Windows11 Xbox Game Bar ブラウザ活用方法

Windows
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

Windowsパソコンでは、色々と便利に使える機能や標準でインストールされているアプリもあります。これらの機能や標準アプリは全て利用しているとう訳ではないです。

知っていれば使う場合も有るけれども、実際に常用するのか?は使ってみて便利に感じたら活用するといった感じになると思います。

例えば、ゲームプレイしている画面を録画できるXbox Game Barもその内の1つに該当します。

今回の記事は『Windows11 Xbox Game Bar ブラウザ活用方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Windows11 Xbox Game Bar(ゲームバー)

ここでは、Windowsパソコンで利用できるアプリなどのウィンドウを録画できるゲームバーについての内容になります。

ゲームバーは何に使う?

Xbox Game Barって何だろう?と思う場合では、たぶんあまり関係ないのかな?と考えても何ら問題ないと思います。たぶん、このアプリを使うのか?使わないのか?は時の運次第みたいなものです。

何故か?と言うと、スマホでゲームしていてもパソコンでゲームするとは限りませんし、ゲーム利用していない場合もありますから、このようなパターンではゲームと連想する可能性があります。

実際にはゲームプレイとは関係ないんですけれどもね。

ゲームしている画面を録画したり、スクリーンショットするためのアプリに該当します。ゲーム実況する場合に向いているのかな?といった感じ。

 

ゲームバーの起動方法

ゲームしている画面を録画したいと思った場合に役立つのが、Xbox Game Barになりますが、これはどのように起動するのか?と言えば、基本的には3通りの方法を利用できます。

1つ目はスタートメニューのすべてのアプリを開いて、Xbox Game Barを探して起動 又は 又はスタートメニューにピン留め固定して起動する方法。

2つ目はタスクバーにピン留め固定してワンクリックで起動する方法。3つ目はキーボード・ショートカットを利用して起動する方法になります。どの方法が最適なのか?は個々の判断に委ねます。

因みに、あくまでも個人的な見解になりますが、スタートメニューやタスクバーにピン留めしないでショートカットキーを利用した方が便利に感じます。

 

スポンサーリンク

Windows11 Xbox Game Bar ウィジェット活用

ここでは、Windowsパソコンで利用できるゲームバーはウィジェットが活用できるについての内容になります。

ゲームバーはウィジェットで構成

Xbox Game Bar を起動すると、画面の「左・上・右」キャプチャなどの項目が付いたウィンドウがセットで表示されます。

この1つ1つのウィンドウ枠がウィジェットになっているのが特長の1つに該当します。

そのため、うっかり間違って閉じてしまった場合でも画面の上部にあるツールバーからウィジェットを開く事ができるようになっています。

因みに、ツールバーにあるウィジェットのアイコンをクリックすると、利用できるウィジェットの一覧が表示されます。使ってみたいものをクリックすると表示できます。

 

画面の録画、録画を停止する操作方法

ゲームアプリをしている画面を録画する場合ではキャプチャの中にある「録画を開始する」アイコンをクリックする必要があります。

実際に録画を開始すると、画面右上にある「Xboxソーシャル」のウィンドウ(ウィジェット)に重なるように録画終了ボタンが表示されます。

ちょっと紛らわしいのでドラッグ&ドロップ操作で見やすい位置に移動した方が便利に感じます。

 

ウィジェットは追加できる

Xbox Game Bar で利用できるウィジェットは追加できるので、足りないな~と感じても大丈夫です。

どのように追加するのか?と言えば、Microsoft Storeを開いて、検索ボックスに「game bar」と入力するだけです。

そうすると、ゲームバーで利用できるウィジェットの一覧が表示されるので、実際に使ってみたいアプリをインストールすれば良いです。

新しく追加したアプリはゲームバーのウィジェットから起動できます。

 

Windows11 Xbox Game Bar ウェブブラウザ活用

ここでは、Windowsパソコンで利用するゲームバーはウェブブラウザ活用できるについての内容になります。

Xbox Game Barがウェブブラウザになる

Windowsパソコンでウェブブラウザを利用する場合では、Microsoft EdgeやGoogle Chrome、Operaなどを利用すると思います。

Edgeブラウザであれば標準搭載していますし、Windows11と相性も抜群でかつ、Chrome拡張機能やEdgeバーも利用できるので便利に感じます。起動方法もタスクバーにピン留め固定されているので利用し易いです。

実は、Xbox Game Barをブラウザ活用する方法もあります。この場合のメリットとしてはマウスでタスクバーのEdgeブラウザをクリックする必要がない事かも知れません。

いつものようにキーボード・ショートカットでゲームバーを起動するとブラウザが開くといった活用方法になります。

 

Microsoft Bing ページが表示 及び デメリット

Xbox Game Barをウェブブラウザ活用する場合では、Microsoft Store から、ゲームバーでウィジェット利用できるアプリをインストールする必要があります。

ゲームバーを起動すると、Microsoft Bing ページが表示されるようになるので便利に感じるのですが、その反面デメリットも発生します。

というのも、基本的にはアプリなどの画面をスクリーンショットしたり、画面を録画する用途で利用する場合が多いと思います。キャプチャなどのウィジェットは表示されないので、ウィジェット一覧を開いて表示させる必要があります。

これでも問題ないのか?それとも面倒に感じるのか?によっても使い勝手などの評価も変わって来ると思います。

 

Xbox Game Bar ウェブブラウザ活用する方法

ここでは、Windowsパソコンでゲームバーをウェブブラウザ活用する方法についての内容になります。

Browser for Game Bar インストール

Xbox Game Bar を起動したらウェブブラウザを表示できるようにする場合では、ゲームバー用ウィジェットであるBrowser for Game Barをインストールします。

このウィジェットは、Microsoft Storeで検索してインストールできるため、興味のある方は実際に使ってみるのも良いかも知れません。

Game bar」で検索すれば他のウィジェットも表示されるので「Browser」と表示のあるアプリを追加します。

 

ウィジェットの起動方法

Browser for Game Barをインストールした場合では、どのように起動するのかな?も気になると思います。

基本的には、Xbox Game Barで利用できるウィジェットなので、ゲームバーのツールバーから利用できるウィジェットから利用できるようになるのかな?と思うのは時期尚早です。

というのも、このウィジェットをインストールすると、起動したと同時にMicrosoft Bingのウェブページが表示されます。ゲームバーを立ち上げるだけで良いのである。

検索キーワードを入力して目的の情報を収集することができます。

Windows11 Xbox Game Bar ウィジェット活用方法
皆さん こんにちは! Windowsパソコンで画面を録画する場合に利用するアプリのXbox Game Barはスタートメニューやタスクバーにピン留め固定して起動 又は キーボード・ショートカットでも起動できます。 この録...