海外旅行での悩みは飛行機が台風等の悪天候で欠航になる場合がある事

旅の知識・悩み

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『海外旅行を計画した時点では台風等の事は一切考えていないので、全く気にもしていませんが、旅行が近くになって来ると気にするのが悪天候。旅行中の天気の悩みも重要な問題』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

海外旅行での悩みは悪天候時の対応

海外旅行での悩みは色々ありますけど、大いに悩むのは天候や気温に関する事になるのでは?と考えます。現地の天気は良いのか?や持参する着替え衣服で寒くないのか?といった悩みが多い感じです。

実はそれだけでなく、大いに悩む事があります。出発時と帰国時の悪天候も大きな影響を及ぼします。

 

旅行を計画した時点では悪天候を想定していない

海外旅行に行きたいな〜と思った時に旅行の計画を立てる事になりますが、この時点では誰しも旅行期間中は悪天候になってしまう場合がある事については一切考えていません。

楽しい旅行が全てにおいて最大の関心ごとになっている状態なので、航空券やパック旅行を予約しても、もしもの欠航対策の準備なんて何もしないと思います。

慌てるのは出発する3日前になった時点で台風が来襲するといった場合に、やっと慌てるといった感じになる場合が多いです。

旅行に出発する直前で慌てるのであれば、始めからそれなりに準備しておけば良いのに〜と感じてしまいますが、実際に欠航の経験した事がないと、このような対策は必要性に迫られる感じではないといった場合が多くなります。

 

台風シーズンの旅行は控えるのも1つの方法

台風シーズンの場合では、いつ台風が来襲してもおかしくない状況になるため、出発時・帰国時のどちらか?で欠航の可能性が発生します。

欠航になってしまうと楽しい旅行が台無しになりますし、余計にお金も掛かる事になるので、それならば台風シーズンは避けて旅行を計画するのも1つの方法になります。

とはいえ、そんなに都合よく休暇を取る事が出来ない場合もありますから、厳しいかも知れません。

 

台風等の悪天候で飛行機が欠航になる場合もある

飛行機を利用して国内各地や海外旅行する場合では台風等の悪天候が影響して欠航になってしまう場合もあります。せっかくの旅行なのに欠航になってしまうとガックリな気分になってしまいます。

 

出発時ならば幸いである

海外旅行に出発する時点で台風等の悪天候に見舞われてしまう場合もありますが、この場合では比較的に幸いだと思います。

飛行機が欠航になって幸い?と思ってしまいますが、欠航の場合では払い戻しや振替手続といった事が必要になりますが、振替便の場合は当日に搭乗できるのは難しいため、最短でも2〜3日程度は待つ事になります。

このような場合では一度、自宅に戻る事になるため、ホテル代が余計に発生しなくてラッキーになります。

出発時点での欠航であれば運が良かったと解釈する事が出来ます。

 

帰国時の欠航は、お金の問題が発生

出発時に悪天候等で欠航になる場合があるのですから、当然のように帰国時も欠航の可能性があります。

出発する空港に向かって台風が移動して来ている場合や、目的地の空港で台風や積雪といった影響で着陸できそうもないといった場合も十分に想定されます。

このような場合では、振替便の手配が必要になるため、帰国が遅くなりますが、同時にお金の心配をする必要が発生します。

振替便に搭乗するまでの日数を現地で滞在しないといけないため、ホテルの宿泊費や食事代、交通費といったお金を準備しておく必要があります。

たいていの場合、余計なお金は持参していない場合が多いので実際に欠航が自分に降り掛かって来た場合は右往左往する事になります。

 

スポンサーリンク

 

海外旅行では帰国時の欠航に備えて、お金の準備を

楽しい海外旅行から日本に帰国する時に帰りの飛行機が欠航になってしまう場合もあります。このような場合では余計に滞在費用が発生する事になるので、もしもの欠航に備えてお金を準備しておいた方が良いです。

 

クレジットカードのキャッシングは良くない

クレジットカードにはキャッシング機能がありますが、この機能を利用すると海外のATMでお金を引き出せる便利な機能になります。

でも、そもそもクレジットカードの場合は一時的な借金を行なって買物や支払を行なっている事になるため、キャッシングでお金を引き出してしまったら、もうそれは立派な借金でしょう!

1日単位で利息が発生する事になりますから直ぐに帰国できれば良いですけど滞在が長くなれば長くなるほど、雪だるまのように加算されていきます。

そのため、欠航時に関していえば、一時的にキャッシングしないで別の対策が望ましいです。国際ブランドのデビットカードプリペイドカードといったカード類も持参した方が良いのでは?

 

海外旅行に持参したお金は使い切らない事も必要

海外旅行では両替したお金を全て使い切ってしまう場合もあります。帰国時に再両替すると余計に手数料も発生するので、それならば、いっそのこと全部使い切ってしまえば良いといった感じ。

このような場合では帰りの飛行機が欠航になった場合に困ってしまう事になります。少なくとも、両替したお金は計画的に残すといった対策も必要になるのではないか?と考えます。

 

お金の対策は他にもある

両替する時点で最低限必要になるお金は日本円のまま手元に残しておくという方法もあります。このような場合であれば両替したお金を全て使い切ってしまった場合でも手元の日本円が残っているので安心です。

 

飛行機を利用する旅行では欠航や乗り遅れといった想定外対策も必要
皆さん こんにちは! 今回の記事は『飛行機を利用する旅行では欠航や乗り遅れといった想定外対策も必要』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 飛行機を利用した場合...

コメント