旅レポ台湾!台北の猫空ロープウェイから眺める景色を堪能する旅を

旅レポ台湾

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『悠遊カードで乗車できる台北の猫空ロープウェイから眺める風景を堪能する旅』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

台北の猫空ロープウェイの旅

台湾旅行で台北の猫空ロープウェイに乗車する場合は、台北動物園の玄関口であるMRT文湖線の動物園駅に移動する事になります。

 

 

最寄駅はMRTの動物園駅

猫空ロープウェイがあるのは台北動物園の玄関口であるMRT動物園駅になります。正確には隣接していないので約5分ぐらい歩く必要があります。

歩くと言っても1本道なので迷う事なくロープウェイの駅に到着する事が出来ます。1本道に沿って細長い公園になっているので非常に分かりやすいです。

猫空ロープウェイは悠遊カードを利用する事が出来るのでチケットを購入する手間が発生しなくて便利です。

 

ロープウェイは2種類の車種がある

① 普通車両
猫空ロープウェイの車両は2種類あり、車両の床が通常タイプが普通車両になります。普通車両に乗る場合は車両数が多いこともあり、スムーズに乗る事ができます。

 

② 床がガラスの車両
床がガラス張りになっている車両があります。普通車両よりも少ないようなので、ガラス張りの車両が来るまで並んでまっている必要があるというデメリットがあります。

でも、ガラス張りの車両だったとしても運賃は普通車両と同じ料金なので記念に乗車してみるのも良いと思います。

 

③ 相席
普通車両や床がガラス張りの車両に関わらず、車両は相席が基本となります。一人旅だったとしても他のグループと一緒に相席になるので頭の隅にでも入れて置きましょう。

 

床がガラス張りの車両に乗車体験レポ

猫空ロープウェイで床がガラス張りの車両に乗車した体験レポートになります。あくまでも筆者が実際に感じた事などが中心になっているため、参考になるのか?分かりません。

 

 

並んだ列がガラス張りの車両だった

筆者の場合は床がガラス張りの車両に乗車したいとは微塵も思っていなかったのですが、並んだ列がガラス張りの車両だったという事になります。

最初は1本の列で並んでいるのですが、ある時点で二手に分かれる事になります。普通車両に乗車するのか? それとも床がガラス張りの車両に乗車するのか?

この選択でミスをしてしまったため、その結果、床がガラス張りの車両だったのである。

 

乗車できるまでに時間が掛かる

床がガラス張りの車両は普通車両よりも少ないような感じのため、すいこらさっさ!といった感じにスムーズに乗車できないです。

なんで、もう1つの列はスムーズに乗車できるんだろう?といった感じに眺めていました。ちょっと不思議な感じだったのを記憶しています。

 

出発時は相席の乗客が絶叫

基本的に相席になるのですが、この時に台湾人の乗客は終始30分間ずっと絶叫していたと言った方が正解なのではないか?というぐらいに煩かったです。

そんなに絶叫する事かな?と思ってしまいましたが、これはその人の感じる事なので個人差が有るんだと思います。

スリル感は有るけど、怖いといった感じではなかったです。

 

帰りは相席の乗客に恵まれた

貓空站に行く場合は相席の乗客がずっと絶叫していた事もあり、終始煩くて空の旅を満喫する事が出来なかったのですが、帰りの動物園行きの場合では、物静かな方が相席だったこともあり、空の旅を満喫する事が出来ました。

やっぱり、猫空ロープウェイを満喫する場合では、相席がどのような人なのか?によっても変わって来るという事になります。

 

スポンサーリンク

 

猫空ロープウェイは片道30分の空の旅

猫空ロープウェイは一度乗ったら、終点の猫空駅に到着するまで片道30分程度の時間が掛かります。空から眺める風景を堪能するには丁度良いのですが、こればっかりは相席の乗客次第になるので、普通車両に乗車するのが良さそうに感じます。

 

 

空から眺める景色

ロープウェイの車内から眺める風景はある意味、絶景に該当するのではないか?と個人的に考えますが、そのように言っても過言ではないと思います。

それもその筈で、ロープウェイから台北101も見る事が出来るので良い景色だと思います。筆者の場合は天候が曇りの日の昼間に乗車したので、絶景といった感じでは無かったのが残念かも知れません。

天気の良い日であれば夕方頃が絶妙な景色になるのではないか?と思います。また機会が有ったら夕方に乗車してみたいと思います。

 

片道30分の旅

猫空ロープウェイの全長は約4Kmあり、片道は約30分という所要時間になります。停車駅は動物園站、動物園南站、指南宮站、貓空站の4駅になります。

 

トイレを済ませてから乗車を

終点の猫空駅で下車すると、美味しそうなお店が多くあるため、飲食してしまう事も多いと思います。

この場合では飲み物を飲み過ぎると、帰りのロープウェイが困ってしまう展開になる場合もあります。

それもその筈で片道30分の旅になるため、乗車する前にトイレは済ませておいた方が賢明の選択になります。

 

旅レポ台湾!台北の故宮博物院は景観と展覧品を楽しめる観光スポット
皆さん こんにちは! 今回の記事は『台湾旅行で台北の故宮博物院は館内の展覧数も多く見どころ満載でかつ、写真撮影もできる展覧物もあるので時間を気にせずに楽しめる観光スポット』についての内容になります。 参考になるか?分かり...

 

コメント