全ての荷物を飛行機の機内に持ち込む海外旅行では荷物の軽量化が悩み

旅の知識・悩み

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『全ての荷物を飛行機の機内に持ち込む海外旅行では荷物の軽量化が最大の悩み』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

航空会社のカウンターで荷物を預ける場合

飛行機を利用して国内各地や海外旅行する場合では航空会社のチェックインカウンターで荷物を預ける場合が多いです。荷物を預けた方が身軽になりますから空港内を移動する場合も楽になるからです。

 

到着後の空港で荷物を受け取る手間が発生

空港で航空会社のチェックインカウンターで荷物を預けると、機内に持ち込む手荷物が身の回り品のバッグだけになるため、保安検査もスムーズに通過できますし、海外旅行では出国エリア内も荷物が少なくて済みます。

さらには飛行機の機内にも少ない荷物を持ち込む事になるため、搭乗時も身軽になる反面、到着後の空港で預け荷物を受け取る手間が発生します。

プライオリティタグが預け荷物に付いていれば早く荷物を受け取る事が出来ますが、そうでない場合は、ひたすら自分の荷物が流れて来るのを待ち続ける事になります。

この待っている時間というのは意外と長く感じる事になるため、まだかな〜という溜息と共にストレスも溜まってしまう悪循環になりやすいです。

 

プライオリティタグという方法もある

ANAやJALといったフルサービスキャリアのビジネスクラスやファーストクラスを利用すると、プライオリティタグを荷物に付けてくれます。

このタグがあれば優先的に荷物を到着後の空港のターンテーブルに流してくれるため、預け荷物を受け取る手間が発生しません。

それこそスムーズに迎賓ロビーに出る事が出来ます。とはいえ、ビジネスクラスやファーストクラスというのは、それなりに料金も高いですから、エコノミークラスを利用するのが賢明の選択になります。

 

全ての荷物を飛行機の機内に持ち込む海外旅行の悩み

到着後の空港で預け荷物を受け取る手間が発生するのは嫌だと考えている場合では。全ての荷物を飛行機の機内に持ち込む方法もあります。この方法であれば、スムーズに迎賓ロビーに出る事ができるので便利に感じます。

 

全ての荷物を機内に持ち込む場合

LCCを利用して海外旅行する場合では、全ての荷物を機内に持ち込んで旅行する場合もあります。このような場合では航空会社が定める手荷物規定を遵守する必要があるため、機内に持ち込む持ち物と重量は神経を擦り減らします。

何故なら、○Kg以内という規定が、なかなかクリア出来ない場合が多いため、旅行に出発する直前までどうやったら軽量化できるのか?悩む事になる場合が多いです。

特に旅行では、持参すると便利なグッズやあまり使う用途は少ないけれども有った方が良いというグッズもあるので、このような持ち物を厳選するのが大変だからです。

さらには、自宅で計量した場合は○Kg以内になっていても航空会社のチェックインカウンターで計量するとオーバーしていたというまさかの展開も普通にあるため、全ての荷物を機内に持ち込む方法も一長一短になります。

 

全ての荷物を機内に持ち込む場合のバッグ

機内持ち込みに対応したバッグを旅行のメインバッグにする必要があります。スーツケースの場合では国際線対応の機内持ち込みサイズを準備する必要があります。

但し、国際線の機内持ち込みサイズだったとしても、利用する航空会社の手荷物規定によっては対応できない場合があります。

パッキングを行う場合は、先ずは航空会社の手荷物規定をチェックする事から始めるのが賢明の選択になります。

でも、スーツケースの場合は本体重量が重たいのであまりお勧めできるバッグではないです。やっぱり、全ての荷物を機内に持ち込む場合のメインバッグはバッグパックが最良の選択になります。

 

スポンサーリンク

 

LCCの機内持ち込みは荷物の軽量化が悩み

LCCを利用して旅行する場合も多いですが、この場合ではワンランク上の手荷物重量制限がある感じでパッキングが大変になります。出発だけでなく帰りのパッキングにも注意が必要になります。

 

5.0〜7.0Kg以内という手荷物条件がある

利用するLCCによっても異なりますが、全ての荷物を機内に持ち込む場合の条件が5.0〜7.0Kg以内という場合が多いです。

この条件以内に荷物をパッキングしないといけないので、旅行に出発する直前まで取っ替え引っ替えを繰り返す事になる場合が多くなると思います。

だいたい機内に持ち込める重量の合計は7.0Kg以内の場合が多いです。

 

7.0Kg以内の場合でも難しい

どうして難しいのか?というと、旅行の場合では宿泊日数分の着替え衣類を持参する場合が多いので、旅行期間が長い場合だとミニマリストや何か工夫をしない限り、7.0Kg以内にパッキングする事は難しいです。

ミニマリストの人であれば簡単かも知れませんが、一般人にとってはちょっとハードルが高いというのが実情になります。

でも、旅行期間中ずっと毎日のように洗濯を行うという場合では必要最小限の着替え衣服を持参する事になるので十分に7.0Kg以内にパッキングする事が可能になります。

 

旅先でお土産を買う場合は全荷物は5.0Kg未満

現地でお土産を購入しないという場合であれば、7.0Kg以内にパッキングすれば良いですけど、お土産を購入するという場合ではお土産の事を考慮する必要があります。

そうしないと、帰りのパッキングで悩む事になってしまうからです。もし、旅先でお土産を購入する場合は、少なくとも5.0Kg未満にパッキングする必要があります。

人によっても異なりますが、LCCを利用して旅行する場合では、お土産を買うにも限度がありますから、2Kg程度の幅を持たせておけば良いかな?といった感じになります。

 

空港で預け荷物の受け取る手間を回避する場合は荷物は機内持ち込み
皆さん こんにちは! 今回の記事は『到着後の空港で預け荷物の受け取る手間を回避したい場合は全ての荷物を機内に持ち込むのが最適』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 ...

コメント