沖縄より南の台湾の冬は暖房がなく寒いため風邪と体調管理に注意を

台湾旅行情報

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『沖縄より南の台湾の冬は暖房がなく寒いため風邪と体調管理に注意を』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

台湾の冬は寒い

台湾というと沖縄よりも南に位置しているため、真冬もポカポカというイメージになりますが、この時期に台湾を旅行すると凄く寒く感じます。日中は暖かいのですが朝晩は寒いので余計に寒さを感じます。

 

台湾のエアコンには暖房がない

先ず、基本的に台湾は冬が短いこともあり暖房がありません。暖房がある場所も実際にありますが、基本的には暖房がないと考えてもらって大丈夫です。

ホテルに宿泊した時にエアコンのリモコンで温度設定を変更すると思いますが、この時にリモコンに暖房という機能は付いていないと思います。

確かにリモコンでは温度を30度に設定できますが、これはあくまでも冷房になります。

 

市内バスの車内も冷房が効いている

真冬だったとしても市内を走っている路線バスの車内は冷房が効いているため、車内は冷蔵庫に入っているような気分になってしまうでしょう。

台湾では真冬だったとしてもバスの車内は冷房が効いているため、防寒着を着ていたとしても寒く感じる場合が多いです。

因みに真冬の時期にタクシーを利用したことがないため、真冬のタクシーの車内はどうなのか?は分かりません。

 

台湾の冬は衣類の重ね着で対応する

台湾には基本的に暖房がないため、寒い場合は衣類の重ね着で対応することになります。日本であれば寒かったら暖房をつければ良いですけど、台湾には暖房がないですから寒かったら衣類を着て対応しないといけません。

冬の寒い時期に台湾旅行する場合はしっかりとした防寒対策が必須になります。

 

冬の台湾は1日の温度差と体調管理に注意

冬の時期に台湾を旅行する場合は体調管理に注意が必要になります。日本の冬は1日を通してずっと低い気温の場合が多いですが、台湾の冬は朝晩は低くて日中は暖かいといった感じなので気温の変化が激しいです。

 

1日の温度差

朝晩は冷えもキツイため、普通に寒いです。日中は日差しが出れば気温は上昇して暖かくなります。夕方頃から徐々に気温が下がり始めて夜は寒いという状況になります。

だいたい1日を通してこのような気温のサイクルになるので、日によっては日中は半袖シャツでも大丈夫といった場合もあります。

昼間暖かいからといって、軽装で観光に出かけると夕方から気温が下がって来るため、寒さを感じることになります。

冬の台湾は確かに日中はに日差しが出ていれば暖かいのですが、朝晩は寒いのでちゃんと防寒着を携帯しておく必要があります。

 

天候が雨天の場合

冬の時期に台湾旅行すると雨の日も遭遇することになります。基本的に雨の場合は日差しが出ないため、日中でも気温は上昇しないこともあり、とても寒い日になります。

このような日だったとしても建物や乗物の車内は基本的に冷房が効いているため、余計に寒く感じます。

ホテルの室内にあるエアコンも基本的に暖房機能がないため、しっかりとした防寒対策をしておかないと寒くてブルブルな旅行になってしまう感じです。

 

体調管理に注意

台湾の冬は日本と違って1日の温度差が激しい感じになるため、身体が気温の温度差に付いていくことが出来ない場合があります。

このような状態の場合は簡単に風邪などを引いてしまうことになるため、臨機応変に体温調節を行う必要があります。

特に旅行では普段の日常生活よりも気が緩みがちになってしまうので要注意になります。

 

スポンサーリンク

 

冬に台湾旅行する場合は風邪と服装に注意

冬のシーズンに台湾旅行する場合は風邪への対策も必要になります。この時期は空気も乾燥しているため、喉の粘膜も乾きやすいです。その結果、風邪などのウィルスが体内に侵入しやすくなってしまいます。

 

冬は風邪を引きやすい環境

台湾の夏は湿度が高いこともあり蒸し暑いですが、冬は日本と同様に空気が乾燥しているため、喉の粘膜も乾きやすくなってしまいます。この時期に台湾旅行する場合はマスクの着用が必須になります。

それだけでなく、暖房がないため、保温性を保つには衣類の重ね着が必要になるため、そんな都合よく羽織れる衣類を持参していない旅行では対応できない場合もあります。

さらには、1日の気温の変化も激しいこともあり、日本の冬の気温に慣れてしまっている人にとっては厳しい感じです。

台湾旅行に持参する医薬品は風邪薬は勿論のこと、発熱対策医薬品のど飴も持参した方が良いのではないか?と考えます。

 

冬の服装

冬だったとしても昼間の気温が20度以上になる場合もあるため、直ぐに脱げるような服装が良いと思います。それでいて重ね着できる対応も求められます。

インナーはヒートテックの上下、中間着や上着としても便利に着こなせる衣服があると重宝します。リバーシブルの衣服も有った方が良いですけど、どちらか?というと、冬のシーズンはリバーシブルよりも中間着&上着として利用できる衣服の方が良いです。

 

ステンレスボトル

冬の時期にステンレスボトルを持参した方が良いかも知れません。冬は空気も乾燥しているため、喉の粘膜も乾きやすいですから、こまめに喉の潤いにも気を配る必要があります。ホテルではお湯もゲットすることが出来るため、ステンレスボトルにお湯を入れて持ち歩くといったことも必要になります。

 

夏の台湾旅行は冷房と温度差に注意!店内や乗物車内は寒く外は蒸暑い
皆さん こんにちは! 今回の記事は『夏の台湾旅行は冷房と温度差に注意!室内や鉄道バスは寒く外は蒸暑い』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 夏に台湾旅行する場合は...

コメント