海外旅行の計画後はパスポートの有効期限とクレジットカードの確認を

旅の知識・悩み

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『海外旅行の計画したら、パスポートの有効期限とクレジットカードの確認を』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

海外旅行を計画した時点で行う事

海外旅行に行きたいな〜と思った場合に行うべき事と言えば何なのでしょうか? 先ずはお金の準備から始まり、旅行に持参する荷物の準備といった感じになるのでは?

 

海外旅行にはお金が掛かる

海外旅行ではお金を多く出費する事になるので、先ずはお金を何処から捻出するのか?を考える事になります。

一人暮らしであれば、考える事もなく、右から左へとお金を移動すれば良いですけど、家庭を持っている場合では流石にそのような芸当は出来ないので考えてしまう場合があります。

最適な方法は、旅行目的の預貯金を作っておき、そこから捻出するのが良さそうに感じます。これならば、旅行で余ったお金は再度、預貯金に充てる事が出来るので有効にお金を使う事が出来ます。

 

荷物の準備は早めに行なった方が良い

海外旅行に持参する荷物の場合では、旅行に出発する日が近くなってから重い腰を上げて準備する場合が多いです。

この場合では、旅行に出発する直前まで荷物の取っ替え引っ替えを行なったりといった感じになるため、大変なパッキングになってしまいます。

さらには、足らない物といった場合が有ると購入してしまう場合も多いので直前に荷造りを行うのは良くないと思います。

というのも、毎回のように旅行を行なっていれば、今は見つからないだけで自宅には持参したい物が有ると思います。それを確認しないで無いから購入といった感じにしてしまうと、自宅には同じような便利グッズが増えてしまう事になります。

これってどうなのでしょうか?

 

海外旅行ではパスポートの有効期限が重要になる

海外旅行に行きたいな!と思った場合に航空券を購入は行なってもパスポートの有効期限の確認までは行なっているのでしょうか? 旅行当日に空港で残存期間が少ないですよ!と指摘される場合があります。

 

有効期限が6ヶ月以上なら問題ない

パスポートの残存有効期間が旅行期間も含めて6ヶ月以上ある場合は特に問題ありません。問題ないからと言って安心するのは、まだ早いです。

確かに有効期限は問題ないですけど、海外旅行では、パスポートのコピーも持参した方が良いので忘れずに持参するようにしましょう。

念には念を入れる事も重要になります。コピーを忘れてしまった場合に限って、パスポートが紛失してしまう場合もあるため、大使館で再発行の手続が大変になってしまう場合もあります。

 

有効期限が6ヶ月以下の場合は要注意

基本的にはパスポートの有効期限が6ヶ月以下であっても問題はないと思うのですが、出入国審査で、いつもよりも時間が掛かる場合があります。

残存有効期間が少ないと出入国できない場合もあるため、海外旅行を計画した時点でまずはパスポートの有効期限をチェックした方が賢明になります。

というのも、計画した時点で確認する事で、もし残存有効期間が足らないという事が判明した場合に十分に余裕を持って対応を行う事が出来るからです。

特にパスポートの切り替え手続の場合だと7〜10日程度の時間を要するため、旅行に出発するまでに確実に間に合います。

 

スポンサーリンク

 

海外旅行ではクレジットカードの有効期限も重要

いつも旅行に持参しているクレジットカードの有効期限は必ず確認した方が良いです。持参したは良いけど、期限が切れていた!といった展開も十分に予想されます。

 

クレジットカードの有効期限の確認

海外旅行を計画した時点ではクレジットカードの有効期限のチェックはあまり気にならない場合が多いです。

というのも、航空券を購入した時点でクレジットカード払い出来ると、このカードは使えるんだな!という認識になってしまう場合が多いからです。

このように思い込んでしまうと、特に気にする事なく、いつものようにカードを持参する事になってしまうため、実際に海外旅行で利用しようとするまで気が付かないという展開になってしまうのです。

このような展開にならない為にも旅行を計画した時点で、ちゃんと確認した方が賢明の選択になります。

 

銀行口座の残高もチェックを

海外旅行で国際ブランド付のデビットカードやプリペイドカードを利用する場合では、銀行口座等に残高が入金されているのか?も確認が必要になります。

デビットカードやプリペイドカードの場合では、予め入金されている金額の範囲内でしか利用する事が出来ないため、海外旅行で利用する場合は注意が必要になります。

特にホテルの宿泊費用をデビットカードで支払う場合では、一時的にデポジットが先に支払われるため、返金されるタイミングが悪いと銀行口座が残高不足になってしまう場合があります。

また、どのホテルでも利用できるとは限らないので、ホテルの宿泊代に関しては、クレジットカードの利用が最適になります。

 

https://asunao.com/entry/management-travel-money-15/post-1166/

コメント