば着替え衣服は夏物衣料となるので少なくて済みますが、冬季シーズンの場合では防寒着や冬物衣料を着替え衣服として持参するため、余計に荷物が増えるのと同時に重たくなります。

 

スポンサーリンク

旅行の荷物を軽量化する場合は着替え衣服の軽量化が必須

ここでは、旅行荷物の合計重量を軽量化する場合は、聖域である着替え衣服をどうにか?する必要があるについての内容になります。

旅行の着替え衣服は面積が広くて重たい

旅行に持参する持ち物の中で一番面積が広くて、一番重たい物に該当するのが着替え衣服になります。1泊程度であれば、全然大した事がないですが、宿泊日数が増えるに連れて、どんどこ面積も大きくなっていきます。

これを収納するには容量の大きいスーツケースが必要になるため、持ち運びするのは大変といった感じになるのが実情になります。この程度ならば良いのですが、さらに悪循環は進みます。

というのも、旅行に持参するバッグ(スーツケース)の大きさが大きくなると、余計に何か入れてしまう可能性があるので良い選択とは言えません。

特に便利グッズの類は、実際の旅行であまり使わないのにも関わらず、持参すると便利かも知れないから、とりあえず持っていくといったパターンになります。

 

旅行荷物の軽量化は着替え衣服が鍵

旅行の持ち物は、色々なグッズを持参するので、どんどん増えてしまいがちになります。何せ、「持参すると便利に感じる」や「必要に感じる」グッズが多いですから仕方ありません。

これらのグッズをポンポン詰め込んでしまうと、想定していた重量よりも想定オーバーになるのが必須です。そこで軽量化が必要になる訳です。

軽量化といっても、準備した持ち物はどれも必要だから用意したので、少なくするのは逆に難しいと感じます。便利グッズを減らしても微々たる軽量に過ぎないので、聖域に切り込む必要があります。

持って行く着替え衣服の重量を減量化する必要があるため、どうやったら減量化できるのか?を考えないといけません。

 

手っ取り早く減量化する方法

とにかく全体荷物を軽量化する場合は、2つの方法があります。

1つは、洗濯グッズを持参して旅行中でも毎日洗濯する方法となります。もう1つは、スーツケースを見直す方法になります。可能ならば両方を実践した方が良いのではないか?と個人的に考えます。

そうしないと相乗効果が期待できないからです。

 

旅行の着替え衣服の軽量化は洗濯で解決できる

ここでは、旅行に持参する着替え衣服を軽量化する場合は旅行中でも洗濯する事によって軽量化を実現できるについての紹介になります。

旅行では洗濯グッズ持参して洗濯を

宿泊を伴う旅行の荷物を軽量化したいのであれば、旅行中に毎日のように洗濯するのが最適です。毎日洗濯できるのであれば、宿泊日数分の着替え衣服を持参しなくて済むからです。

仮に1泊分の着替え衣服を持参する場合でも、出発時に着て行く服装も含めると2泊分の着替え衣服になりますから、十分に回転できるのではないか?と個人的に考えます。

さらにはポケッタブルパーカーなども持参している場合が多いですから、アレンジすると、毎日同じ服装で旅行を楽しむといった感じにはならないのではないか?

旅行では持ち物の総合力で楽しむのも1つの楽しみ方ですから、色々な方法が有っても良いと思います。

 

実際に持参している洗濯グッズ

① 折りたたみハンガー
② トラベルピンチハンガー
③ 洗濯洗剤
④ 洗濯ひも
⑤ 洗濯ピンチ

 

旅行から帰宅後にもメリットあり

旅行に宿泊日数分の着替え衣服を持参する場合では、旅行から帰宅後に沢山の着替え衣服を洗濯するイベントがやってきます。

流石にこれは大変ですから、旅先で洗濯する事によって、このイベントを回避できるメリットがあります。検討してみる価値は十分にあるのではないか?と考えます。

 

国内・海外旅行では洗濯グッズ持参して身軽な旅行を

ここでは、宿泊と伴う旅行に洗濯グッズを持参して身軽な持ち物で旅行を楽しむのも1つの方法についての紹介になります。

旅行中に洗濯するメリット

旅行に洗濯するメリットとしては、宿泊日数分の着替え衣服を持参しなくても済むのが最大のメリットに該当します。

というのも、宿泊を伴う旅行では宿泊日数分の着替え衣服が必要になるため、荷物の軽量化をしたくても着替え衣服は聖域になりやすいという特性があるので、なかなか難しいです。

でも、旅行中に洗濯する事ができれば、最低限必要な着替え衣服だけを持参すれば良いため、大幅な軽量化を実現できるようになります。さらにこの効果を最大限活かすのであれば、出発時に着て行く服装も活用するのが賢明の選択になります。

出発時の衣服も含めると1泊分の着替え衣服に該当するので、3泊4日の旅行であれば、2泊3日分だけで良い計算になります。

 

旅行中に洗濯するデメリット

メリットが有ると言うことは同時にデメリットもあるという裏返しになります。

毎日の生活で洗濯を行っているのにも関わらず、どうして旅行中も洗濯しないといけないのか?という気分になる場合があります。

このように感じる場合では確実にデメリットしかないのでストレスが余計に溜まってしまいます。旅行ではストレス発散も兼ねている訳ですから、この選択は良くないです。

そのため、あくまでも旅行中に洗濯しても何ら問題ないよ!と考えている場合に限定した方が良いです。

 

身軽な旅行を実現するにはバッグも見直し

旅行の荷物を軽量化する場合では、着替え衣服の軽量化で確実に解決できますが、これだけではまだ不十分に感じます。

その理由としては、旅行に持参する持ち物の中で面積が大きくて重たい荷物がもう1つ有るからです。着替え衣服に切り込んだのですから、もう1つの持ち物にも切り込む必要があります。

着替え衣服を収納するバッグ(スーツケース)の見直しを行った方が良いです。何故か?というと、スーツケースからバッグパックに変更するだけで大幅に軽量化できるからです。

検討してみる事をオススメ致します。