旅レポ台湾!台中孔廟・宝覚禅寺・台中公園を巡る最適な観光ルート

旅レポ台湾

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『台湾旅行で台中孔廟・宝覚禅寺・台中公園を巡る最適な観光ルートは宝覚禅寺からスタートしてウォーキングするのがベスト』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

台中の孔子廟である台中孔廟を観光で訪れる場合

台中の観光スポットである台中孔廟を訪れる場合、どのようなルートで訪れるのが良いのでしょうか? ちょっと悩みます。付近にこれといった見所のあるスポットが見当たらないので、少し歩く必要が生じます。

 

台中孔廟は台中駅から市内バスで移動を

台中市内の中心部にある台湾鉄道の台中駅から台中孔廟に観光で訪れる場合は、ちょっと大変になります。

徒歩27分の距離にあるため、徒歩で行くと到着した頃には汗びっしょりになってしまう事になります。

特に蒸し暑い夏場に訪れる場合は市内バスの7番を利用して台中駅から臺灣體大體育場 又は 雙十興進路口で下車するのが良いです。

 

台中孔廟は台中公園から徒歩16分の距離

台中駅からピンポイントで台中孔廟に訪れる場合はバスに乗れば良いですけど、この場合では次の目的地に行く場合もバスを利用する感じになります。

不慣れな場所でのバス移動というのも大変なので、スマホの Google map を見ながら徒歩で移動するというのも1つの方法になります。

もし、この選択をする場合は台中公園で休憩しながら、台中孔廟に移動するのが最適なルートになります。

というのも、台中公園の湖心亭から台中孔廟には徒歩16分の距離になるため、丁度良い散歩コースになります。

 

台中孔廟の前に台中公園に行くのが最適

バスに乗って台中孔廟の前に台中公園に行く場合では公園内を散歩できるメリットがあります。ここに立ち寄る必要はないのではないか?と感じてしまうのも事実ですが、休憩には最適なスポットになります。

 

 

台中公園は休憩スポット

湖心亭から眺める景色は正直のところ、そんなに素晴らしいといった感じではないのですが、噴水を跨いで湖心亭を眺めるのは素晴らしいと感じます。

湖心亭の建物は絵になる風景なので写真撮影には丁度良いのですが、建物の中から池を眺めるのはあまり良くありません。何故なら、池が濁っていて綺麗ではないからです。

池の周りから池を望むといった感じが良いのではないか?と考えます。

 

 

台中孔廟は静かな空間

台中孔廟にたどり着くと、塀で覆われていて何処から入るのかな?と思ってしまいますが、門から入れるようになっています。正門から入った方が良い感じになります。

 

平日はほとんど誰も居ない

日曜日であれば参拝客も居るとは思いますが、基本的に平日に観光で訪れてもあまり人が居ないといった感じになります。

実際には地元の人がのんびり寛いでいるのですが、観光客はほとんどいない事もあり、自分だけの世界に入り込む事が出来ます。

これだけの空間をほぼ貸し切り状態といった感じで写真撮影できるので、寺社仏閣の写真撮影が好きな人にとっては最高のスポットになります。

 

 

台中孔廟のレポート

孔子を祀った台中の孔子廟になります。とてももの静かな空間であると同時に観光客も少ないので見学には丁度良いスポットになります。

平日に観光で訪れると結婚式の写真を撮影している台湾女性も居るので合わせて見る事が出来ます。

建物は宮殿様式になっているため、ここに訪れたら、建物を写真撮影するのが良いと思います。寺社仏閣といった建物は写真写りが良いので旅の思い出写真になります。

 

 

台中孔廟に行ったら宝覚禅寺にも見学を

台中孔廟に観光で訪れたら、徒歩10分圏内にある金ピカの大仏様がある宝覚禅寺にも足を運ぶのが良いです。道路を歩いていると、いきなり金色の大仏様が出現するので、直ぐに分かると思います。

 

 

台中孔廟から宝覚禅寺には徒歩10分の距離

台中孔廟から近くにある観光スポットは金色の大仏様がある宝覚禅寺になります。ココに辿り着くにはスマホの Google map を見ながら歩いて移動する事になります。

市内バスを利用しても良いのですが、徒歩10分程度なので、あえてバスを利用しなくても良いと思います。

健行路という大きな通り沿いにあるお寺になります。

 

 

宝覚禅寺のレポート

宝覚禅寺は金色の大仏様と大きな寺院の建物が全てといった感じになります。この2つしか写真に収める事が出来ないといった感じになるため、あえてココまで観光で訪れるといった事はしない方が良いのではないか?と考えます。

建物の中に寺院が収まっているといった感じの建物になるため、とてつもなく大きいので見所感があるのですが、そのまんまこれだけといった感じなので、物足りなさがあります。

それでいて、金色の大仏様も敷地内の端っこにあるといった感じなので写真撮影したらお終いといった感じになってしまいます。

 

スポンサーリンク

 

旅のスタートは宝覚禅寺からウォーキングを

はっきり言って、台中公園・台中孔廟・宝覚禅寺のルートを観光で訪れるのは、物足りなさを感じると思います。満喫した〜といった気分にならない場合が多いため、これに加えて何処かに行くといったプランが必要になります。

 

観光で訪れる場合は宝覚禅寺からスタート

台中駅からバスに乗って、宝覚禅寺の最寄りバス停である新民高中という高校で下車して、旅の出発地点を宝覚禅寺にするのが良いです。

ここは、そんなに時間を費やさないですから、徒歩10分圏内にある台中孔廟に行き、台中孔廟から台中公園、宮原眼科、台中駅といった感じでウォーキングしながら歩いて行くのが最適なルートになります。

 

台中公園から宮原眼科に行くのが良い

台中の観光スポットでもある美味しいアイスクリーム店の宮原眼科をこのルートの最終目的地のするのが良いです。

宝覚禅寺から台中孔廟、台中公園、宮原眼科と歩くと疲れますから、甘くて美味しいアイスクリームを食べたくなります。

疲れた時は甘くて美味しいスイーツを食べるのが一番の特効薬になるので最適です。注文メニューも日本語が有るので中国語会話が出来なくても大丈夫です。

 

宝覚禅寺からウォーキングする場合の注意事項

スマホの Google map を利用する事になるため、スマホのプリペイドSIMが必要になりまます。桃園空港でプリペイドSIMを購入しておいた方が賢明の選択になります。

 

台湾桃園空港に到着後は台湾ドルTWD両替とプリペイドSIM購入を
皆さん こんにちは! 今回の記事は『台湾旅行で台湾桃園空港に到着したら、日本円から台湾ドル(TWD)に両替とプリペイドSIMの購入』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 ...

コメント