空港で預け荷物の受け取る手間を回避する場合は荷物は機内持ち込み

旅の知識・悩み

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『到着後の空港で預け荷物の受け取る手間を回避したい場合は全ての荷物を機内に持ち込むのが最適』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

飛行機を利用する場合では荷物を預ける場合が多い

国内各地や海外といった旅行ではスーツケースなどのキャリーバッグを利用する場合が多いです。このようなバッグを利用する場合では、航空会社のチェックインカウンターで荷物を預ける事になります。

 

手荷物を預けた方が楽である

全ての荷物を機内に持ち込む場合では頭上の収納BOXに重たい荷物を収納する必要があります。重たい荷物を自分で載せるのは非常に大変です。

そのような大変な思いをしてまで機内に持ち込まなくても、航空会社のチェックインカウンターで荷物を預けてしまえば機内への搭乗時もスムーズですし、空港内で過ごす場合でも余計な荷物がなくて便利です。

それこそ機内に持ち込む身の回り品を収納するショルダーバッグ等の小さめなバッグだけを持ち歩けば良いでしょう。

 

手荷物を預けると受け取る手間が発生

航空会社のカウンターでチェックインを行なった時に荷物も預ける事になりますが、この預けた荷物は到着後の空港で受け取る事になります。

ターンテーブルから流れて来るのですが、いつになっても自分の荷物が流れて来ないといった感じで、受け取るまでに時間を要します。

プライオリティータグがあれば、直ぐに荷物を受け取れますが、そのようなタグが無い場合では、ひたすら待つしか方法がありません。

まだかな?まだかな?といった感じになってしまいます。

 

到着後の空港でスムーズに迎賓ロビーに出る場合

航空会社のチェックインカウンターで荷物を預けた場合では到着後の空港で預け荷物を受け取る必要がありますが、たいていの場合は、ひたすら待ちぼうけになってしまう場合が多いです。

 

プライオリティータグは魅力的

預け荷物にプライオリティータグが付いていると、到着後の空港で荷物を受け取る手間が掛かりません。

このタグが付いている荷物から流れて来るので、ひたすら待ちぼうけといった感じにはならず、そんなに待たなくても直ぐに自分の荷物を受け取る事ができます。

でも、このようなタグを付けるにはビジネスクラスやファーストクラスを利用する必要があるのでエコノミークラスの利用者は素直にターンテーブルから自分の荷物が流れて来るのを待つしかありません。

ANAJALといったフルサービスキャリアを利用する場合は検討してみるのも良いかも知れません。

 

全ての荷物を機内に持ち込む方法もある

プライオリティータグを付けるのは難しい場合では、全ての荷物を機内に持ち込むという方法もあります。

この場合ではプライオリティータグよりもスムーズに迎賓ロビーに出る事が出来るので最適な方法になると考えます。

とはいえ、全ての荷物を機内に持ち込むには荷物を厳選する必要がありますし、パッキングも大変なので一筋縄にはいきません。

出発時はどうにかなったとしても帰りのパッキングは現地で買うお土産商品も含まれるので、より一層の大変なパッキングになってしまいます。

そこまでしても全然問題ないよ!と考えている人には最適な方法だと思います。

 

スポンサーリンク

 

全ての荷物を機内に持ち込んで受け取る手間を回避

到着後の空港で預け荷物を受け取る場合では、ターンテーブルから流れて来るまでに時間が掛かりますので、それ相応の待ちぼうけといった感じになってしまいます。この待っている時間も意外と長く感じるのではないでしょうか?

 

航空会社の手荷物規定の遵守

スーツケースの場合であれば航空会社が定める手荷物規定を確認した上で、対応できるスーツケースを準備する必要があります。

航空会社の手荷物規定は各社微妙に異なる場合が多いですから、飛行機を利用する場合は要確認する必要があります。

どの航空会社も同じだろう?と思っていると、追加料金が発生する事になるかも知れないので注意した方が良いです。

 

スーツケースの場合

スーツケースを飛行機の機内に持ち込む場合では、ただでさえ本体重量が重たいので、思ったより荷物を収納できない場合が多いです。

スーツケースも含めた荷物の総重量になるため、どちらか?と言うと、バッグパックなどのバッグの方が軽量な場合が多いので向いていると思います。

もし、機内持ち込みを検討しているのであれば、バッグパックも候補の中に入れて見ては如何でしょうか?

 

ロストバゲージ対策にも繋がる

預け荷物にした場合、稀に到着後の空港で、ロストバゲージになる場合もあります。間違って誰かが自分の預け荷物を持って行ってしまう場合や行先や搭乗便タグの発行ミス、積み込みミスといった場合が主に該当します。

どちらの場合でも当日に荷物が受け取れるとは限らないですから、何の為に楽しい旅行に来たのか?といった気分になってしまいます。

しかもロストバゲージの場合では確実に手元に戻って来る保証がないので、もし自分に降り掛かって来たら最悪な展開になります。

でも、全ての荷物を機内に持ち込んでしまえば、このような心配は発生しないので安心します。

 

LCCの機内持ち込み7Kg未満のパッキングはバッグパックの選択を
皆さん こんにちは! 今回の記事は『LCCの機内持ち込み7Kg未満のパッキングはバッグパックの選択を』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 LCCを利用して全ての...

コメント