Windows11活用!タスクバー拡張Ink Workspaceアプリ使用レビュー

Windows
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

Windows11が利用できるノートパソコンを利用していますが、タスクバーの拡張についてのどうにか?したいかな?と日頃から考えています。

Edgeバーを利用すれば目的の半分までは対応できるようになるので一定の満足はできるのですが、やっぱりアプリをピン留めしないと意味がないですから、そうなるとタスクバーの拡張は避けて通れないかな?といった感じ。

無料で利用できるアプリで実現できればグッド!なのですが、この条件に該当するアプリを見つけたので、とりあえず実際に使ってどんな感じなのか?紹介したいと思います。

今回の記事は『Windows11活用!タスクバー拡張Ink Workspaceアプリ使用レビュー』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Windows11 タスクバーの便利な活用方法

ここでは、Windows11のタスクバーを便利に使う活用についての内容にないます。

タスクバーはカスタマイズできる

Windows11のタスクバーを便利に使うのであれば、自分好みの仕様にカスタマイズするのが最適に感じます。特にマウスのカーソルを乗せるだけてウィジェットが表示するのはウザイと感じるため、このような機能は非表示にした方が良いと思うのでは?

このような場合では「タスクバーの設定」にて誰でも簡単にウィジェットのスイッチをオン・オフできるようになっているので、必要ないと思ったらオフに変更するのも1つの方法になります。

また、タスクバーのアプリのアイコンが中央揃えになっていますが、これを左揃えに変更する事もできるので、興味のある方はやってみるのが良いです。

この場合は「タスクバーの動作」にて変更できます。但し、スタートメニューも左揃えになってしまうので、それでも良いという場合に最適です。

 

アプリで拡張する方法もある

タスクバーにはアプリをピン留めできるようになっていますが、1行表示なので、あまり多くピン留めすると、今度は逆に使い勝手も悪くなってしまうのが実情になります。

このような場合ではタスクバーを2段表示にしたいな~と感じるのですが、残念ながらWindows11ではタスクバーの2段表示に非対応となっています。

それならばどうすれば良いのか?と言うと、アプリでタスクバーを拡張する方法も利用できます。

 

Edgeバーを活用する方法もある

タスクバーを2段表示にしたい場合では、アプリをインストールする方法もありますが、ピンポイントで自分の目的に合致するアプリに辿り着くとは限りません。

この場合では標準機能でどうにか?したいものです。幸いな事にEdgeバーを利用できるため、これを起動する事で、お気に入りのウェブページを登録しておけるタスクバーみたいな物を常時表示できます。

こちらの方法でも良さそうに感じるのは気のせいでしょうか?

 

スポンサーリンク

Windows11活用!タスクバー拡張アプリ

ここでは、Windows11のタスクバーを便利に使う活用する場合に検討しても良さそうに感じるのはタスクバーを拡張できるアプリも有るについての内容にないます。

タスクバー拡張アプリを使う方法

Windows11のタスクバーは2段表示に対応していないので拡張はできないと考えてしまうのは時期尚早になります。確かに標準仕様では対応できませんが、アプリを利用する事でどうにか?なるものです。

この場合では、Microsoft Storeでアプリを見つける必要に迫られます。このストアでは、日本語で検索すると、うまく表示されないので英語のキーワード検索する必要があります。

あと、海外製アプリの場合では日本語に非対応になっているタイプもあるため、使い方や操作方法などは自分でどうにか?克服する必要があります。

それでも問題ない場合では役立つアプリも見つかる場合があります。

 

Microsoft Storeでインストール

実際に、Microsoft Storeでタスクバー拡張アプリを見つけてインストールしていますが、良いな~と感じるのは有料なので本当に見つけるのが大変でした。

インストールしたアプリは「Ink Workspace」というアプリになります。このアプリは無料で利用できますが、日本語に非対応なので直感的に使って使い慣れるといった感じになります。

 

タスクバー拡張アプリ Ink Workspace

それならば、Ink Workspaceというアプリはどんな感じなのか?と言うと、タスクバーのシステムトレイにアイコンを表示させると、使い勝手が超便利に感じます。

というのも、タスクバーと拡張アプリとEdgeバーの3種類を併用できるようになるため、最高な気分になります。これだけで満足な気分を味わえます。

もっと簡単に言えば、Ink Workspace上にアプリをピン留めできるので、タスクバーに追加したいけれども追加できないアプリをこちらにピン留めする事で便利に使えるようになる!というアプリになります。

 

タスクバー拡張アプリInk Workspace使い方

ここでは、Windows11のタスクバーを拡張できるアプリであるInk Workspaceの使い方についての内容にないます。

システムトレイアイコンに表示する場合

① アプリ
Microsoft Storeを開いて、検索のテキストボックスに「Ink Workspace」と入力してEnterを押し、パソコンにインストールします。

 

② 設定
タスクバーの設定を開いて、その他のシステムトレイアイコンを開くと、Ink Workspaceのスイッチが有るのでオンに変更します。

 

③ 確認
タスクバーを見ると、システムトレイアイコンの所にペンのアイコンが表示されます。

 

Ink Workspace ホームにアプリをピン留めする方法

① システムトレイアイコン
タスクバーのシステムトレイアイコンに表示されている「ペン」マークをクリックすると、Ink Workspaceが起動して、Featuredというページが表示れます。

 

② Apps
左側にはアイコンが7個表示されているのを確認できます。上から3つ目にあるAppsをクリックすると、アプリの一覧が表示されます。

 

③ ピン留め
ここに表示されているアプリはホームのFeaturedにピン留めできます。ピンしたいアプリを見つけて右側の📌をクリックして、ホームを表示するとピン留めされてアプリが表示されます。

 

補足事項

① 三本線
三本線のアイコンをクリックすると、アイコンの名称が表示されます。

 

② Action
Actionにある項目をクリックすると、必ずしも便利に感じるという訳ではないので、何もアプリを起動していない状態でクリックした方が良いです。

その証拠に「game bar」をクリックしたら、画面が超拡大表示になってしまって、どうやって元のサイズに戻したら良いのか?困惑して戻すのが大変でした。

 

タスクバー拡張アプリInk Workspaceレビュー

ここでは、Windows11のタスクバーを拡張できるInk Workspaceアプリの使用レビューについての内容にないます。

デメリット

タスクバーを拡張できるアプリのInk Workspaceを実際に使ってみて、デメリットに感じる部分としては日本語に非対応なので使い方は自分で触ってどうにか?するしかないのが実情になります。

これでも問題ないのであればデメリットには当たらないのではないか?というのが個人的な見解になります。

 

便利に感じる部分

Ink Workspaceの便利に感じる部分としては、クリックし易い位置にピン留めしたアプリが表示されるのと、ピン留めする場合がとても簡単という部分が該当します。

何せAppsを開いてマウスのスクロールボタンを上下に操作して📌するだけですから煩わしさがないのである。

 

アプリ使用レビュー

Windowsパソコンでタスクバー拡張アプリのInk Workspaceを使ってみてどうだったのか?の使用レビューになりますが、自分の求めていた事ができたので満足しています。

その反面Actionを攻略しないと活用は厳しいかな?と感じているのも事実です。

どのActionが便利に使えるのか?現状ではよく分からないですから、うまく攻略して使いたいかな?と考えております。