Amazfit GTS 4 Mini スマートウォッチ・レビュー

ガジェット
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

日常生活を健康に過ごす場合では定期的な運動やしっかりとした睡眠も必要になります。このような場合ではどのように管理しているのかな?

スマートフォンと連携して利用できるスマートウォッチが有ると装着しているだけで計測できたりするので便利に感じます。

とはいえ、Apple Watchのように高機能なタイプから安価で購入できるタイプまで有るのでどれを選択すれば良いのか?も悩みのタネだったりします。

今回の記事は『Amazfit GTS 4 Mini スマートウォッチ・レビュー』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Amazfit GTS 4 Mini スマートウォッチ

ここでは、スマートウォッチのAmazfit GTS 4 Miniについての内容になります。

Amazfit GTS 4 Mini 仕様

サイズ  : 1.65インチ

重量等  : 19g

解像度  : 336 × 384、309ppi

バッテリー: 270mAh(最大15日

スポーツ : GPS内蔵(5衛星)、自動スポーツ認識、

特筆事項 : ZEPP OS、常時オンディスプレイに対応

付属品等 : USB充電ケーブル、説明書など

その他  : Alexa搭載

 

Android、iPhoneと連携できる

Amazfit GTS 4 MiniはスマートフォンとBluetoothペアリング設定して利用できるスマートウォッチになります。

ペアリング設定は専用アプリのZeppで行います。このアプリはAndroidスマホとiPhoneに対応しています。

iPadは対応していないので注意が必要になります。

 

スマートウォッチの充電方法

付属のUSB充電ケーブルがありますが、このケーブルにはマグネットが内蔵されています。

スマートウォッチ本体の裏面にマグネット付USB充電ケーブルを近づけると吸着します。

但し、ちゃんと向きは自分で合わせる必要があるので注意が必要になります。

 

スポンサーリンク

Amazfit GTS 4 Mini 機能や特長など

ここでは、Amazfit GTS 4 Mini の機能や特長についての内容になります。

自動計測

スマートウォッチを腕に装着しているだけで、歩数・距離・消費カロリー・睡眠・心拍などを自動計測してくれるので便利に感じます。

でも、ウォーキングする場合では、距離や実際に要した時間も関係あるため、ZeppアプリのホームページのマイツールにあるウォーキングにてSTARTの操作が必要です。

この場合では、ウォーキングから帰ってきたら、ウォーキング終了もボタンをタップして終了させる必要があります。

 

睡眠時間の計測

睡眠時間は本当に合っているのかな?とちょっと疑わしいのですが、寝る時にスマートウォッチを装着して寝ると「睡眠スコア、睡眠時間、深い眠りの時間」を計測してくれます。

どうして疑わしいと感じるのか?と言えば、自分では快眠している筈なんだけれども睡眠時間を計測してみるとそうでもない結果になってしまうからです。

どの程度まで正確な結果なのか?ちょっと分からないので何とも判断のしようがないのが残念といった感じです。

 

血中酸素濃度の測定

パルスオキシメーターではないのですが、Amazfit GTS 4 Mini には血中酸素濃度の測定機能が搭載されています。

正確性といった観点から考慮すると、あくまでも参考値という範囲内での使い方になってしまうのかな?というのが率直な感想になります。

 

体温測定に非対応

体温測定できるスマートウォッチもありますが、Amazfit GTS 4 Mini は体温測定の機能は搭載されていません。

 

Amazfit GTS 4 Mini 常時オンディスプレイ対応

ここでは、ここでは、Amazfit GTS 4 Mini の常時オンディスプレイについての内容になります。

常時オンディスプレイ

スマートウォッチで便利に感じる機能と言えば、常時オンディスプレイも該当しますが、Amazfit GTS 4 Mini ディスプレイの常時オンに対応しています。

これは素直に嬉しいと感じるのですが、実際にはそんなに拘る必要はないのではないか?と実感します。

何故か?と言うと、メリットでもありますけれどもデメリットでも有るので実際には一長一短と言った方が正解だからです。

 

常時オンにするとバッテリー消費が早くなる

ほんのちょっとの時間(5分未満)だけなのですが、実際に常時オンに設定してみたところ、バッテリー消費のスピードが早くなった感があります。

バッテリー充電90% → 86%になったので、これは常時オンに設定すると直ぐにバッテリー切れになってしまうパターンに感じました。

腕を持ち上げて表示オンにする設定の方がバッテリーを効率よく消費できるという結論に到達しています。

 

Amazfit GTS 4 Mini ウォッチフェイス

ここでは、Amazfit GTS 4 Mini の文字盤についての内容になります。

文字盤は変更できる

スマートウォッチの場合では文字盤を変更できるようになっている場合が多いです。スマホと連携するアプリで簡単に設定変更できるのである。

Amazfit GTS 4 MiniではZepp OSが搭載されているため、専用アプリはZeppになります。このアプリでウォッチフェイスの変更も行えます。

 

実際に変更する場合

Amazfitのスマートウォッチでも地盤を変更する場合では、Zeppアプリを開いて、プロフィールに有るマイデバイスをタップすると文字盤があります。

この文字盤を選択するとウォッチフェイスカスタマイズができるようになります。豊富に用意あれているといった感じではないのですが変更できる文字盤は多いと思います。

この中から自分にとって最適に感じる文字盤を選択すると、「同期」ボタンが表示されるので同期をタップすると変更できます。

 

文字盤変更の補足事項

文字盤を変更する場合では、必ず1つのウォッチフェイスを変更となります。いくつも選択してスマートウォッチに送信できるといった感じになっていません。

そのため、設定したは良いけど他の文字盤が良いという場合では、同期をその都度、行う事になります。

 

Amazfit GTS 4 Mini スマートウォッチ・レビュー

ここでは、Amazfit GTS 4 Mini の評価レビューや感想についての内容になります。

イマイチに感じる部分

Zeppアプリの利用登録も含めて、初期設定の一連の作業がちょっと面倒に感じるといった部分がイマイチに感じます。

初めてAmazfitのスマートウォッチを購入したので致し方ないのですが、ペアリングすれば直ぐに利用できると思っていると大変に感じると思います。

これ以外には無いのかな?と言えば、常時オンディスプレイも該当します。常時オンに設定するとバッテリー消費が早くなるので現実的な選択とは言えないです。

あくまでも対応していますよ!という感じなんじゃないのかな?

 

開封レビュー

これまでスマートウォッチをいくつか?実際に購入していますが、ウォッチとベルトが分離されている状態で箱に入っている場合が圧倒的に多いです。

何かと面倒に感じるバンドの取付作業も必要になります。

でも、Amazfit GTS 4 Mini の場合では開封すると、最初からバンドが取付されている状態なので、とても親切に感じます。

 

評価レビュー

スマホはiPhoneを利用しているのですが、Apple Watchは買わないでAmazfit GTS 4 Mini を購入しています。

どうしてApple Watchを選択しなかったのか?と言えば必要にないんですよね。スマートウォッチでSuicaも利用できて便利に感じるけれども、そもそもiPhoneでApple Payを利用していないのである。

スマートウォッチに求めているのは定期的な運動に役立てるのと現在時刻の確認だけなので、この用途に適合しているのが重要です。

買ってどうだったのか?のレビューになりますが、約1ヶ月ぐらい時間を掛けて検討して購入しているのでハズレの結果にはなっていません。

バンドはミントブルーなのですが、このカラーも十分に有りだと実感します。付けやすいのも便利です。

iPadでスマートウォッチを使う方法!FitCloudPro連携
皆さん こんにちは! 毎日の日常生活では色々なデバイスを便利に使っていますが、その中の1つにスマートウォッチも有るのでは?と思います。いやいや、腕時計があれば十分という場合もあるので、必ずしも利用しているとは限らないです。 ...
ガジェット
スポンサーリンク
スポンサーリンク
asunao