国内・海外旅行で3泊以上の着替え衣服は2泊3日分と洗濯グッズ持参で対応できる

旅行
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

国内や海外旅行で3泊以上する場合では着替え衣服が必需品になりますが、純粋に3泊以上の着替え衣服を持参しているのでしょうか?

というのも、旅行者によっても1泊あたりの着替え衣服の量はマチマチですから、宿泊日数分の着替え衣服を持参する場合では相当な量になる場合があるからです。

それこそ力技ではないですが、スーツケースなどのキャリーバッグのサイズを大きくする必要があります。これならば解決できますが、その代わりにサイズを大きくすると持ち運びも大変になってしまう裏返しが待ち受けています。

スーツケースであればキャスターが付いているので移動も楽ですが、だからといって必要以上に大きいサイズの荷物を持ち歩くというのもどうかな?と感じます。

特に旅行では、旅先で買う特産品などのお土産も購入する機会に恵まれるので、なるべく身軽な旅行を心がけた方が良いと思います。

今回の記事は『国内・海外旅行で3泊以上の着替え衣服は2泊3日分と洗濯グッズ持参で対応できる』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

旅行に持参する荷物について

ここでは、旅行に持参する持ち物についての内容になります。日帰り旅では着替え衣服は不用ですが、宿泊を伴う場合では着替え衣服が必需品となります。

旅行の持ち物

① 必需品
旅行の必需品と言えば、「お金」や「パスポート」が該当しますが、生活の必需品であるスマホも旅行では必需品に該当すると思います。これ以外にも宿泊を伴う旅行の場合では着替え衣服も必要です。

 

② 便利グッズ
旅行には持参すると便利に使えるグッズを持って行く場合がありますが、これらのグッズは旅行者によっても様々なのであらゆるグッズが該当すると思います。その中から自分にとって最適に感じる物を厳選して持参となります。

 

③ 持ち物
基本的には必需品と便利グッズを加えた持ち物が旅行荷物となりますが、このように思うのは時期尚早になります。というのも、旅先で購入する機会に恵まれる特産品などのお土産も想定しておいた方が良いからです。

 

旅行の着替え衣服

宿泊する場合では着替え衣服も必要になりますが、着替え衣服といっても皆さん共通して同じではないです。

メンズやレディースによっても持ち物が異なりますし、旅先で地味な服装なのか?それともオシャレな服装にするのか?でも変わってきます。

旅行に持参する着替えと言っても、皆さん同じではないですから、どのぐらいの量を持って行くのか?もバラバラなのが実情になります。

3泊だから3泊分の着替えを持参すれば良いという考えでもないのが実情になります。

特にこのように感じるのは友人や知り合いとの旅行が該当します。一緒に出かけると、ある人はとても小さなバッグだけなのに、自分は大きなバッグだった!という事はよくある事です。

この場合だと、旅先への移動だったとしても確実に友人よりも身軽に移動できないという裏返しになりますから、ちょっと考えもんかも知れません。

バッグのサイズが小さいという事は、着替え衣服もそれなりに少ないという事ですから、次回までに見直した方が良いかも知れません。

 

スポンサーリンク

宿泊日数分の着替え衣服を旅行に持参する場合のデメリット

ここでは、宿泊を伴う旅行で着替え衣服を持参する場合に宿泊日数分の着替え衣服を持参するメリット・デメリットについての内容になります。

宿泊日数分の着替え衣服 持参の場合

旅行に宿泊日数分の着替えを持参するメリットって何だろうか?と思います。ハッキリ言って、デメリットにしか感じないのは気のせいでしょうか?

その理由としては、1泊程度であれば荷物も少なくて済むので着替え衣服を持参しても大した荷物にならないので問題ありませんが、3泊以上になると話は別になります。

3泊分の衣類って意外と面積が大きくて、さらに重たいと感じます。

 

着替え衣服持参のデメリット

それならば宿泊日数分の着替え衣服を持参するデメリットは何があるのか?と言えば、ズバリ!重さではないでしょうか?

ハッキリ言って、着替え衣服は纏めれば、旅行の荷物の中で一番重たい持ち物に該当するため、とてつもなく重たくて面積が広いです。圧縮させれば面積は狭くなりますが、重さは大して変わりません。

それに意外と気が付いていないのは、パッキングする場合に小分けすると思いますが、この小分けする場合にもパッキングポーチに収納している場合もあるため、このポーチの重量は計算に入っていない場合も多いと思います。

 

宿泊日数分を収納できるバッグ

宿泊日数分の着替え衣服を持参する場合では、この衣類を収納するバッグが必要になりますが、たぶんスーツケースなどのキャリーバッグを選択すると思います。

キャスターが付いているので転がして移動できるのでリュックのように背負う必要がないので便利です。ここで重要になるのが容量になります。

着替え衣服も含めて旅行の荷物を収納できる容量のスーツケースを用意すれば基本的には問題ありません。

でも、旅先でお土産を購入する場合では、このサイズでは収納できない可能性もあるため、一回り大きなサイズに変更するか? 又は、お土産用の折りたたみバッグを持参するか?の選択となります。

 

国内・海外旅行で3泊以上の着替え衣服は宿泊日数分を持参?

ここでは、3泊以上の国内・海外旅行に持参する着替え衣服についての内容になります。

旅行に持参する衣服にも種類あり

旅行に持参する着替え衣服といっても色々な種類があります。

「下着、シャツ、替えズボン、靴下」だけではなく、季節によっては季節物の衣料も含まれると思います。

飛行機を利用する旅行では機内防寒で羽織るジャケットなどの衣類も必要になる場合があります。

フルサービスキャリアを利用するのであれば、毛布を借りる事ができますが、LCCの場合は有料ですから羽織る物が必要になります。

 

旅行にパジャマは持参するのかな?

日本国内の旅行では旅館に宿泊する場合では浴衣があるので何も問題ありませんが、海外のホテルなどに宿泊する場合では浴衣が用意されていないため、別途パジャマを持参する必要があります。

でも、パジャマの場合では、1つの寝る専用でしか利用価値がないため、他の用途では利用できないですから、余計に荷物が増える感があります。

この場合では他の用途で利用できる衣類の方が良いのではないか?と個人的に考えます。

というのも、パジャマの有無次第で軽量化に繋がりますから、荷物の軽量化を行う場合では要検討要素になるのでは?と思います。

 

ジャケット衣類

旅行ではウィンドブレーカーなどの簡易カッパとしても利用できるジャケット衣類も持参する場合があります。

別になくても良さそうに感じますが、こればっかりは「考え方」に左右されるため、一概には何とも言えません。

それに天候という要素は絶対ではないですから、何かしらの対策というのは必要に感じます。どの季節にどこに行くのか?によってもジャケット衣類の用途も変わってきます。

なぜか?と言うと、夏の季節に台湾も含めて東南アジアに行く場合では強冷房なので、とても寒く感じるからです。

 

旅行の着替え衣服は2泊3日分と洗濯グッズ持参で対応できる

ここでは、旅行に持参する着替え衣服は、宿泊日数分を持参しなくても大丈夫についての紹介になります。

3泊以上の旅行では2泊3日分の着替えで対応できる

3泊以上の旅行では中長期に該当しますが、この場合では宿泊日数分の着替え衣服を持参すると、とんでもないぐらいの着替え衣服になってしまう可能性があります。

これではスーツケースに収納できない可能性も否定できないため、一回り大きなサイズをチョイスする必要に迫られます。でも、スーツケースの場合では、ほぼ旅行でしか利用しないため、買っても生活用途で活用できません。

それならばどうすれば良いのか?と言うと、旅行でも毎日のように洗濯すれば、この問題は基本的には解決できます。流石に毎日洗濯という訳にもいきませんから、自分にとって都合の良いタイミングで行うのが良いです。

もし、2日に一度の間隔で洗濯した場合では、2泊3日分の衣服を持参すれば上手く回転できると思います。

 

出発時の服装を含めると3日分の着替え衣服

旅行中に洗濯する場合では、出発時の服装も対策が必要になります。確実に出発時に着ていく服装はたぶん、汚れる確率が高いですから洗濯が必須になると思います。

この出発時の服装も含めると3泊分の着替え衣服になるため、理論上では3泊以上の旅行に十分に対応できると思います。確実に1回は洗濯できればどうにか?なる計算になります。

この事も含めて出発時の服装は選択した方が良いと個人的に考えます。

 

旅行でも洗濯した方が良い理由

旅行で洗濯する場合では、洗濯グッズも必需品になりますが、1泊分の着替え衣服よりも圧倒的にコンパクトでかつ軽量ですから、全体の荷物の軽量化にも役立ちます。

着替え衣服が少なくなれば、全体荷物の軽量化に直接的に結びつきますから、身軽な旅行にも繋がります。

また、それだけでなく、旅行から帰ってきた場合の洗濯イベントを回避できるメリットがあるので、十分に魅力的に感じます。旅行の帰りも汚れた衣服を持ち帰らずに済む事になりますから最適に感じるのは気のせいでしょうか?