iPhone両面ガラスケースのレビュー!スライドボタンでロック

スマホ・タブレット
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPhone 13 で利用していた片面保護の耐衝撃対応ケースが壊れてしまったため、新たに購入したのが2種類の両面ガラスケースになります。どうして2種類も買ったのか?と言えば、1つに絞り込む事ができなかったからです。

1つはマグネットでケースをロックするタイプのケース。もう1つはマグネットでロックしないタイプのケースになります。どっちが良いのか?決めるに決められない状態だったので両方買っています。

どちらも基本的には両面ガラスケースなのでガラスフィルムを貼付する必要がないのが魅力的に感じます。

今回の記事は『スライドボタンでロックするiPhone両面ガラスケースのレビュー』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

スライドボタンでロックのiPhone両面ガラスケース

ここでは、スライド式トグルボタンでロックするタイプのiPhone両面ガラスケースについての内容になります。

見た感じの印象

商品が到着して最初に感じた事は、そうやってiPhoneをセットするのかな?というのがとても気になっています。というのも、開こうとしても簡単に開けられないからです。

商品が到着した時点で、何と!両面ガラスケースはロックされた状態で到着するのである。流石にちょっと困りましたが、どうにか?クリアしています。

あと、実際に持ってみると、これは本当にガラスケースなのかな?と感じるぐらいに軽量だったので、買って良かったな~というのが最初の感想になります。

 

マグネットでロックしないタイプの両面ガラスケース

マグネットでスマホケースをロックするタイプの場合では、指の皮膚を少し挟み込んでしまう場合があります。少しでも挟んでしまうと痛いと感じるため、なるべくなら痛い思いはしたくないものです。

この事を考慮すると、マグネットでロックしないタイプのiPhoneケースも良いかな?と思ったりするので、とりあえず、トグルボタンをスライドするだけでロックできるタイプのケースを購入しています。

四角いカメラ部分も保護するタイプでかつ、見た感じもスタイリッシュに見えるので購入して良かったかな?と感じます。

 

意外と軽量

このケースを手に持って思うのが、本当にガラスケースかな?と感じます。両面ガラスケースなのに、こんなに軽いのかな?って感じ。

どうして、このように思うのか?と言えば、マグネット式の両面ガラス保護ケースも所持していますが、こちらはそれなりに重たいので、気になりました。

 

スポンサーリンク

スライドボタンでロックのiPhoneガラスケース特徴

ここでは、マグネットを利用しないで、スライド式トグルボタンでロックするiPhone両面ガラスケースの特徴についての内容になります。

スライド式トグルボタンでロックする

このiPhoneケースは、マグネットでケースをロックするタイプではなく、スライドできるトグルボタンを利用してケースをロックするスマホケースになります。

背面カバーと前面カバーのはめ込みがしっかりしていないと、ロックしている状態の場合でも簡単に前面カバーが開いてしまうという何ともマヌケな展開になってしまいます。

そういった意味では、ちょっと使い勝手が悪いような気がします。

 

iPhoneケースを開く方法

① iPhone セット
両面ガラスケースのトップにあるトグルボタンを横にずらしてスライドすると、ケースが自動的に開きます。その上でiPhoneを前面ケースにセットします。

 

② 背面ケース
背面ケースの底部を合わせた状態で上部を押してカチッと閉じる。カチッと音がしない状態だと、後でロックした時に上手くロックできなくて開いてしまうので要注意。

 

iPhoneをセットするにはコツが必要

iPhoneをケースにセットする前は簡単に前面カバーの開け閉めが簡単なのですが、iPhoneをセットすると意外と苦労します。

どのように苦労するのか?と言えば、ケース全体をよく見ると、出っ張っている部分が見えるといった感じ。

この状態でトグルボタンをスライドしてロックしても簡単に開いてしまうので、しっかりとはめ込んで有るのか?確認してからじゃないとスライド式ロックは利用しても意味がありません。

 

マグネットでロックしないiPhone両面ガラスケース購入レビュー

ここでは、スライドボタンでロックするiPhone両面ガラスケースの購入レビューやデメリットについての内容になります。

メリット

このケースを購入してメリットに感じる部分が有るとすれば、とても軽量なケースを実感できるという部分が該当します。両面ガラスケースの割には意外と軽量なのである。

フレーム部分もとても軽量な航空機で採用しているアルミ素材を利用しているため、ケース全体が軽量になっているのも関係あるんじゃないのかな?といった感じ。

これ以外のメリットはカメラ部分の保護が該当します。でも、レンズは保護されていないので要注意。

 

デメリット

一見するとデメリットに感じる部分は、見当たらないのですが、iPhoneをケーにセットするにはコツが必要になると言う部分がデメリットに該当するのではないか?と個人的に考えます。

これだと、誰でも簡単にセットできない事を意味しますから、使い勝手が良いとは言えないと思います。

なるべく簡単にセットできて、取り出す事ができた方が良いですから、この点を考慮すると、便利ではないと言った方が正解になります。

 

購入レビュー

このケースを購入してどうだったのか?になりますが、ガラスフィルムを購入してディスプレイに貼付しなくても良いのが便利に感じます。

やっぱり、ガラスフィルムの貼付は気を使いますし、綺麗に貼れない場合や気泡が入って残ってしまう場合も有るのでストレスを感じる作業になります。

でも、両面ガラスケースなので、この面倒に感じる作業をやらなくても済むだけでなく、とても軽量なスマホケースなので一石二鳥といった感じです。だからと言って、買って正解に感じるのか?は実際に使ってみないと何とも言えないと思います。

 

ボタンでロックするiPhone両面ガラスケースの使用レビューや感想

ここでは、マグネットを利用しないでスライド式トグルボタンでロックするiPhone両面ガラスケースの使用レビューや感想についての内容になります。

スライド式トグルボタンの使い勝手

トグルボタンでロックするタイプのiPhoneケースでは、このボタンの使い勝手が重要になりますが、ハッキリ言えば、使い勝手は悪いです。

iPhoneをセットする前は非常に軽快な動きをするのでロックやロック解除も簡単なのですが、一度iPhoneをセットしてしまうと、どうやってロックを解除すれば良いのかな?といった感じで全くボタンが動かないのである。

これでは残念ながら使い勝手が良いとは言えないので、、この部分の評価はガタ落ちと言った方が正解になると思います。

見かけ倒しになってしまいますから、ちゃんとiPhoneを取り外せるようにしてもらいたいものです。

 

使用レビューや感想

iPhoneをトグルボタンロック式の両面ガラスケースに装着しない状態で、トグルボタンをロックすると、簡単にロックできますし、取り外すのも容易なのが実感できます。

でも、iPhoneをケースにセットした上で、トグルボタンでロックを行ってしまうと、iPhoneをケースから取り出す時に苦労します。何故か?と言うと、トグルボタンのロック解除ができないのである。

筆者の場合はアレコレ試行錯誤を繰り返して、どうにか?自力で解除に成功しているのですが、とても時間を要しました。どのようにロックを解除したのか?と言えば、Lightningポートの部分を上に持ち上げるとパカッと開くので、このやり方で解決となります。

正直のところ、セットすると取り外しが面倒なiPhoneケースだな?というのが質直な感想なので、個人的には評価が低いかな?と思うかも知れませんが意外と評価は高いです。

その理由としては、これは本当にガラスケースなのか?と思えるぐらいに軽量なので、本体重量に関しては申し分ないです。

iPhone 13 レビュー!Androidスマホから乗り換え感想
皆さん こんにちは! 新しいスマホを購入したいな~と思った場合に真っ先に候補の1つに入って来る機種と言えば、iPhoneシリーズなのではないでしょうか?どうしてなんだろうか?と不思議に思ってしまうのですが、魅力的に感じるので仕...