旅行のパッキングは帰りの荷造りと荷物を減らす事を最優先に考える

服装パッキング

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『旅行のパッキングは帰りの荷造りと荷物を減らす事を最優先に考えるのが最適』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

旅行のパッキングでは荷物が増えるのが悩み

国内各地や海外といった旅行荷物のパッキングでは何かと悩みも多くなります。旅行に持参する荷物が重たいとか、帰りのお土産が入らないとか例を挙げたら切りがありません。

 

旅行の荷物は何かと悩みが多い

旅行のパッキングを行う場合に全ての持ち物を準備する事になりますが、この全ての持ち物は、いつも何だかんだいっても多くなってしまいます。

特に旅行に持参すると便利に感じるグッズや着替え衣服というのは何かと増え気味になるのでどうしてもアレコレ荷物が増えてしまうのが原因の1つになっています。

また、それだけでなく、旅行では重量という要素も重要になりますから、全てパッキングを終えた状態だとしても飛行機を利用する旅行では、出発する直前まで取っ替え引っ替えを行う場合もあります。

何故なら、飛行機の場合は航空会社が定める手荷物規定を遵守する必要があるため、重量制限があるからです。

重量制限ギリギリでの場合では現地で買うお土産に影響を及ぼす事になるため、悩みも余計に増えてしまう事になります。

 

旅先で買うお土産にも注意が必要

旅行に出発する前にパッキングを行いますが、いつも気にするのは出発時のパッキングになると思います。これってどうなのでしょうか?

というのも、旅行先から帰る場合では出発時には無い物があります。特に現地で買うお土産商品が該当する事になります。

現地で買うお土産の場合はバッグの中に必ず入るとは限りません。購入するサイズや数量によっても異なります。

特に思い当たりばったりで購入する感じになるため、パッキングの事は全く考慮していない場合が多いのではないでしょうか?

このような感じだと帰りのパッキングが大変な事になってしまうため、購入時はいつも頭の隅に入れておく必要があります。

 

帰りのパッキングも気にした方が良い

旅行のパッキングというと、何故だか分かりませんが出発時のパッキングを気にする感じになりますが、帰りの事は考えないのでしょうか?帰りも必要になると思います。

 

帰りのパッキングの重要性

国内旅行であれば、お土産がバッグに収納できなくても最悪の場合は宅配便で送ってしまえば問題ありません。海外旅行では流石にそうもいかないため、帰りのパッキングも重要になって来ます。

バッグの中の収納スペースを考慮した上でお土産商品を購入する必要が求められるため、商品を購入するのも大変になります。

でも、残念ながら、お土産を買う場合はパッキングの事なんて微塵も考えない場合が多ですから、或る意味、自業自得になります。

お土産の場合では貰う相手を考慮した買物になるため、受け取った人が喜んで貰えるような商品を選ぶ場合が多いのでサイズ数量といった要素が重要になってしまいます。

このような場合ではどのサイズの商品ならばバッグの中に収納できるのか?を真っ先に考えて購入しないといけません。

 

旅行バッグは、お土産スペースの確保を

旅行では帰りのパッキングも重要になりますが、これを円滑に行うにはパッキング方法も考慮が必要になります。

具体的には自分は現地でどのぐらいの量のお土産商品を購入するのか?というのを逆算しておき、それに合わせて荷造りを行う必要があります。

お土産の想定を行なった上でパッキングしないと、旅行から帰る場合に大いに悩む事になってしまいます。

お土産を収納するスペースを空けて旅行に出発する事になるため、人によっては、まだ収納できるスペースがあるのに勿体ない等を考えてしまう場合もあります。

でも、こんな考えの場合では帰る時に困るのは自分なので、その点をよく考慮する必要があります。

 

スポンサーリンク

 

必要最小限の荷物と工夫でパンキングを

旅行では帰りのパッキングも重要になりますが、それ以前に根本的に荷物を減らす事も考慮しないといけません。荷物が多いと目的地までの移動も大変になります。

 

必要最小限に荷物

旅行のパッキングで重要になるのはどうやって荷物を減らすのか?という部分になります。逆を言えば、減らすのではなく少なくするという事になります。

旅行で本当に必要なグッズだけを持参する事ができれば、荷物は少なくなりますし、軽量化にも繋がります。だからといって、旅行を楽しむ事が出来ないと意味がありません。

そのため、基本的にはミニマリストの考えを導入して必要最小限の荷物を準備し、これに加えて旅行に持参すると便利な持ち物を最小限追加するのが良いのではないか?と考えます。

但し、自分にとって最小限の荷物というのは必ずしも荷物が少なくて軽量とは限らないため、旅行バッグも含めて○Kg以内に収納といった明確な目標が必要になります。

 

最小限の荷物を持参する工夫や対策

必要最小限の荷物にする場合では闇雲に荷物を少なくすれば良いという訳ではありません。旅行の荷物で一番面積が広くて一番重たいのは着替え衣服になりますから、これをどうにかして減らす必要があります。

とはいえ、旅行には宿泊日数分の衣服を持参する事になるため、通常の方法では軽量化するのは難しいです。

着回しできる衣服やシワになっても問題ない衣服を持参する事も必要になりますし、パッキングポーチも見直す必要も発生します。

一番最適な方法は旅行中も洗濯を行う事になりますが、この場合では旅行でも洗濯するのか?という気分になるので賛否両論になります。

 

旅行の荷物を減量&軽量化の方法はミニマリストの考え方でパッキング
皆さん こんにちは! 今回の記事は『旅行の荷物を減量化&軽量化の方法はミニマリストの考え方を取り入れてパッキングするのが最適』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 ...

コメント