Windows11タスクバー(設定)で「できる・できない」こと

Windows
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

Windows11が利用できるパソコンを便利に活用する場合では、スタートメニューやタスクバーを攻略する必要も発生するのではないでしょうか?

攻略といっても自分なりに便利に使えれば特に問題ないのですが、以前のバージョンでは普通にできた事でもWindows11では利用できなくなってしまっている部分もあるため、思い通りにはいかなかったりするものです。

因みにタスクバーではどんな事ができて、又はできないのか?も知っておかないと活用に影響が出たりします。

今回の記事は『Windows11タスクバー(設定)で「できる・できない」こと』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Windows11で利用できるタスクバーについて

ここでは、Windows11で利用できるタスクバーについての内容になります。

よく使うアプリをタスクバーから起動

タスクバーを利用する用途としては、ピン留め固定されているアプリを起動する使い方が多いのではないでしょうか?

その他にもWindowsスタートメニューや標準仕様のウィジェットを利用するといった用途でも使う事になるため、必ずといって良いほど利用する機能の1つに該当します。

また、今はあまり使っていないアプリをピン留め固定から取り外すといった使い方も必要になります。

 

クイック設定パネルの表示

タスクバーのWi-Fiやスピーカーのアイコンをクリックすると表示されるのが、クイック設定パネルになります。

ここでは何ができるのか?と言うと、Wi-FiやBluetoothなどの通信のON・OFF設定。

集中モード夜間モードの設定などをスイッチの切り替えで簡単に設定できるようになっています。また音量調節やクイック設定のカスタマイズも行えます。

 

通知やカレンダー表示

タスクバーの日付・時刻が表示されている部分をクリックすると通知カレンダーが表示されます。

また、ここから通知の設定にアクセスできるようになっています。通知のクリアもできるようになっています。

 

スポンサーリンク

Windows11 タスクバーの設定で「できる」こと

ここでは、Windows11のタスクバー設定で、できる事についての内容になります。根源つのカレンダーが表示されるので予定をチェックする場合に役立ちます。

タスクバー項目の表示・非表示

タスクバーには4種類の項目があり、それぞれ「検索」、「タスクビュー」、「ウィジェット」、「チャット」が該当します。

これらのタスクバー項目は、必要に応じて表示・非表示できるようにスイッチになっています。自分にとって最適なタスクバーにカスタマイズできる仕組みなのである。

因みになのですが、ウィジェットは必要ないのではないかな?と思いますが、検索は表示しておいた方が良いと感じます。

その理由としては、活用できるのか?という視点を考慮すると、検索は他に活用方法があるからです。

 

タスクバーのコーナーアイコンの表示・非表示

タスクバーは大きく分けて3つのエリアから構成されています。どのような配分になっているのか?はちょっと分からないですけれども下記のような構成になります。

「アプリなどをピン留めできるエリア」、「コーナーのアイコンを表示できるエリア」、「クイック設定」や「カレンダーを表示できるエリア」

コーナーのアイコンを表示・非表示する設定もタスクバーの設定から行えるようになっています。アプリのアイコンよりも小さなアイコン表示となっています。

 

タスクバーの動作の設定変更も行える

具体的にどのような事ができるのか?と言えば、タスクバーの配置にある選択リストで中央揃えになっているのを左揃えに設定するとタスクバーのアイコンの並びが左揃えになります。

さらには、この状態でWindowsスタートメニューを表示すると、画面の中央に表示ではなく、左端に表示されるようになるので、表示方法を変更したい場合に役立ちます。

これ以外では、タスクバーを自動的に隠したい場合に設定を変更できるようになっています。

 

Windows11 フォルダはタスクバーに追加できない

ここでは、Windows11のタスクバーではフォルダやファイルをピン留めできない!についての内容になります。

アプリはタスクバーにピン留めできる

Windows11で利用できるタスクバーは、アプリをピン留め固定できるようになっているため、毎日のように実際に使っているアプリを📌しておくと便利に使えます。

その反面、タスクバーにアプリをピン留めし過ぎると、逆に使い勝手も悪くなるため、ここに追加するアプリを厳選する必要も発生します。

自分は毎日どのようなアプリを実際に使っているのか?を考慮した上で追加するのが良いのではないでしょうか?

もしくは、スタートメニューを活用する方法も検討してみるのも1つの方法になります。

 

フォルダやファイルはピン留めできない!

タスクバーは、基本的にはアプリをピン留め固定できるようになっていますが、フォルダやファイルは追加できない仕様になっています。

これでは使い勝手がイマイチに感じるので上手く活用できないのではないか?と懸念する場合もあると思います。

でも、フォルダファイルはデスクトップに配置できますから、デスクトップを活用するのが最適な選択になります。

でも、あまり多く配置し過ぎると、ゴチャゴチャになってしまうので使い勝手も悪くなるため、フォルダやファイルの場合でも厳選するのが賢明の選択かも知れません。

 

スタートメニューにピン留めも1つの解決方法

スタートメニューにピン留めできるのはアプリだけではありません。任意で作成したフォルダもピン留めできるようになっています。

この場合では、デスクトップ上にあるフォルダを右クリックすると「スタートメニューにピン留めする」が有るので、これをクリックするだけで良いです。

 

Windows11 タスクバーは2段表示できない

ここでは、Windows11のタスクバーでは、フォルダやファイルがピン留めできないですが、それ以外にも2段表示する事はできないのである。

タスクバーの2段表示の設定はできない

Windows10ではタスクバーを複数段階に表示する事ができましたが、Windows11ではタスクバーの2段表示に対応していません。

それならば設定でどうにか?なるのではないか?と考える場合もありますが、そのような設定はどこにも無いので探さなくても大丈夫です。

アプリでどうにかできるのでは?と考える場合もありますが、探した事がないのでちょっと分かりません。

 

タスクバーを2段表示する解決方法

実はタスクバーの2段表示には解決方法が用意されています。タスクバーではなく、Edgeバーを起動できるようになっています。

Edgeバーって何かな?と思うかも知れませんが、画面の右端に表示できるタスクバーのEdgeブラウザバージョンになります。

Edgeバーによく利用するウェブページを追加しておくと、ワンクリックで表示できるので便利に利用できます。

しかも、このEsdeバーは自動手的に非表示の設定もできるため、見た感じタスクバーが2つ有るような感じに見えます。

Windows11アプリとフォルダはスタートメニューにピン留めできる
皆さん こんにちは! Windows11が利用できるパソコンを新しく購入した場合やアップグレードした場合では使い勝手も少し変わってしまうので違和感を感じると思います。 特に何かとスタートメニューやタスクバーといった機能は...