LCCの機内持ち込み7Kg未満のパッキングは荷物最軽量への挑戦

服装パッキング

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『LCCの機内持ち込み7Kg未満のパッキングは荷物最軽量への挑戦』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

LCCで全ての荷物を機内に持ち込む旅行

LCCで旅行する場合、全ての荷物を機内に持ち込む場合もあります。この場合の利点は到着後の空港で預け荷物を受け取る手間が発生しないので時間を効率よく使うことが出来ます。

 

全てに荷物を機内に持ち込むメリット

① 預け荷物の受け取る手間
出発時に航空会社のカウンターで荷物を預けると、到着後の空港で預け荷物を受け取ることになります。この場合に直ぐに荷物が流れてくれば何も問題ありませんが、なかなか流れて来ないものです。

ひたすら待ち続ける感じになってしまうので、この待ち時間が勿体ないです。先にトイレを済ませた場合でも、まだ流れて来ない場合の方が多いので、その後の予定にも影響が出てしまいます。

 

② ロストバゲージ
日本の航空会社を利用していれば、ほとんど無いとは思いますが、それでも何らかの原因で預けた荷物が紛失してしまう場合もあります。

全ての荷物を機内に持ち込むことで、このようなリスクを心配する必要がなくなります。

 

全ての荷物を機内に持ち込むデメリット

常に重たい荷物を持ち歩いて空港を移動することになるため、疲れも溜まってしまいます。また、飛行機の機内では重たい荷物を頭上の収納BOXに入れる手間が発生するので意外と重労働だったりします。

 

全ての荷物を7Kg未満のパッキングは最軽量への挑戦

LCCを利用して海外旅行する場合は航空会社によっても異なりますが7.0Kg以内の手荷物に制限される場合が多いです。しかも、ずっと7.0Kg以内なのか?というとそうでもなく、手荷物規定が変更する場合もあります。

プラスαに変更になる分には歓迎ですけど、マイナスαに変更されると困ってしまうため、毎回の旅行では最軽量になるように挑戦し続けることが重要になります。

 

全ての荷物を7Kg未満にする

全ての荷物を7Kg未満にするには着替え衣類とバッグの見直しが必須事項になります。この2つを見直すことで7Kg未満に抑えることは十分に可能です。

というのも、旅行の荷物の大半を占めるには着替え衣類になるので、必然的にこれをどうにかして減らすことが出来れば旅行全体重量を減量化させることが出来ます。

また、着替え衣類を持ち運ぶ旅行バッグの本体重量が1.5Kg以上ある場合はバッグの見直しは必須になります。

7Kg未満に抑えるにはメインのバッグとサブバッグの重量が2Kgを超えてしまうと現地で購入するお土産に影響を及ぼすことになります。

人によっても異なりますがお土産を購入する場合は1Kg以上になる場合も多いのでは?と考えます。

 

着替え衣類の見直し必須

仮に旅行期間が4泊5日の場合だと4泊分の着替え衣類を持参することになります。着替え衣類は季節によっても異なりますが、1泊あたり基本的にインナー、シャツ、(ズボン)、靴下が必須になります。

これに加えて、海外旅行の場合はパジャマが必要になります。パジャマは持参じないで着替え衣類で代用する場合もありますが、快眠できないという場合はパジャマも持参すると思います。

これらの着替え衣類は軽量なイメージになりますが纏まる意外と重量が重たくなってしまいます。宿泊日数が増えれば増えるほど旅行全体荷物の重量も増えてしまいます。

そのため、宿泊日数分の衣類を持参しなくても良い対策が求められます。つまり、旅行中に洗濯をするということになります。

因みに、旅行に来てまで洗濯なんて冗談じゃない!と考えている場合は7Kg未満のパッキングは諦めた方が良いです。

 

旅行バッグの見直し必須

宿泊日数分の着替え衣類を見直せば大幅な減量化が期待できますが、これだけでは不十分になります。人によっても着替え衣類の量が異なるため、必ずしも大幅に減量化が行えるという訳ではありません。

着替え衣類を収納する旅行バッグの重量が1.5Kg以上ある場合は観光用サブバッグも含めて1.5Kg以内になるように見直しが必要になります。

海外旅行というとキャリーバッグが多いですが、キャリーバッグの場合は軽量なタイプでさえ1.5Kg以上ある場合が多いので、よっぽど荷物が少ないという場合を除いてリュックの方が良いのではないか?と考えます。

 

スポンサーリンク

 

毎回の旅行ではパッキングの最軽量への挑戦は必要

特に飛行機を利用して海外旅行に行く場合は航空会社を利用することになるため、各航空会社の手荷物規定を遵守することになります。

この手荷物規定は変更になる場合があるため、必ず7.0Kg以内に抑えれば良いという訳ではありません。

 

パッキングは前回の旅行によりも軽量を

手荷物規定の重量がプラスαになる分には大歓迎ですけれども必ずしもプラスαにはなりません。マイナスαになる場合の方が多いです。

このような場合に今までは7.0Kg以内に抑えることが出来ても次回の旅行から6Kg未満と変更されてしまったら急には対応できなくなってしまいます。

毎回の旅行のパッキングでは常に前回の旅行の重量よりも軽量になるようにパッキングするように挑戦し続けることが重要になります。

このように毎回挑戦し続けることで、もしマイナスαに変更されてしまった場合でも十分ではないですが何とか対応できるようになると考えます。

 

別の方法も見つかる

7Kg未満のパッキングに抑えるには着替え衣服の洗濯が必須になりますが、必ずしもそのようにしなくても良い場合もあります。

衣類の素材や衣類を収納するポーチを見直すことによって軽量化を実現することが可能になるので自分にとってプラスαの別案が見つかる場合もあります。

このような別案は常に軽量化を追い求めていないと思い浮かばない場合が多いです。

 

旅行の荷物をコンパクトにまとめるパッキングのコツは持ち物の軽量化
皆さん こんにちは! 今回の記事は『旅行の荷物をコンパクトにまとめるパッキングのコツは持ち物の軽量化』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 旅行の荷物はコンパクト...

コメント