海外旅行に医薬品の持参も必要!現地で購入も良いのでは?という悩み

旅の知識・悩み

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『海外旅行に医薬品の持参も必要になりますが、現地で購入しても良いのでは?』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

海外旅行に必要だと思われる医薬品

海外旅行に持参する持ち物で一番使わないグッズといえば、医薬品になるのではないでしょうか? それなのに必需品といった感じの持ち物になるのですが、これってどの程度持参すれば良いのでしょうか?

 

海外旅行に持参する医薬品

冬のシーズンに海外旅行する場合でない限りは、風邪薬発熱に対応した医薬品は使う機会が少ないと思われます。

それでも何故だか分かりませんが安心の為につい持って行ってしまう不思議な魅力がある医薬品といった感じです。それに持参していればもしもの保険にもなるので安心できます。

胃薬や胃腸薬に関しては必需品になると考えます。というのも、現地で食べる食事は必ずしも自分に合っているとは限らないので、合わない場合では腹痛も発生してしまいます。

このような場合では必要に応じて、胃薬や胃腸薬を持参しておいた方が安心です。

 

胃薬と胃腸薬は一本化してはいけない

胃薬と胃腸薬は別々に持参するのが賢明の選択になります。胃腸薬があれば胃薬なんて必要ないのではないか?と考えてしまいますが、このように考えるのは良くないです。

胃腸薬の場合ではその名の通り胃と腸に効果が期待できる薬になりますが、胃薬の場合はピンポイントで胃に対応しています。

特に油っぽい料理をたくさん食べる場合では胃薬も持参した方が良いと考えます。

 

海外旅行に医薬品を持参しても効果あるの?という疑問

海外旅行する時に医薬品も持参する場合が多いですが、この持参する医薬品って本当に効果があるのか?考えた事はありますか?

 

海外旅行でも本当に効果があるの?

恐らく季節性の風邪やインフルエンザ、蚊などの虫さされ&虫除けといった類の医薬品は効果があまりないと考えます。あくまでも効果はあまり無いというレベルになるので、効かないという訳ではない。

それに対して、胃薬胃腸薬といった医薬品は海外旅行に持参しても、それなりの効果が期待できると考えています。

これはどうしてか?と言うと、実際の体験からそのように導き出した結論でもあります。筆者の場合は海外旅行中に風邪を引いて発熱まで体験していますが、日本から持参した薬を飲んでも効果が無かった感じなのです。

その当時は素直に現地の病院に行きまして強力な薬を貰って色々と散々な目に遭いましたが、無事に日本に帰国する事が出来ました。

 

胃薬や胃腸薬はバッチリOK

正露丸などの胃腸薬や整腸剤、胃薬といった医薬品も海外旅行には持参しますが、これらの医薬品はバッチリ効果があります。

特に現地の美味しいグルメを堪能する場合は食べ歩きを行う場合では、味付や食材が合わない場合もあるので胃薬や胃腸薬は欠かせません。

これを忘れてしまうと、もトイレが大変な事になってしまう場合もあるので観光どころではなくなる場合もあります。

 

日本の薬は海外でも万能ではない

日本の薬は優秀ですけれども海外旅行でもバッチリOKという訳ではありません。やっぱり国や地域によっても環境も異なるため、旅行で訪れる国の環境にも合わせる必要があると思います。

 

スポンサーリンク

 

海外旅行では現地で購入した方が良さそうに感じる

海外旅行には色々な医薬品を持参する場合もありますが、わざわざ色々な薬を持参しなくても現地で購入しても良いのではないか?と考えられる薬もあります。日本から持参しても効果が感じられない虫さされの薬は特にそのように感じます。

 

虫除けや虫さされ対策

東南アジアといった地域に旅行する場合では虫除け対策虫さされの薬も必要になりますが、両方とも日本から持参しても意味がないのではないか?と思えるのは気のせいでしょうか?

というのも、日本の薬を持参して塗りましたけれども、蚊の痒みの方が完全に勝っている状態なので塗ったからといって強烈な痒みを抑制することは出来ませんでした。

時間が経過すれば蚊に刺された腫れ後は綺麗に治りますので、その程度の効果は確認する事ができます。

でも、これでは根本的に痒みの対処は行えない訳ですから、現地の薬で対応した方が良いのではないか?と思ってしまうのです。

同時に虫除け対策も同様で、日本で販売されている虫除け対策グッズは、あくまでも日本の蚊や虫に対応して製造されていると思います。国や地域に合わせた物じゃないとダメなんじゃないかな?と考えます。

 

風邪薬も型が違うのでは?

風邪薬も日本のは効果があるのか?疑問に感じます。風邪やインフルエンザには型がありますから、日本で流行する風邪にも型があると思います。

海外旅行で訪れる国や地域で流行する風邪が日本と同じ型であれば日本の医薬品は効果がありますが、そうでない場合は効果がないのではないか?と考えます。

そのため、海外旅行に持参する必要性があまり感じられないのである。とはいえ、現地で風邪薬を簡単に購入する事が出来るのか?というと、現地の事情に詳しくないと難しいと思いますから、結局は持参してしまう感じになります。

それに医薬品等を購入する場合ではそれなりの会話力も求められますから自分が現地の人と同じぐらい外国語会話が行えないと難しいのも実情です。

 

冬の海外旅行に持参する医薬品は風邪や発熱に効果がある?という悩み
皆さん こんにちは! 今回の記事は『冬の寒いシーズンに海外旅行に持参する医薬品は風邪や発熱に効果があるの?という悩み』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 海...

コメント