出張に持参するマウスは乾電池不要のWI-FI充電式LEDマウス

旅行ガジェット

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『出張に持参するマウスは乾電池不要のWI-FI充電式LEDマウス』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

出張にはノートPCを持参

筆者の場合は出張時にはノートPCを持参しているのですが、同僚とかiPad +SmartKeybordを利用しています。ちょっと羨ましく感じています。

 

出張にはタブレットPCが魅力的に感じる

タブレットPCを出張に持参する場合もあるのですが、タブレット端末にキーボードを接続して利用するのは軽量で良いのですが、ちょっと使い勝手が悪い感じがします。

そういうこともあり、ノートPCを好んで利用しているのですが、他の同僚は iPadSmartKeybord を持参しているのでとても羨ましく感じます。

何故なら、見ているとカッコよく感じるからです。軽快にタイピングしている様を間近で見てしまうと欲しいな〜と感じてしまいます。

それでもiPadを購入しない理由は、マウスが利用できないからです。

 

出張にはノートPCを持参

ノートPCを出張に持参するのはマウスを利用することが出来るからです。Androidのタブレットもマウスを利用することが出来るため、メインPCとして利用しても良いです。

でも、残念ながらAndroidタブレットではノートPCの代用は出来ないため、結局はノートPCの1択になってしまいます。

 

出張にはノートPCは重たい

出張にノートPCを持参する場合のデメリットはタブレット端末に比べて本体重量が重たいという部分です。

筆者が持参しているノートPCは約1.3Kgあるため、持ち歩くにはちょっと重たいといった感じです。通勤や出張で持ち歩くのであれば少なくとも1Kg未満が最適です。

 

出張に持ち歩くノートPCのお供はマウス

出張時にはノートPCを持参していますが、マウスも忘れずに持って行くようにしています。ノートPCにはマウスが無くても大丈夫なようにトラックパッドが搭載されていますが、筆者の場合はマウスの方が使い勝手が良いこともあり、好んでマウスを使っています。

 

トラックパッド

トラックパッドはマウス代用として利用することが出来るポインティング・デバイスになります。パッドの上をなぞったり、クリックしたりすることでマウスと同様のことが出来るようになる装備です。

タッチパッドと言った方が分かりやすいかも知れません。とにかくマウス代わりに利用することが出来るため、出張にマウスを持参しなくても十分に対応することが出来ます。

とはいえ、流石にマウスに慣れてしまっている人がタッチパッドに切り替えるのは至難の技になります。確かにマウスの代わりに利用することは出来ますが、利便性は落ちてしまうと思います。

 

マウスの方が便利

出張時は何だかんだ言ってもトラックパッドよりもマウスの方が便利です。トラックパッドの場合dとスクロールするにしても二本指が必要になりますから、ちょっと不便に感じます。

それに引き換えマウスの場合は二本指を動かさずにスクロールマウスの手元でクルクル回せば良いので指が疲れなくて済みます。

また、出張報告を作成する場合にマウスがないと逆に困ってしまいます。右クリックでコピー&ペーストをよく行っているため、マウスがないと逆に大変です。

というのもショートカットでコピー&ペーストを行う必要があるので、これが面倒に感じます。そういった理由もあり、出張時でもマウスを持参しています。

 

スポンサーリンク

 

出張には乾電池不要のWI-FI充電式LEDマウスを持参

いつもの出張時には日帰りでもノートPCを持参する機会が多いです。Androidのタブレット端末も持参する場合がありますが、出張報告を作るにはノートPCを持参するのが最適です。

筆者の場合はノートPCのトラックパッドよりもマウスを好んで使っているため、マウスがないと逆に不便に感じてしまいます。

 

出張に持参するマウス

出張に持参しているマウスは2種類あります。1つはBluetooth接続のLEDマウス、もう1つはWI-FI接続のLEDマウスになります。

どちらのマウスも乾電池不要で利用することが出来る充電式のLEDマウスになります。両方ともサンワサプライの製品です。

基本的にマウスはサンワサプライ製品を好んで利用しているため、出張時は交互に持参するようにしています。どうして2つもマウスを利用しているのか?というと、稀に忘れて来てしまうことがあるためです。

 

充電式WI-FI充電式LEDマウス

筆者が出張に持参しているマウスはサンワサプライWI-FI充電式LEDマウスになります。いつものノートPCのUSB端子にレシーバーが挿さっているので、好んで利用しています。

標準サイズのマウスなので使い勝手は良いですし、バッテリー容量が一目で分かる親切設計になっているので助かります。

また、USB充電ケーブルを接続したままUSBマウスのように使うことも出来るため、利便性は高いです。
ただ、1つだけ気になっているのはマウス側にある充電ポートになります。どのように気になっているのか?というと、MicroUSBなのです。筆者はUSB機器はType-Cに統一しているのでMicroUSBのコード類はあまり持っていないのです。

 

コメント