旅行荷物の軽量化は着替衣服の洗濯が最適だが使い回しも選択肢の1つ

服装パッキング

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『旅行の荷物を軽量化する場合では旅行中に着替え衣服の洗濯が最適になりますが、着替え衣服の使い回しも選択肢の1つ』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

旅行の荷物を軽量コンパクトにする場合

旅行の荷物をパッキングすると自分ではバッチリだと思っていたのに荷物をデジタルスケールで計ってみると重量オーバーだった事に気が付いてしまう展開もよくあるパターンだと思います。このような場合は荷物の軽量化が必要になります。

 

旅行の着替え衣服が最大かつ最重量

旅行の全体荷物の中で一番面積が広くて、一番重たい持ち物といえば、旅行に持参する着替え衣服になります。

1泊程度であれば大した荷物になりませんが、3泊以上となると話は別になってしまいます。特に着替え衣服は宿泊日数が増えれば増えるほど、どんどん増えていく事になるので、減らしたくても減らせない悪循環になります。

そのため、旅行の荷物を軽量化したいと考えている場合は、真っ先に着替え衣服をコンパクトにした方が良いです。

他の旅行に持参するグッズは後回しで問題ないです。というのも、多少がさばるかも知れませんが、1〜2個減らしたからといって重量は微々たる感じだからです。

 

旅行の着替え衣服を何とかするしかない

旅行の荷物をどうにかして減らしたいと考えている場合は着替え衣服をどうにかしてコンパクトに圧縮するしかありません。

だからといって圧縮袋を用いるのではなく、根本的に荷物を減らすのは勿論のこと、衣服その物や着替えを収納する衣類ポーチにも見直しが必要になります。

衣類を収納する場合では衣類ポーチも使う場合がありますど、このような物は重量に含めていない場合が多いです。

衣類ポーチは変更したからといって微々たる重量の変更に過ぎませんが、見直しするという観点においては改善しても良い部分になります。

 

旅行の着替え衣服を減らすなら洗濯が最適

旅行に持参する荷物を軽量コンパクトにさせたいと考えている場合では、厳選した持ち物でパッキングも必要になりますが、旅行中に洗濯をする事で劇的に荷物を大幅に圧縮する事が可能になります。

 

洗濯すれば荷物は減る

宿泊先のホテル等で毎日のように洗濯を行う事で長期の旅行でも必要最小限の着替え衣服の持参で対応する事が出来ます。

3泊以上の旅行の場合では、2泊3日分の着替え衣服で十分に対応する事が出来ます。というのも、旅行に着て行く場合の服装も含めると3泊4日分の着替え衣服になるからです。

この方法であれば、宿泊日数分の着替えを持参しなくても良い事になるので、大きな旅行バッグを持参しなくても小さいサイズのバッグでパッキングできるようになります。

その結果、旅行バッグが小さくなれば本体重量も軽量になりますし、持参する着替えも軽量コンパクトになるため、全体重量も大幅に圧縮できるのです。

 

旅行なのに洗濯するの?

こ旅行中にどうして洗濯しないといけないのか?という疑問が発生すると思います。せっかくの旅行なのだから毎日の日常生活で行なっている洗濯から開放されたいでしょう。

それなのに旅行中に洗濯なんて冗談じゃないです。もし、このように考えている場合は洗濯は賢明の選択ではありません。

何故なら、旅行では日頃の疲れやストレスを発散する目的も兼ねているため、洗濯すると逆にストレスを溜め込んでしまう事になります。

 

旅行中の洗濯は考え方次第で決めるのが最適

旅行中に洗濯する場合は自分自身の考え方が重要になります。毎日の日常生活と同様に洗濯しても問題ないよ!という人でないと、この方法は逆効果になってしまいます。

確かに荷物を大幅に圧縮する事が出来ますが、その反面、ストレスが増えてしまったといった感じになると、何の為に旅行に来たのか?という根幹部分に関わってきます。

自分の考え方を優先するのが最適になります。

 

スポンサーリンク

 

旅行の着替え衣服を使い回す方法も魅力的

旅行中に洗濯をしない場合では着替え衣服を大幅に圧縮する事が出来ないのか?というと、そうでもありません。他にも衣服を使い回すという方法もあります。

 

着替えは洗濯しなくても使い回しで対応を

旅行に持参する着替え衣服は使いまわせる服装で一本化するという方法も魅力的になります。これならば洗濯なんぞしなくても衣類をコンパクトにする事が出来ます。

とはいえ、口で言うのは簡単なのですが、実際にそれを実現するのはちょっと難しいのが実情になります。

その理由の1つとして、自分が持っている衣類の中で使い回しに対応できる衣服は有るのか?という問題になります。

使い回す場合では持参する衣類がズボンやスカートと色合い的に合うのか?という部分も影響を受ける事になるからです。

持っていない場合では新しい衣服を購入しないといけなくなるので、簡単そうに見えて実は一番難しかったりします。

 

冬の旅行ならリバーシブルが最適

流石に夏場の旅行ではリバーシブルな服装だったとしても蒸し暑い場合が多いため、洗濯が必要になりますが、冬の旅行ではそんなに汗も出ないのでリバーシブルな衣服が最適です。

1着は持参したい衣類だと考えます。

 

パッキングは割り切る事も必要

お気にりの衣服を旅行に着て行く場合では同じデザインでカラーが異なる服装でコーディネートする場合もあります。

このような場合であればズボンやスカートと合わせ易いので便利な反面、仲良しなグループで旅行する場合では、あの人はいつも同じデザインの服装をしていると思われてしまう場合もあります。

人は人、自分は自分というような感じで割り切ってしまえば良いのですが、人間関係は難しいものです。旅行だったとしてもこのような部分を気にしてしまう場合もあるものです。

旅行の持ち物をパッキングする場合では旅行で便利なように荷造りするのではなくて、割り切る事も必要になります。

 

身軽な持ち物で海外旅行する場合は軽量なバッグパックでパッキングを
皆さん こんにちは! 今回の記事は『身軽な持ち物で海外旅行する場合は軽量なバッグパックでパッキングを』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 旅行のパッキング時...

 

コメント