Windows11対応ノートPC ASUS VivoBook R543MAレビュー

パソコン・周辺機器
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

パソコンを利用していると、ある日突然に電源が入らなかったり、キーボードの文字が消えて見えなくなっていたり、再起動しても正常に動作しなかったりする場合もあります。

キーボードの文字が消えて見えなくなった場合では、日本語JISのキーボードシールを購入して各キーに貼り付ける事で修復して再生できますが、再起動しても正常に動作しないといった場合では流石にPCの買い替えも検討する事になると思います。

家族が使っているノートパソコンがこのような状態になり、家電量販店で即断即決して購入したノートパソコンがあります。流石に即断即決で購入するとは?ちょっとビックリです。

今回の記事は『Windows11対応ノートPC ASUS VivoBook R543MAレビュー』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Windows11対応ノートPC ASUS VivoBook R543MA

ここでは、Windows11に対応しているWindowsノートPCのASUS VivoBook R543MA(15.6インチ)についての内容になります。

ASUS VivoBook R543MA 15.6インチ 仕様

サイズ : 381mm × 251mm × 272mm

重量等 : 1.9Kg

画面等 : 15.6 インチ、1366×768ドット (WXGA)

性能等 : CPU Celeron N4020、メモリ 4GB、SSD 256GB、Windows10

ソフト : Microsoft Office Home and Business

付属品 : 電源コンセント、説明書、Officeのプロダクトキー

備考等 : テンキー(10キー)有り、30万画素Webカメラ内蔵

 

各種インターフェース、通信等

① 端子等
USB2.0 × 2、 USB 3.0 × 1、HDMI、SDカードリーダー、DVDドライブ

 

② 通信等
ヘッドホン、無線LAN : ac/n/a/g/b、Bluetooth 4.1

 

スポンサーリンク

Windows11対応 ASUS VivoBook R543MA 機能

ここでは、WindowsノートPCのASUS VivoBook R543MA(15.6インチ)の機能についての内容になります。

Windows11対応

ASUS VivoBook R543MAは、Windows10 Home 64bit を搭載しているノートパソコンになります。購入してセットアップしたからといってWindows11が利用できるという訳ではないのである。

それならば、どうしてWindows11対応なのか?と言うと、あくまでも自分でアップグレードするとWindows11にする事ができますよ!という感じ。

因みに、実際にWindows11にアップグレードしているため、ちゃんと確認済です。

 

Microsoft Office Home and Business が利用できる

このパソコンには、Microsoft Office Home and Business がプリインストールされているため、別途Officeソフトを購入する必要がありません。

Officeのプロダクトキーが付属品に含まれているため、「Word、Excel、PowerPoint、Outlook」のどれか?を最初に起動した時にプロダクトキーを登録すれば利用できます。

Office無しを購入の場合では、Office互換アプリを購入する又はGoogleドキュメント・スプレッドシート・スライドを利用するなどの対策も必要になりますが、その心配がないのは便利に感じます。

 

テンキー(10キー)あり

このパソコンにはテンキーが搭載されています。

流石にテンキー電卓のように「00キー」は搭載していないのが残念に感じますが、それでもノートパソコンで10キーが利用できるので使い方によっては便利に感じると思います。

 

Windows11対応 ASUS VivoBook R543MA デメリット

ここでは、WindowsノートPCのASUS VivoBook R543MA(15.6インチ)のメリット・デメリットについての内容になります。

Windows11対応がメリットの1つ

① Windows11
Windows10を搭載しているノートパソコンですが、Windows11にアップグレードできる部分がメリットに感じます。

個人的にはWindows10の方が便利に感じますが、最新OSであるWindows11に対応しているので活用できるのではないか?と思います。

 

② Windows11アップグレード
ASUS VivoBook R543MAをセットアップするとWindows10でセットアップされます。

Windows11にアップグレードする場合は、Microsoftのホームページからダウンロードしてインストールとなります。

 

デメリット

Windows11に対応しているASUSノートパソコンのVivoBook R543MAに搭載されているタッチパッドがサイズの割には意外と小さいと感じる部分がデメリットになるのかな?というのが個人的な見解になります。

15.6インチのノートパソコンなのですから、もう少し大きいサイズのタッチパッドでも良さそうに感じるのですが気のせいなのかな?といった感じ。あくまでもタッチパッドを利用する事を前提としているため、このように感じるのである。

でも、マウスを利用するのであれば、タッチパッドは使わないため、サイズが小さくても問題ないです。そのため、マウスを使うのであれば特に気にする必要はないと思います。

 

気になる部分

このパソコンの気になる部分としてはテンキー(10キー)が該当します。10キーが搭載されているので便利に感じますが、Enterキーの直ぐ右側にあるので、もう少し離してくれた方が良かったのにな~と感じます。

その理由としては、13.3インチのASUS Zenbook 13 を仕事用PCとして利用しているため、Enterキーの右側にもキーが普通に並んでいると打ち間違いする可能性があるからです。

何気ないキーボード操作だったとしてもEnterキーが右端にあるため、いつもの感覚で右端にEnterキーが有ると思ってしまうのである。これは使い慣れるまでは辛抱するしかないのが実情になります。

 

Windows11対応 ASUS VivoBook R543MA レビューや感想

ここでは、WindowsノートPCのASUS VivoBook R543MA(15.6インチ)の評価レビューや感想についての内容になります。

15.6インチは見やすいが、USBポートは微妙

実際にASUS VivoBook R543MAを使ってみた感想としては、15.6インチサイズなので画面が見やすいのと、1つ1つのキーサイズも比較的に大きいですから入力しやすいです。

それでいて、USB端子も3つ搭載していますから、別途USBハブを利用しなくてもUSBに困る事はないのではないか?と感じます。でも、そのように思うのは時期尚早だったりします。

その理由としては、USB 3.0 Type-A が1つ、USB 2.0 Type-A が2つ搭載されているからです。購入する時は、USBポートもチェックした方が良いと思います。

 

評価レビューや感想

15.6インチのASUS VivoBook R543MAは家族が購入していますが、CPUやメモリは気にする事なく買っています。家族にとってはPC性能等は気にしないのである。

自分にとって使いやすいパソコンなのか?を基準としているため、Microsoft Officeが利用できて、USBハブを使わなくても便利に利用できる15インチ以上のノートPCという基準での購入となります。

パソコンの選び方というのは個人差があるため、一概には何とも言えませんが、本人が購入して満足できるのか?が全てなのではないか?と感じます。

買ってどうだったのか?と言えば、本人は満足しているため、良い買物だったのではないか?と思います。

Windows11ノートPC NEC Lavie N1576/BAL(i7 16GB 512GB)レビュー
皆さん こんにちは! 新しくノートパソコンを買いたいな~と思った場合では、自分にとって最適に感じる機種をいくつかピックアップしてから比較検討などを行った上で購入すると思います。 ピンポイントでこれぞ!と思えるパソコンが有...