海外旅行から帰国したら空港リムジンバスを利用して主要駅まで移動を

旅の知識・悩み

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『海外旅行から帰国したら自宅までどのように帰りますか? 空港リムジンバスを利用して主要駅まで移動して乗り換えるのも良いと思う』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

海外旅行から帰国した場合は疲れている

海外旅行から帰って来ると一気に疲れも出てしまいます。空港に到着した時にはクタクタといった状態になっている場合も多いものです。そのような状態でも自宅に帰らないといけないので余計に大変になります。

 

旅行先から空港に帰国すると疲れがドッと出る

楽しい海外旅行を満喫している場合は自分が楽しい気分になっているので疲れていても、あまり気にならない場合が多いです。

せっかく旅行に来ているのだから、満足するまで楽しむといった感じになるため、疲れも体内に蓄積される事になります。

この状態で帰国する訳ですから、当然のように空港に到着した頃の状態は、一気に疲れが噴出してしまっている状態なのではないでしょうか?

足の脹脛もパンパンになっていたり、身体のアチコチも疲れてしまっている感じになります。

 

仮眠して帰るのか?

自宅が空港から近くであれば、仮眠しないで、そのまま帰っても問題ありませんが、遠い場合では少し仮眠して帰る場合もあります。

特にマイカーを運転して帰宅する場合では運転中にウトウト眠くなってしまう可能性が非常に高くなるため、しっかりと休息を行なってから帰宅しないといけません。

また、LCCを利用して帰国した場合では深夜の時間帯に空港に到着すると思います。この場合では鉄道やバスが既に営業終了になっている場合が多いですから、空港内で朝まで仮眠する事になります。

 

海外旅行で疲れていても自宅に帰らないといけない

海外旅行から帰国して空港に到着しても中継点なので自宅に帰る必要があります。家族に送迎して貰える人でない限り、疲れた状態で帰宅の途に着かないといけません。

 

鉄道で帰る

鉄道を利用して帰る場合が多いですが、鉄道の場合では必ず座れるとは限らないが残念な感じである。

必ず座って帰れるのであれば疲れていてもホッとできるのですが、途中で寝てしまうと寝過ごしてしまう可能性も高まってしまいます。

逆に立って帰る場合では疲れも相まってウトウトな気分になってしまいますし、立って寝るという離れ業は出来ないですから、座りたいな~という希望が大きくなってしまうのが実情になります。

 

空港リムジンバスで帰る

空港リムジンバスを利用して帰る場合では自宅から近い主要駅まで確実に座って(寝て)帰る事ができるので便利に感じます。

でも、運賃を考慮すると鉄道を利用した方が安上がりになる場合も多いですから、利用していない人も多いのではないでしょうか?

 

マイカーで帰る

空港までマイカーで来ている場合では、運転して帰る事になります。当然、疲れ切っている状態で運転しないといけないため、この場合では空港で仮眠を取ってから帰宅の途に着いた方が賢明の選択になります。

また、家族に送迎して貰う場合では寝て帰る事が出来るのでハッピーな気分になります。

 

スポンサーリンク

 

空港リムジンバスを利用して帰るのも有り

空港から自宅に帰る手段として空港リムジンバスを利用するのも1つの方法になります。特に海外旅行から帰国すると疲れている場合が多いため、そのような場合でも確実に座って自宅近くの主要駅まで移動できるのは魅力的になります。

 

空港リムジンバスを利用するメリット

① 疲れていても確実に座れる
一番の魅力は何といっても確実に座れる&荷物も一緒に自宅近くの主要駅まで移動する事が出来る点に尽きます。

これならば、バスの車内で仮眠も可能になりますから、主要駅に到着した場合は眠気も多少は取れているといった感じのため、疲れも少し取れていると思います。

 

② 交通系ICカードで払う事も出来る
基本的にはバスのチケットセンターで切符を購入する事になりますが、事前にチケットセンターに申し出る事で交通系ICカードを利用して運賃を払う事も出来ます。

 

③ トランクルームに入れてくれる
空港リムジンバスに乗車する場合は係員がスーツケースなどの荷物をバスのトランクルーム内に入れてくれるため、自分はバスに乗車すれば良いのが助かります。

 

帰宅の途では、空港リムジンバスの検討を

唯一のデメリットがあるとすれば、利用料金(運賃)になるのではないか?と考えます。鉄道を利用して自宅近くの最寄駅に移動する場合の方が安くなる場合が多いです。

空港リムジンバスを利用すると、近くの主要駅から乗り換えが発生する事になるため、運賃が余計に掛かってしまいます。

とはいえ、確実に座って近くの主要駅まで移動できるという点を考慮するならば多少高い運賃でも仕方ないのではないか?と考えます。

鉄道の場合では確かに安いかも知れませんが、確実に座って帰れる保証がありませんから、この事を考慮すると選択肢の1つに入れても良いのではないでしょうか?

 

LCCを利用して羽田空港から海外旅行では空港内で仮眠や野宿も必要
皆さん こんにちは! 今回の記事は『LCCを利用して羽田空港から海外旅行では空港内で仮眠や野宿も必要』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 羽田空港からLCC...

コメント