旅行では自然災害等で帰宅困難になる可能性もあるので準備や対策を

旅の知識・悩み

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『旅行では自然災害等で帰宅困難になる可能性もあるので準備や対策を施して旅行に行くのが最良』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

旅行では自然災害等に遭う可能性がある

国内各地や海外といった場所に旅行に出かけると、ごく稀に自然災害に遭ってしまう場合もあります。こういう経験を一度でも旅行で体験すると、準備や対策もしっかり行うのですが流石に体験した事がない場合では気にも留めない場合の方が多いです。

 

台風や積雪シーズン

台風や積雪といったシーズンの旅行では飛行機が欠航になる場合もあります。特に海外旅行の場合では出発時だけでなく帰国時にも影響がでる可能性もあるので注意が必要になります。

とはいえ、そんな都合よく旅行に行く事が出来れば問題ないのですが、このような季節にしか行けない場合もあります。

特に冬のシーズンではスキーやスノボーといった冬にしか味わえない楽しみがあるので、季節限定の楽しみや趣味のある場合では季節関係なく旅行に出かける事になります。

もっともスキーといった趣味がある場合ではそれなりの対策や準備は行なっていると思いますが、冬の旅行の場合ではあまり対策をしないで出かける場合が多いです。

 

自然災害は予測できない

予測できない事に関しては対応するのは困難に近いので滅多に発生しないものとして考えている場合が多くなります。

いざ、大地震等に見舞われると、ライフラインは寸断されてしまう場合が多いですから確実に帰宅困難に陥ってしまいます。

予測できないからこそ、何かしらの対応策は考えておかないと困るのは自分なので右往左往する事になります。逆を言えば、右往左往しかできないといった方が正解かも知れません。

ホテルや旅館に宿泊するのであれば、チェックインを済ませた後に荷物を置いてから、非常出口を自分で確認しておくという事も必要になります。

たいていの場合は旅行中にこのような事は行わない場合の方が圧倒的に多いですから、誰にでも簡単にできる小さな災害対策もちゃんと考えた方が良いと思います。

 

旅行のパッキングは自然災害の備えと対策が必要

実際の旅行で自然災害に見舞われた事のある人は少ないと思います。だからか?分かりませんが実際の旅行では何も対策をしないで出かける場合も多いのが実情になります。

 

基本的には平穏無事という考え

楽しいという部分やストレス発散、趣味といった感じで旅行に出かける場合が多いため、基本的にそのような事にはならないという前提になっている場合が多いです。

常に平穏無事という考えが先行していることもあり、何とかなるさ〜といった感じになってしまっているのが実情です。

 

対策グッズは持参しない

旅行中に自然災害に遭う可能性は低いので準備や対策を行わないで出かける場合が多いです。これはどうしてなのか?というと、ちゃんとした理由があります。

頭の片隅にはそういう事も有るかも知れないという事を認知していたとしても実際の旅行では平穏無事の場合が多いため、別に何も対策なんて必要ないと自己解釈してしまう場合が多いです。

やっぱりこれは経験があるのか?という部分が大きく影響を及ぼしていると推察されます。

それだけではなく、基本的に旅行では身軽さも必要になるため、旅行で使わないグッズは持ち歩きたくありません。

全く使わないのに、どうして持参しなければいけないのか?という部分に直結します。

 

帰宅困難への対策は必要

旅行では何かしらの交通機関を利用して出かけるため、何かの理由で利用できなくなった場合にどうするのか?という最低限の対策は必要になります。

行き当たりばったりで対応するのでは空回りの方が多くなるため、冷静に対処するのが難しくなります。

必要最低限の対策は施して旅行に出発するのが賢明の選択になります。

 

スポンサーリンク

 

旅行に持参する必要最小限の災害対策は何が良いのか?

必要最小限の対策といっても人によって個人差もあるため、具体的にどんな対策をすれば良いのか?悩んでしまいます。スマホのバッテリーぐらいしか思いつきません。

 

必要最小限の対策

スマホは災害時でも情報収集や家族への連絡等で利用する必需品になるため、旅行ではモバイルバッテリーを持参するなどの対策が必要になります。

たいていの場合は旅行に持参する場合が多いため、旅行に持参しても荷物にならない対策グッズの1つになります。

その他の対策としては水分をどのように確保するのか?という部分になります。未開封のペットボトルの飲み物を常に1本は携行して観光を楽しむのが最適になります。

未開封のペットボトルを余計に1本持ち歩くのは重たいですけど、ライフラインが寸断されてしまうと自動販売機も利用できなくなるので、飲みたい時に水分補給ができないといった状況に陥ってしまいます。

 

可能なら、非常食も兼ねる食べ物を持参

チョコレートや一口羊羹などの高カロリー食品は旅行の行動食やもしもの非常食になるため、おやつも兼ねる非常食を持参するのが賢明です。

おやつも兼ねる行動食の場合でも基本的には旅行の最終日まで温存する必要があります。帰りの途につく移動中におやつとして食べるのも良いですし、1日あたりに小分けして食べるのも良いです。

もしくは、栄養バランスを整える目的でバランス栄養食を持参するというのも1つの方法になります。

特に旅行では美味しいグルメを中心にした食事になってしまうため、栄養バランスが崩れてしまう可能性が高いです。

そのため、非常食も兼ねてカロリーメイト等のバランス栄養食を持参するのも検討した方が良いと思います。

 

飛行機を利用する旅行では欠航や乗り遅れといった想定外対策も必要
皆さん こんにちは! 今回の記事は『飛行機を利用する旅行では欠航や乗り遅れといった想定外対策も必要』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 飛行機を利用した場合...

コメント