LINEスタンプ販売!スタンプは売れない。副業や副収入に不向き

LINE
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

毎日の日常生活ではスマートフォンは必需品に該当しますが、そのスマホでよく利用しているアプリと言えば、メッセージアプリのLINEも含まれていると思います。

このLINEアプリではスタンプを利用していると思いますが、自分で使っているスタンプは無料でダウンロードできるスタンプを使っているのでしょうか?

何だかんだ言っても無料で利用できるスタンプは新鮮味もありますから便利だったりします。でも新鮮味を求めるのであれば、自分で制作してみるのも1つの方法になります。

自分のスタンプを販売できますから、プラスαの魅力も出て来るのではないでしょうか?

今回の記事は『LINEスタンプ販売!スタンプは売れない。副業や副収入に不向き』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

LINEスタンプは販売できる!貴方は販売するのかな?

ここでは、LINEで利用しているスタンプを自分で制作して販売する事ができますが、貴方は販売するのかな?についての内容になります。

スマホやパソコンで作れる

LINEスタンプメーカーというアプリを利用すると、誰でも簡単にLINEスタンプを制作できます。制作したスタンプは申請して承認されると販売できるようになります。

スマホではなく自宅のパソコンでスタンプを制作する場合では、無料で利用できるペイントソフトを使ってLINEスタンプを作成できるため、スマホよりも便利かも知れません。

思い立ったら、自分にとって最適な方法でLINEスタンプが作成できるのは魅力的に感じます。とはいえ、自分には絵心が皆無なので自分のスタンプは持ちたいけど販売できないな~と感じる場合もあると思います。

この場合では、得意な人に制作してもらうのも1つに方法になります。スキルマーケットのココナラで安価に制作を請け負ってくれる方も自裁にいるので利用してみるのも良いかも知れません。

 

審査して承認がでれば販売できる

スマホアプリのLINEスタンプメーカーやパソコンソフトで制作したLINEスタンプはLINEクリエイターズマーケットに申請して審査を行ってもらい、無事に承認になると販売できます。

でも、申請したからといって、必ず承認されるという訳でもないため、ハードルを感じる場合も実際にあると思います。

何回も審査落ちになる場合もあるため、そのような面倒に感じることをしたくない場合は、無料スタンプを利用するなどの方法で利用が多いと思います。

それにスタンプ販売したからと言って売れるとは限らないですから、そのように考えている場合もスタンプ販売しようとは考えないのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

副業や副収入としてLINEスタンプ販売はどうなのか?

ここでは、LINEスタンプを副業や副収入の方法の1つとして考えるのはどうなのか?についての内容になります。

副業として考える場合

LINEスタンプを副業として考える場合では、かなりのハードルが高いのではないか?と個人的に考えます。その理由として、トップクリエイターにでもならない限り、副業とシて成立しないからです。

この事を理解した上で、果たして自分はトップクリエイターになれるのか?を考えた方が良いです。この立場になれる人は、ほんの一握りに限定されてしまうので通常の方法では難しいです。

そのため、何でも良いので、よく売れるスタンプが実際に現れたら、その時に副業について考えれば良いのではないか?というのが個人的な見解になります。

それまで自分の忍耐が継続しているのかな?も関係あると思います。

 

副収入として考える場合

LINEスタンプを副業ではなく、副収入として考える場合では、最低でも毎月1000円以上の売上を実現できるのか?が運命の分かれ道になるのではないでしょうか?

というのも、たいていの場合では、売上金額の合計が1000円未満の場合が多いのが実情になるため、毎月1000円以上売上できないと副収入として利用するのは難しいと思います。

それに毎月1000円出金したと仮定して、手数料も考慮すると1000円貰えませんから、銀行振込の手数料も含めての売上金額がないと残念ながら副収入にもならないです。

 

LINEスタンプ販売!スタンプは売れない。副業や副収入に不向き

ここでは、オリジナルLINEスタンプを副業や副収入の方法として利用するのは不向きについての内容になります。

売る事ができれば副収入に繋がる?

自分のLINEスタンプを制作して販売する事ができれば副収入として活用できるようになりますが、果たして本当に副収入として利用できるのでしょうか?

何故か?と言うと、LINEスタンプを販売して売上が有った場合でも直ぐに銀行口座に振り込まれません。最低出金額が設定されており、1000円以上の売上金額がないと出金できないのである。

そのため、LINEスタンプを販売すれば副収入に繋がる訳ではないのである。

 

売れても1000円未満が多い

オリジナルのLINEスタンプを制作して販売した場合では1つの売上が発生すれば120円が手元に入って来る訳ではありません。自分の売上として分配される金額は31円又は42円の場合が多いです。

120円のスタンプが1件売れても自分に分配される売上金額は僅か31円又は 42円なのである。しかも、出金する場合では売上金額の合計が1000円以上ないとダメなので、手元に入金されるのか?は分かりません。

分配金額が31円か42円なのか?の違いですが、これはスタンプを購入したお店は何処なのか?でも変わってきます。LINEアプリのスタンプで購入した場合では31円が分配されます。

LINEクリエイターズマーケットで購入した場合は42円が分配されるようになっています。

 

LINEスタンプ販売は副業に不向き

どうしてLINEスタンプ販売が副業や副収入に不向きなのか?と言えば、1件あたりの売上に対しての分配金額が少ないですし、銀行口座に出金するには最低でも1000円以上の売上金額が必要になります。

さらには銀行口座に振込する場合では振込手数料を考慮しないといけません。可能ならば、銀行振込ではなく、LINE Payに出金した上で、LINE Payから銀行振込にした方が手数料を少なくする事ができます。

出金する場合のデメリットも有るのが実情なので、気軽にLINEスタンプを販売して副業しようと考えるのは時期尚早です。

手数料で多く取られてしまったら何の為に出金したのかな?になってしまうので出金方法もよく検討が必要になります。

 

LINEスタンプ販売は趣味でやるなら魅力的に感じる

ここでは、自分のLINEスタンプ販売を継続したいのであれば趣味の領域で続ける方法が最適に感じるについての内容になります。

趣味でスタンプ販売が最適

自分のLINEスタンプを販売する場合では副業や副収入として考えてしまう場合が多いですが、このように考えるのは良くないと思います。その理由としては副業や副収入に不向きなので、この目的ではやらない方が良いです。

この結論に至ってしまうと、もうスタンプ販売の魅力が無くなってしまうのでやる気も沸かなくなると思います。でも、数撃ちゃ当たるのではないか?と考える場合では、趣味ならばこの戦略は有効かも知れません。

そもそも趣味は継続して自分の好きな事を行いますから、別に売上とは関係ない次元になるため、逆に良い結果をもたらす可能性を秘めています。継続して一定期間ごとにバリエーションを増やしていく事ができれば露出も増えるので売れるスタンプも出て来る可能性があるからです。

 

趣味ならば継続できる

副収入や副業として考える場合では、魅力がなくなった時点でスパッと切り捨てる行動に繋がりますが、趣味でスタンプ販売を行う場合では、ずっと継続して販売する事になるため、趣味でスタンプ販売が成立します。

それに趣味であれば、スタンプ販売するのも自由ですし、自分で使う物は販売しないで無料ダウンロードという選択も自由自在になるため、スタンプが飽きてしまっても自己努力で解決できる場合が多いです。

これも趣味だからできる芸当なので、趣味の領域でスタンプ販売も1つの方法かも知れません。

LINEスタンプ販売後は宣伝も兼ねて友人や身内にプレゼントが必要
皆さん こんにちは! 自分で利用するLINEスタンプを制作した場合では、販売も行っているのでしょうか? とはいえ、販売しても購入するのは自分や身内になってしまうので、意味がなさそうに感じます。 それに自分で利用するスタン...