身軽な持ち物で海外旅行する場合は軽量なバッグパックでパッキングを

服装パッキング

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『身軽な持ち物で海外旅行する場合は軽量なバッグパックでパッキングを』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

旅行のパッキング時に悩む事

海外旅行等で荷物のパッキングを行う場合に悩むのが、旅行に持っていく持ち物が多くてスーツケースに収納できない 又は 収納する事は出来たけど重たいという場合の2択が多いと思います。

 

旅行の荷物が増えてしまうのが悩み

旅行に持っていく荷物が増えてしまうのは、旅行に有ると便利に感じるから持参するといった物が多いです。

このようなグッズは確かに持参すれば便利に感じますが、だからと言って別に無くても特に問題ないグッズでもあります。

それなのに旅行では便利さを優先して持って行ってしまう不思議な魅力を併せ持つ旅行便利グッズになります。

このような旅行便利グッズは荷物になるからと言って持参しないのではなく、厳選して持って行くのも必要になります。

何せ、それがないと不便に感じる事になるため、せっかくの旅行が楽しくないといった感じになってしまいます。

 

軽量化したつもりでも軽くない

海外旅行で全ての荷物を機内に持ち込むパッキングを行なっている場合では荷物の軽量化は必須事項になります。

各航空会社では機内に持ち込める重量や個数が手荷物規定で決められているため、この規定を遵守する必要があります。

仮にこの規定をオーバーしてしまうと追加料金が発生する事になるため、旅行の費用が高くなってしまいます。

そのため、国内や海外といった飛行機を利用する旅行では機内に持ち込む関係なく軽量化は必須になるので身軽な旅行も必要になります。

 

旅行では身軽さも必要

国内各地や海外といった旅行で飛行機を利用する場合では預け荷物 又は 飛行機の機内に持ち込む2パターンになりますが、皆さんはドッチにしていますか?

 

預け荷物は空港や機内で身軽

空港の航空会社のチェックインカウンターで荷物を預けてしまえば空港内や飛行機の機内といった場所では身の回り品のバッグを持ち込むだけで済むので身軽になります。

これはこれでメリットになるのですが、その反面、目的地の空港で荷物を受け取る手間が発生する事になります。

 

全ての荷物を機内に持ち込む場合

空港の航空会社のチェックインカウンターで荷物を預けた場合では、空港内の出国エリア飛行機の機内が身軽になりますが、目的地に到着した後では大きな荷物を持って宿泊先のホテルに移動しなければいけません。

大きな荷物の場合は移動するのも大変ですし、特にトイレ休憩する場合に大きな荷物をどうするのか?という悩みも発生します。

それに対して、全ての荷物を機内に持ち込む場合では、空港内の出国エリアや飛行機の機内では荷物があって大変なのですが、トイレ休憩時に荷物をどうするのか?悩む必要もなくスムーズに何処でも移動できるので、この場合も身軽だと思います。

 

スーツケースは移動は楽だが身軽ではない

スーツケースの場合はキャスターが付いているため、キャリーバーを引いて移動できるで確かに便利ですし、移動も楽だと思います。

確かに移動が楽なのですが楽だからと言って身軽なのか?というとそうでも有りません。移動が楽だから身軽という訳ではないのです。

さらにもう1つ付け加えると、何処でも移動できないのが残念なポイントになるため、旅行先によってはスーツケースよりもバッグパックの方が適しているという事もあります。

 

スポンサーリンク

 

身軽な持ち物でパッキングはバッグパックが最適

身軽な持ち物で旅行を楽しみたいと考えている場合では、迷わず旅行バッグはバッグパックを選択するのが賢明になります。

 

バッグパックでなくても良い

別にバッグパックでなくても良いのですが、宿泊を伴う旅行の場合ではバッグパックの方が良い感じになります。

どのように良いのか?と言うと、スーツケースと異なり、何処でも歩く事が出来るのが最大の利点になります。

旅行の荷物は背負って移動する事になるため、重たい場合では逆に疲れやすくなってしまう事になります。

そのため、バッグパックを旅行のメインバッグにする場合では荷物の軽量化は必須事項になるため、バッグパックの重量を考慮するだけでなく、持ち物の厳選 も求められます。

 

スーツケースよりもリュックが最適

スーツケースの場合はどんなに身軽だったとしても、絶対的に本体重量がそれなりに重たいです。

それに対してバッグパックの場合は少なくとも登山用の目的でない普通の生活用途の場合であれば本体重量が800g未満という場合もあります。

このような重量が800g未満のリュックであれば持ち物を厳選して持参する事によって身軽な旅行を実現する事が出来ます。

 

身軽なパッキング

リュックに変更したからと言って身軽な持ち物になるというのは時期尚早になります。旅行に持参する持ち物が少なければ身軽になりますが、多い場合ではスーツケースの方が最適です。

バッグパックで海外旅行する場合では宿泊先で洗濯しても問題ないよ!という考え方を持っている人に向いているのが実情になります。

せっかくの海外旅行なのに洗濯なんて冗談じゃない!と思っている場合では、身軽な荷物にならないため、身軽なパッキングは考えない方が良いです。

 

旅行限定でミニマリストに成りきるパッキングで軽量コンパクトを実現
皆さん こんにちは! 今回の記事は『旅行の場合だけミニマリストに成り切るパッキングで軽量コンパクトな荷物』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 旅行の荷物は何...

 

コメント