旅行の荷物をコンパクトにまとめるパッキングのコツは2泊の着替衣服

服装パッキング

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『旅行の荷物をコンパクトにまとめるパッキングのコツは2泊3日分の着替衣服を持参』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

着替え衣服をコンパクトにまとめる方法

宿泊旅行では必ずといって良いほど着替え衣類を持参することになりますが、この衣類だけでも相当な量になっている場合が多いです。自分ではそんなに選んでいなくても実際に準備してみると、こんなにあったのか?といった感じになります。

 

コンパクトにまとめるには衣類収納が鍵になる

衣類圧縮袋を利用する場合も多いですが、100円ショップ等で販売している手押し圧縮袋の場合だと確かにサイズ的にはコンパクトになるのですが、丸めるため厚みが出てしまいます。

また、下着等の衣類であれば圧縮袋を利用すれば良いですけど、シャツ等は流石に圧縮袋に入れることは出来ないため、結局は圧縮袋と衣類収納ポーチの2種類を旅行に持参することになります。

これでは意味がないので、どちらかに一本化するのが賢明です。

 

必要最小限の着替え衣服の持参で対応

必要最小限の着替えといってもどのくらいの量が該当するのか?分かりづらいですが、具体的に例をあげれば宿泊日数分の着替え衣類は旅行に持参しないことになります。

宿泊日数分の着替えを持参する場合だと、沢山の着替えが必要になるため、旅の荷物を減量化させるのも一苦労になります。

特に旅行の荷物の7割は着替え衣服の場合が多いため、これを何とかすることが出来れば大きなサイズのバッグも必要ないということになります。

発想の転換も必要になると思います。

 

宿泊旅行には2泊3日分の着替え衣服で対応

海外旅行などの宿泊を伴う旅行には着替え衣服を持参しますが、この着替え衣服は旅行の荷物の中で一番サイズが広くて重たいです。逆を言えば、この着替え衣類をどうにかして軽量化することが出来れば旅行荷物を大幅に軽くすることが出来るということになります。

 

2泊3日分の着替え衣服で対応できる

国内や海外問わず3泊以上の旅行では宿泊日数分の着替え衣服を持参しないのがコツになります。宿泊日数分の着替えを持って行って良いのは2泊までの旅行になります。

これでは着替えが無くなってしまうのではないか?と思われてしまいますが、旅先で洗濯することによって解決することが出来ます。

宿泊日数分の着替えを持参しても良いのは2泊までなので、3泊以上の旅行の場合は2泊3日分の着替え衣服を持参することになります。

2泊3日分の着替えがあれば、旅行に着て行く分も含めて3泊4日分の着替えになるので背毎日洗濯することによって十分に回転させることが出来ます。

 

洗濯セットの持参が必須

旅行中に洗濯する場合は当然のことながら洗濯セットを持参する必要があります。洗濯セットといっても色々あるので、どのような物を持参すれば良いのでしょうか?

旅行に最低限必要な洗濯セットは、折りたたみハンガー、洗濯ばさみ、洗濯ひも、洗濯洗剤になります。

持って行く数量については必要に応じて各自で決めれば良いと思います。因みに筆者の場合は折りたたみハンガーは2つ、洗濯ばさみは8個持参しています。

 

洗濯したくない人にはお勧め出来ない

せっかくの旅行なのにどうして洗濯をしなければならないのか?と思っている人には不向きなので、このように考えている場合であれば素直に宿泊日数分の着替え衣類を持参した方が良いです。

身軽に必要最小限の荷物で旅行したいと考えている場合ならば旅先で洗濯するのは特に問題ないですけど、可能な限り煩わしいことはしたくないとか、ストレス発散の目的で旅行するという場合では洗濯をすると逆効果になります。

やっぱり旅行ではストレスを発散しつつ、楽しい旅を満喫するのが一番ですから、自分にとって最良な方法を選択することが求められます。

 

スポンサーリンク

 

旅行には着替え衣服以外の衣料も持参する

宿泊を伴う旅行では着替え衣服の他にも衣類を持参している場合が多いです。特にこれは季節によっても異なりますが冬場の寒い時期であれば防寒着が該当します。

 

シーズンごとの季節物衣類

春夏秋冬いつでも旅行に行く場合が多いですから、季節対応も必要になります。冬場であれば防寒着が該当しますが、春と秋といったシーズンも寒い日もあれば暑い日もあるので注意が必要になります。

おそらく一番難しいのは春と秋のシーズンの旅行なのではないか?と考えます。特に難しいのは気温対策になります。

どのような服装ならば大丈夫なのか?という部分で大いに悩みます

 

LCCでの機内防寒用の衣類

ANAやJALといったフルサービスキャリアを利用して海外旅行する場合であれば毛布を無料で借りることが出来ますが、LCCといった場合では毛布は有料になってしまいます。

機内防寒として利用できるポケッタブルパーカーや羽織る物を飛行機の機内に持ち込んだり、着たりする場合もあります。

飛行機の機内は冷房等で涼しくなっている場合もあるため、何か羽織る物を持参した方が賢明です。

 

ウィンドブレーカー等

旅行では、いつも天気の良い晴れという場合とは限りません。急な雨や強風といった日もあれば涼しい日もあります。

このような場合に重宝するのがウィンドブレーカーなどのジャケット衣類です。撥水性が備わっているタイプであれば簡易カッパとしても活用することが出来るため、旅行には少なくとも1つはこのようなジャケットがあると重宝します。

特に夏場の暑い季節に東南アジア等に旅行に行く場合は、建物や乗物といった場所では冷房が強烈に効いていて寒く感じる方が多いのでウィンドブレーカー等のジャケット衣類があると助かります。

 

旅行の荷物をコンパクトにまとめるパッキングのコツは最小限の持ち物
皆さん こんにちは! 今回の記事は『旅行の荷物をコンパクトにまとめるパッキングのコツは最小限の持ち物』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 旅行の荷物のパッキング...

コメント