超小型USBシェーバー USB Type-C 髭剃りレビュー!出張・旅行の便利グッズ

便利グッズ
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

出張や旅行といった場合ではホテルなどの宿泊先にカミソリなどがサービス品として用意されている場合がありますが、使い慣れていないと、カミソリ負けもあります。

それに日頃の日常生活ではカミソリよりもシェーバーを利用している場合では、どちらか?と言うと、シェーバーの方が良いと感じるので、シェーバーを持参してサービス品は使わないで持ち帰る場合もあると思います。

出張や旅行に持参に向いているシェーバーとなると、充電式でかつ小型軽量が望ましいため、必ずしも最適な選択が行えるのか?一概には何とも言えないのが実情になります。

やっぱり出張や旅行の用途に向いているのは小型でかつ軽量の方がコンパクトに収納できるので最適に感じます。正にこのような用途に向いているのが、USB Type-C に対応したシェーバーだと感じます。

今回の記事は『出張や旅行に持参すると便利に使える超小型 超軽量 USB Type-C ミニシェーバー(DECEM ミニシェーバーの類似品)の評価&レビュー』についての内容になります。

 

スポンサーリンク

超小型USBシェーバー(USB Type-C 髭剃り)

ここでは、通勤や出張・旅行に持参すると便利に感じる超小型 USB Type-C ミニシェーバーについての紹介になります。

超小型 USB Type-C ミニシェーバー 仕様

サイズ : 50mm × 32mm

重量等 : 約 40g

付属品 : 専用ケース、USB Type-A Type-C 変換アダプタ、USBケーブル、ブラシ

備考等 : 保護キャップあり、日本語説明書なし

 

コンパクトな形状・サイズ

この超小型 USB Type-C ミニシェーバーは見た目や実際に持った場合もそうなのですが、とても小さい部類に該当する電気シェーバーに該当します。

形状は丸みを帯びていている円柱タイプなので持ち易い反面、、落下したりするとコロコロ転がってしまうので要注意となります。とはいえ。あまり高い位置からの落下は故障の原因にもなるため、落下させないようにするのが賢明の選択になります。

尚、保護キャップの中央部分と本体底部には窪みがあります。この窪みは何の為にあるのかな?と思ってしまいますが、たぶん、デスクの上に縦向きで置けるように有るのかな?と個人的に考えます。

因みに、本体底部にある窪みには、USB Type-C端子が装備されていますが、縦向きに置く場合は、底部ではなく、保護キャップ側を下向きにして置いた方が良いです。

その理由としては、汚れやホコリなどが付着する可能性があるからです。

 

USBミニシェーバーの付属品

① 専用ケース(巾着袋みたいな感じ)
② USB Type-C ケーブル
③ USB Type-A Type-C 変換アダプタ
④ ブラシ
⑤ 説明書(日本語の説明書ではないです)

 

スポンサーリンク

超小型 USB Type-C ミニシェーバー 機能や特徴

ここでは、小指よりも小さくて小型の電気シェーバーである USB Type-C ミニシェーバーの機能や装備等の詳細内容についての紹介になります。

USB Type-C 対応のUSBシェーバー

USB Type-C を搭載しているのが特徴の1つとなります。というのも、たいていの場合では、MicroUSB端子になっている場合が多いからです。でも、このミニシェーバーはUSB-Cに対応しているので便利に感じます。

特に日常生活の必需品であるスマートフォンやモバイルバッテリーからUSB Type-Cケーブルで給電できるため、別途コンセントがなくても便利に使えます。

モバイルバッテリーは、USB Type-C に対応していない場合が多いですが、付属されているUSBケーブルは USB Type-A Type-C 対応なのでUSB Type-C対応じゃなくても問題ありません。

それならば、両方ともUSB Type-C 端子の組み合わせの場合はどうすればよいのか?という疑問も発生しますが、この場合でも大丈夫です。USB-Cに対応するUSB変換アダプタが付属されているので、この変換アダプタを挿し込みすれば対応できます。

このような配慮もされているので、便利に感じます。

 

装備などの詳細

① 強力なパワフル仕様
毎分6500回転するモーターを搭載しているのでパワフルに髭剃りができます。

 

② 回転刃
回転式1枚刃を搭載しています。

 

③ 網刃
マグネット式の網刃を搭載しているため、簡単に着脱できます。実際には爪でちょっと挿し込んで持ち上げる感じで着脱となります。

尚、網刃は本体から切り離して水で丸洗いできます。

 

補足事項

① 水洗い
ミニシェーバー本体の丸洗いはできません。水で丸洗いできるのは、あくまでもマグネット式の網刃のみです。

 

② USB Type-C 対応
USB Type-C に対応しているスマートフォン、iPad Air、iPad Pro、ノートパソコンで利用できます。

 

超小型USBシェーバーのメリット・デメリット

ここでは、DECEM ミニシェーバーの類似品の超小型USB Type-C ミニシェーバーのメリット・デメリットについての内容になります。

USB Type-Cに対応しているのがメリット

USB Type-C 対応なので、通勤・出張・旅行でも持ち歩いているスマートフォンから給電できます。別途、コンセントを持ち歩かなくてもスマホから給電できるので便利に感じます。

その反面、スマートフォンのバッテリーが減る事になるので、モバイルバッテリーは常に携帯しておいた方が無難です。

可能ならば、スマートフォンを1回分満充電できる容量のバッテリーでは心もとないと感じるため、プラスαの容量を持ち歩いた方が良いと思います。

因みに、モバイルバッテリーからも給電できるため、自分にとって最適に感じる方法で利用するのが賢明な方法となります。

 

充電機能を搭載していないのがデメリット

USB Type-C 対応の超小型ミニシェーバーには実はデメリットがあります。

それは何なのか?と言うと、充電に非対応なのである。充電できないため、必ずコンセント 又は スマホのモバイルバッテリー、もしくは、パソコンのUSBポートから給電する必要があります。

これでは、思い立ったら直ぐに利用できないので、通勤等に携帯するモバイルバッテリーも考慮が必要になります。何故か?と言うと、大きいサイズだとサッと取り出して給電とはいかないからです。

なるべく小さくて邪魔にならないサイズでかつ、最低でもスマホを丸1~2回分、丸ごと充電できる容量が最適なのではないかな?と個人的に考えます。

 

気になる部分

全体的に手に持った場合に滑りやすいと感じます。特にそのように感じるのは指に持った場合。落下するような事はないのですが、気を付けた方が良いのではないか?と思います。

 

超小型 USB Type-C ミニシェーバー 評価・レビュー

ここでは、DECEM ミニシェーバーの類似品である超小型 USB Type-C ミニシェーバー 評価・レビューについての紹介になります。

使ってみてイマイチに感じた事

この商品は、DECEM ミニシェーバーの類似品に該当しますが、日本語の操作説明書が付属されていないため、一見すると、どうやって操作すれば良いのだろうか?と思ってしまいます。

何せ、電源スイッチがないですから、もしかして、大当たりを引いてしまったのかな?と思ってしまいます。USBケーブルを挿し込むと電源ON、USBケーブルを抜くと電源OFFとなります。

正直のところ、こういう仕組みはどうなんだろうか?というのが率直な感想になります。

 

スマホからでも給電できるのは便利

推奨はモバイルバッテリーからの給電にて使用する方法になりますが、そんなに都合よくサッと取り出せない場合もあります。このような場合では、急場しのぎという事でスマートフォンから給電するのも1つの方法になります。

但し、Androidスマートフォンを所持している人限定かも知れません。というのも、iPhoneシリーズではLightning端子ですから、別途変換アダプタが必要になります。

専用ケースに収納した状態でも、とても小さいですから、スマホのように衣類のポケットにも簡単に収納できるサイズ感になるため、スマホと一緒に持ち歩く事も可能です。

 

評価レビュー

USB電動シェーバーは iShave を購入した事がありますが、これよりも軽量でかつ、圧倒的にコンパクトな形状で、USB性能も良いので携帯性も抜群に感じます。

iShaveの場合では、USB充電できるタイプになりますが、その反面、満充電までの時間がとても長いので、あまり実用的に感じませんでした。

でも、このミニシェーバーはUSB Type-C 端子を装備しており、Androidスマートフォンからも給電できるので、まさにモバイルには最適です。

本体重量も僅か40gという軽さなので、外出先に持ちるく用途にも向いています。

でも、スマートフォンは日常的に携帯しているので給電方法に困らないため、この観点から考慮すると個人的な評価は高いです。

出張や旅行に持参したい便利グッズに該当します。

 

超小型 USB Type-C ミニシェーバー 使い方

ここでは、USB Type-C ミニシェーバーの使い方についての紹介になります。せっかく買ったは良いけど、どうやって使うのか?分からないと購入した意味がないです。

保護キャップの取り外し、取り付け方法

① キャップ取り外し
キャップはどのように取り外せば良いのだろうか?と思ってしまいますが、回しても取り外す事ができません。

キャップには1箇所だけ引っ掛ける部分があるので、この部分を親指の爪で引っ掛けるように開くと簡単に取り外せます。

 

② キャップ取付
今度は逆にキャップを取り付ける場合は押し込むとカチッとドッキングするので簡単です。

 

超小型 USB Type-C ミニシェーバー 使い方

① 電源ボタン
先ずパッと見れば一目瞭然なのですが、本体をどこを見回しても電源スイッチがありません。

 

② 使い方
どうやって使えば良いのか?と言えば、スマートフォン 又は、スマホの充電用に持ち歩いているモバイルバッテリーにUSB Type-C ケーブルを挿し込んだ上で、超小型・超軽量ミニシェーバーに接続すれば電源が入ります。

 

③ 保護キャップの着脱方法
保護キャップは回して着脱となります。持ち上げても外れないので要注意です

 

お手入れする場合

マグネット式の網刃は取り外せるのですが、この時にどうやって取り外すのだろうか?と思ってしまうぐらいに取り外せないですが、よく見ると親指の爪が入るぐらいの窪みが1箇所だけあります。

この窪みに親指の爪を引っ掛けて開くように開けると、簡単にマグネット式の網刃を取り外す事ができます。