Windows11活用!タスクバーとEdgeバーは併用して使用を

Windows
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

Windows11を利用できるパソコンを便利に使う場合では、どのような方法が最適に感じるのか?試行錯誤を繰り返しながら模索する事になるのでは?

いやいや、もう既に自分なりの活用方法を実践している場合ではそのような事をしなくても、いつもの日常のように使うだけなので特に問題ない場合もあります。

必ずしもこのような展開になるとは限らないので自分なりの活用方法は意外と重要な要素になります。基本的には色々と便利に感じる機能を使いこなすことが前提になりますから便利に使える機能は把握した方が良いと思います。

今回の記事は『Windows11活用!タスクバーとEdgeバーは併用して使用を』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Windows11 便利に利用できる機能について

ここでは、Windows11が利用できるパソコンで使える便利な機能についての内容になります。

基本的な機能「スタートメニュー」

Windowsの基本的な機能と言えば、スタートメニューがあります。これはパソコンをシャットダウンや再起動する場合に利用するので、ほぼ毎日のように利用する機能の1つに該当します。

その他の用途としてはピン留め済みのアプリやす全てのアプリから選択して起動するといった用途、タスクバーにアプリをピン留めする用途でも利用します。

 

基本的な機能「タスクバー」

Windowsの基本的な機能と言えばタスクバーもあります。こちらは画面の下側に固定されており、ここにアプリをピン留めできるようになっています。毎日のように使っているアプリを📌しておくと利便性が良いです。

また、ウィジェットやシステムトレイアイコン、クイック設定パネル、カレンダーを起動できるだけでなく、デスクトップ(画面)を表示する場合にも利用できる便利な機能に該当します。

 

便利な機能

Windows11では、スタートメニューやタスクバーの他にもキーボード・ショートカットを利用して起動できる便利なアプリがあります。

Xbox Game Bar(ゲームバー)というアプリでは、画面のスクリーンショットや画面の録画を行える機能に該当します。この他にも専用ウィジェットを追加して利用できます。

Windowsの標準機能の1つとして、いつでも利用できるようになっているのである。

 

その他の便利な機能

ゲームバーの他にもエクスプローラーやMicrosoft Edgeブラウザも標準搭載されているので、Windowsパソコンは色々と便利に活用できるのも魅力的に感じます。

特にパソコンソフトをインターネットからダウンロードしてインストールできるため、Microsoft Office以外の選択肢も利用できます。

 

スポンサーリンク

Windows11 スタートメニューとタスクバー

ここでは、Windows11を便利に使うのであれば、スタートメニューとタスクバーの活用が必須になるについての内容になります。

スタートメニューで「できる」こと

スタートメニューでは、どのようなことができるのか?と言えば、アプリフォルダをピン留めできます。また、ピン留め済みアプリの並び順をドラッグ&ドロップ操作で変更できます。

これ以外では、スタートメニューをカスタマイズすることで、電源アイコン並びにフォルダーを表示したり、スタートメニューを左揃えで表示する事も可能です。

あとタスクバーとクイックアクセスにピン留め設定もできます。

 

タスクバーで「できる」こと

タスクバーではどのような事ができるのか?と言えば、基本的にはピン留め固定されているアプリを起動 及び システムトレイアイコンの起動です。

これ以外では、クイック設定パネルや通知・カレンダーも起動できます。

また、右クリックすると、タスクバーの設定にもアクセスできるため、自分の好みにカスタマイズも可能になります。

 

カスタマイズできる

Windows11のスタートメニューやタスクバーは誰でも簡単にカスタマイズできるようになっているため、自分好みにアレンジする事も可能です。

具体的にどのように行うのか?と言えば、タスクバーの何もアイコンが表示されていない場所で右クリックすると、「タスクバーの設定」が表示されます。

これをクリックするとタスクバーの設定が開くため、スイッチをオン・オフするだけで良いです。

 

Windows11 ウィジェットとEdgeバー

ここでは、Windows11を便利に活用するのであれば、ウィジェット 又は Edgeバーを使うのも1つの方法についての内容になります。

同じ用途で使える2種類の機能

Windows11には、Microsoft Edgeが標準インストールされていますが、このEdgeブラウザを便利に利用できる機能が2つ搭載されています。

1つはウィジェット。もう1つはEdgeバーになります。どちらも同じ用途で使えるのが特長の1つに該当します。

 

ウィジェット

Windows11が利用できるパソコンでもウィジェットが利用できるのですが、AndroidスマホやiPhoneで利用できるような便利に感じるウィジェットではないです。

スマホではアプリストアでウィジェットを利用できるアプリをインストールして使えるのですが、これと同じ感覚ではないと言った方が正解になります。

というのも、あくまでもMicrosift Edgeブラウザで利用できる内容をウィジェットにした感じなので基本的にはEdgeブラウザなのである。

 

Edgeバー

Windows11ではEdgeバーを起動する事で利用できるようになりますが、こちらはどんな機能なのか?と言うと、こちらも基本的にはMicrosift Edgeブラウザを便利に利用する機能に該当します。

ウィジェットとの違いは、タスクバーのようにお気に入りに感じるウェブページを追加できるようになっている点が該当します。

 

Windows11 タスクバーとEdgeバー併用が便利

ここでは、Windows11を便利に活用するのであれば、タスクバーとEdgeバーを利用する使い方が最適に感じるについての内容になります。

タスクバーは2段表示できないが代替方法あり

タスクバーのデメリットとしては、任意のフォルダをピン留め固定できない事 及び タスクバーを2段表示できない部分の2点が該当すると思います。

流石にこればっかりは仕様で決まっているため、悪あがきしても無駄になるので諦めるか?別の方法で対応する必要に迫られます。

前者の場合では、スタートメニューやクイックアクセスにピン留め固定で対応できます。後者の場合ではEdgeバーを起動する方法で対応も可能です。

Windows11活用!Edgeバーを起動してタブ(ページ)追加
皆さん こんにちは! Windows11を利用できるパソコンを所持している場合では、仕事や生活といった用途で便利に活用する事になりますが、スタートメニューやタスクバーを利用してもそんなに便利に感じない場合も実際にあります。 ...

 

タスクバーとEdgeバー併用が便利

タスクバーの2段表示に対応する方法として、Edgeバーを起動して活用する方法を利用できます。

幸いな事にタスクバーとEdgeバーは併用できるため、便利に活用する事も可能です。

この2つの便利な機能が併用できるため、ワンクリックでアプリを起動したり、お気に入りのウェブページを表示できるようになります。

但し、Edgeバーにはウェブページのアイコンをタブで追加できるに過ぎないため、必ずしも便利に使えるという訳ではないです。

というのも、ブックマークバーではフォルダを作成して利用している場合も有りますが、これができないのでイマイチに感じる部分もあります。

Windows11活用!Edgeバーは自動非表示を有効に設定が最適
皆さん こんにちは! Windows11が利用できるパソコンではMicrosoft Edgeブラウザが標準搭載されているので便利に使っているのでは?と思います。 このEdgeブラウザを便利に活用する場合に役立つのがウィジ...