LCCの機内持ち込み7Kg未満のパッキングは旅行後の荷物見直し

服装パッキング

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『LCCの機内持ち込み7Kg未満のパッキングは旅行後の荷物見直し』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

LCCの機内持ち込み7Kg未満のパッキング

LCCを利用して全ての荷物を機内に持ち込む場合の海外旅行では7.0Kg以内のパッキングが必須になります。全てのLCCが7.0Kg以内という訳ではないため、パッキングは7kg未満が求められます。

 

LCCの機内に持ち込むパッキングは大変

7Kg未満のパッキングといっても現実的には簡単ではありません。特に海外旅行ではスーツケースで旅行する場合が多いです。全ての荷物を機内に持ち込んで旅行する場合は機内持込に対応したスーツケースが必要になります。

機内持込に対応したスーツケースだったとしてもそれなりに重量があるため、その分持参する持ち物が限定されてしまうことになります。

これでも問題ないというのであれば良いですけど、そうでない場合はバッグを変更するといった事も必要になります。

 

旅行の荷物の大半は着替え

旅行に持参する荷物の7割近くは着替え衣類になっている場合が多いです。これに貴重品やスマホ関連グッズと旅行グッズが加わるといった感じになっています。

特に旅行に持参する着替え衣服の場合はインナーやシャツ、中間着、靴下、パジャマといった感じで種類が豊富なので、自分ではそんなに用意していなくても多くなってしまいます。

たとえ2泊3日の着替え衣服だったとしても衣類全体の重量がズドン!といった感じで重たくなってしまっている状態。

これを何とかすることが出来れば、軽量でコンパクトな旅行荷物にすることが出来るということになります。

 

旅行に持参するバッグの見直し

全ての荷物を機内に持ち込んで旅行する場合のバッグは必ずスーツケースでなければいけないという考えを捨てることも重要になります。

LCCの機内に持ち込むことが出来る重量は5.0〜7.0kg以内と限定されているため、各航空会社の手荷物規定を遵守するためには抜本的にメインの旅行バッグを見直す必要があります。

機内持込に対応しているスーツケースではなく、リュックなどのバッグパックを選ぶのが賢明の選択になります。バッグパックの容量は30L以内が丁度良いです。

 

旅行のパッキングは旅行後の荷物見直しが重要

旅行のパッキングというと、大きく分けて2回行うことになります。旅行に出発時に行う場合と帰る時に行う場合の2回。これだけでは足らないのです。

 

旅行から帰ったら荷物の見直しが必要

たいていの場合は旅行から自宅に帰って来たら、旅行の着替え衣類の洗濯やお土産を食べたり、旅行用品を片付けたりすることになります。

ほとんどの場合はこれで終わってしまいます。これでは旅行の荷物をコンパクトにすることは出来ません。荷物の反省会を行う必要があります。

旅行には様々なグッズを持参することになるため、頻繁に使う物もあれば、そんなに大して使わなかったといったグッズもあります。

今回の旅行でそんなに使わなかったグッズは次回の旅行でもあまり使わないと思います。それなのにまた同じように持参してしまう場合もあります。

 

旅行から帰宅後は荷物の反省会を行う

今回の旅行ではあまり使わなかったグッズは何なのか?というのは本人が一番よく分かっているので次回の旅行まで覚えていれば良いのですが、残念ながら次回の旅行まで覚えている人は少ないです。

次回のパッキング時に使わなかった物を除外できるように旅行のノートに記入してパッキング時に活用できるようにしないといけません。

これをやらないと軽量でコンパクトなパッキングが実現することが出来ません。

 

軽量でコンパクトなパッキングはLCCで役立つ

どうして軽量でコンパクトなパッキングは必要なのか?というと、LCCで全ての荷物を機内に持ち込むには少なくとも7Kg未満のパッキングにしないといけません。

これを実現するには旅行の荷物を軽量でコンパクトにするしかないのです。

 

スポンサーリンク

 

旅行のパッキングは最軽量への拘りも重要

各航空会社の手荷物規定は変更になります。現在は7.0Kg以内となっていても、もっと少なく設定される場合もあるのです。これは各航空会社が決めることなので利用客はこの規定を遵守するしか方法はありません。

 

手荷物規定が変更になる場合がある

今までは10Kg以内まで機内に持ち込むことが出来たLCCもありましたが、現在では7.0Kg以内に変更になってしまいました。

今まで10Kgに合わせていた人は7.0Kg以内に合わせる必要を迫られました。このようにある日突然ではないですが、手荷物規定が変更になる場合があります。

いつもと同じ重量に合わせていれば問題ないという感じだと手荷物規定が変更になった場合に対応することが出来ません。

 

毎回のパッキングは最軽量を目指すのが最適

7.0Kg以内ではなくなった場合に対応できるように毎回の旅行のパッキングは常に前回よりも軽量になるように心掛けることが重要になります。

前回よりも軽くなるように心掛けていれば最軽量を追い求めることになるためコンパクトなパッキングになり、身軽な旅行を実現することが出来ます。

旅行では身軽さも必要になるため、街歩き用の荷物だったとしても軽量でコンパクトになるようにした方が良いです。

 

旅行の荷物をコンパクトにまとめるコツはミニマリストなパッキング
皆さん こんにちは! 今回の記事は『旅行の荷物をコンパクトにまとめるコツはミニマリストなパッキング』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 旅行の荷物はアレコレ増え...

コメント