旅行では着回しできる衣服やリバーシブルで着れる服装の持参や着用を

バッグの中身・持ち物
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

宿泊を伴う旅行では着替え衣服も必要になりますが、この場合ではどのような物を持って行きますか?というのも、着替え衣服といっても色々な種類がありますし、メンズやレディースによっても異なります。

さらには年齢や考え方も異なりますから、色々なパターンがあると思います。最終的には自分がどのように考えているのか?で決まって来るため、自分の考えを尊重する事になります。

でも、あえて言えば、宿泊日数分の着替え衣服を持参すると、全体荷物の軽量化が難しいですから身軽な旅行には繋がらないのではないか?と個人的に考えます。

着回しできる衣服なども持参するのも1つの方法なのではないか?と感じます。

今回の記事は『旅行では着回しできる衣服やリバーシブルで着れる服装の持参や着用を』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

旅行に持参する着替え衣服について

宿泊を伴う旅行には着替え衣服が必需品になりますが、どのようにパッキングしているのでしょうか?

着替え衣服について

宿泊する旅行では着替え衣服が必要になりますが、この場合ではどのようにパッキングしますか?ただ単に何も考えなく詰め込んでいくのも1つの方法になります。

着替え衣服といっても、「下着衣類、シャツ、ズボン、スカート、靴下」だけでなく、季節によっては中間着などの衣類やジャケット衣類も必要になると思います。

これらも含めると、相当な荷物の量になってしまう訳ですが、どのようにパッキングするのか?によってもその後の展開が変わってきます。

 

パッキングポーチで小分けする?

旅行の着替え衣服をスーツケースに収納する場合でも、綺麗に折りたたんでそのまま収納するという訳ではないです。何故か?と言うと、そのままポンポン詰め込んだ場合では目的地に到着した頃がグチャグチャになっている可能性大です。

そのため、このような展開にならないように旅行の荷物は複数に小分けしてパッキングするのである。このような場合にパッキングポーチが役立つのですが、サイズや重量、素材等もバラバラなので選び方も注意が必要です。

というのも、しっかりしているタイプだと本体重量もっその分重たくなるため、1つ1つの重さも気に掛けた方が良いです。衣類収納ポーチの重さはあまり気にしない場合が多いので、ここを見直す事で軽量化に繋がる可能性があります。

 

着替え衣服のパッキングは風呂敷も検討を

旅行の着替えをスーツケースなどのキャリーバッグにパッキングする場合では、衣類収納ポーチなどのパッキングポーチを利用する場合が多いですが、風呂敷も魅力的に感じます。

というのも、風呂敷の場合では広げると、とてもサイズが大きくなりますし、それでいて重量はとても軽量ですから、旅行に着替え衣服を持参する場合に利用した方が荷物の軽量化に貢献します。

さらに、収納する場合では、決まったサイズではないので自由自在にパッキングしやすいのも特徴の1つに該当します。

 

スポンサーリンク

旅行には着回しできる衣服を着替えとして持参を

ここでは、旅行に持参する着替え衣服は着回しできる衣服を持参した方が身軽な旅行に繋がるについての内容になります。

宿泊日数分の着替え衣服

旅行では、宿泊日数分の着替えを持参する場合が多いですが、この場合だと、旅行者によっては、1泊旅だったとしても、相当な着替えになってしまう場合があります。

1泊ならば、そんなに荷物にならないので問題ないのですが、これが3泊となると話は別になります。

宿泊日数分の着替えを持参する場合では、何が何でも持参しないといけない状態になるため、スーツケースに入り切らないと1つ上の容量のサイズを収納するという考えになってしまいます。

これでは残念ながら、旅行の用途でしか利用しないスーツケースが増えてしまう事になるため、最適な選択とは言えません。現在持っているスーツケースに収納できるように努力する事も求められます。

でも、現状ではどうやっても入らないのが実情ですから、他の方法を試す必要があります。

 

着回しできる衣服の持参

旅行に持参する着替え衣服の量が多過ぎて、旅行の荷物の全体重量が想定よりもオーバーしているパターンが実際にありますが、この場合では、真っ先に着替え衣服の軽量化を行った方が良いです。

その理由としては、着替え衣服が一番面積が広くて、一番重たい荷物に該当するからです。ここを見直さないで便利グッズを減らして対応する場合も多いですが、これでは根本的な解決には至りません。

特に着替えは聖域になりやすいので要注意です。ここは絶対に譲れないといった感じで聖域化してしまうと、軽量化できる部分が圧倒的に限られてしまいます。

それならば、どのようにすれば良いのか?と言うと、着回しできる衣服を着替えに含めるのが良いのではないか?というのが個人的な見解になります。着回す事ができれば、幅も広がりますし、色々なアレンジも可能になるため、十分に検討の余地があると思います。

 

他にも方法あり

選択グッズを持参して旅行中でも洗濯するという方法もありますが、この場合は一長一短になります。というのも、せっかくの旅行なのに、どうして洗濯しないといけないのか?という気分になるからです。

旅行ではストレス発散も兼ねているので、洗濯する事によって逆にストレスが溜まってしまう可能性も否定できません。

 

旅行にはリバーシブルで着れる衣服も魅力的に感じる

ここでは、旅行に持参する着替え衣服にリバーシブルで着れる衣服も含めた方が良いについての内容になります。

着回しできる衣服を持参するデメリット

着回しできる衣服を持参する場合ではメリットしかないと感じてしまいますが、メリットが有るという事は逆にデメリットもあるものです。

例えば、夏場のシーズンが該当します、蒸し暑い夏場の季節の場合では汗も多く出ますから、着回しは残念ながら難しいと思います。

着回しできるとすれば飛行機の機内防寒で利用するジャケット衣類ぐらいなのではないか?というのが個人的な見解になります。

この方法は旅行に出かけるシーズン次第といった感じになります。

 

リバーシブルの着れる衣服を持参する方法もある

基本的にはリバーシブルの衣服も着回しできる衣服と条件は同じになりますが、1つあれば2種類のカラーや柄になるため、これはこれで魅力的に感じます。

シャツであれば、洗濯できますから、洗濯して違う柄で使えますし、ジャケット衣類であれば着回しに対応できるため、どっちの要素でも便利に使えるのではないか?と感じます。

着回しできる衣服としてリバーシブルな服装も持参する 又は 着て行くという方法も十分に検討する価値があると思います。

とはいえ、旅行の目的だけに購入するという選択もあまり好ましいとは言えないため、その辺の事も考えた方が良いです。

 

旅行に着て行く服装も着替え衣服として活用できる

ここでは、出発時に旅行に着て行く服装も洗濯すれば着替え衣服として活用できるについての内容になります。

旅行に着て行く服装も活用を

旅行に出かける場合の服装は、色々とアレコレ悩んだり考えたりするものですが、この出発時の衣服を活用する事によって、旅行に持参する着替え衣服を軽量化できる可能性がります。

とはいえ、実際に活用できるのか?は「考え方」1つで決まるため、活用できない場合もあります。その考え方とは何なのか?と言えば、「洗濯」が該当します。

もし、旅行中に洗濯しても自分的には何ら問題ないよ!という考え方の場合では、有効に感じる方法になります。それに対して、洗濯なんて冗談じゃない!と考えている場合は逆効果になるため、活用できません。

先ずは、自分はどっちの場合に該当するのか?をよく考えるのが最適です。

 

出発時に着て行く服装は1泊分の着替え衣服

前提条件として、旅行でも洗濯しても良いと考えている場合では、間違いなく出発時の服装を1泊分として活用できる可能性が非常に高くなります。

とはいえ、実際に洗濯できるのは「下着衣類」と「靴下」、「シャツ」ぐらいだと思います。これだけでも洗濯できれば、荷物の軽量化には役立つと思います。

但し、シャツの場合ではアイロン掛けをしなくても良い物が求められます。シワになっても問題ないタイプが望ましいため、そういうシャツを旅行に持参できるのか?という部分が鍵となります。

ジャケット衣類を羽織るのであれば、見えないですから、問題ないのですが、季節によってはそうもいかないですから、一長一短もあります。

 

洗濯グッズは必需品

旅行で洗濯する場合に必要になるのが洗濯グッズですが、具体的には何を持って行けば良いのか?も気になるところです。

一般的には、「洗濯洗剤、洗濯ひも、洗濯ピンチ、折りたたみハンガー」などが該当しますが、必ずしもこのようなグッズになるとは限りません。

その理由としては、旅行用の洗濯セットが販売されているのですが、このアイテムを購入してみると袋も入っているからです。その袋の中に汚れ物を入れて洗濯するのである。