Windows11 サイドバーのEdgeバーはウィジェット活用を

Windows
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

Windows11を利用できるパソコンを所持している場合では、ウィジェットが利用できるようになっているので便利に感じるのかな?

どうしてこのように疑問形なのか?と言うと、正直な話、標準で利用できるウィジェットは全くと言って良いほど便利に感じないのである。

それに対して、Edgeバーはとても便利に感じるのでとても不思議な感じです。

今回の記事は『Windows11 サイドバーのEdgeバーはウィジェット活用を』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Windows11で利用できるウィジェット

ここでは、Windowsパソコンで利用できる標準ウィジェットについての内容になります。

標準ウィジェットは便利に使えない

タスクバーのウィジェットアイコンにカーソルを移動するとウィジェットが表示されますが、ハッキリ言って邪魔に感じます。

アイコンに触れるだけで表示されるのは非効率になるのでタスクバーの設定非表示にしている場合も多いのではないでしょうか?

スマホのようにデスクトップ画面で利用できないですから、好んで利用したいと感じない場合も多かったりします。

 

デスクトップで利用できないデメリットあり

標準ウィジェットのデメリットに感じる部分としては、スマホのようにデスクトップでウィジェットを利用できない部分が該当します。

それだけでなく、これを利用しても便利に感じないのも実はデメリットになります。

トドメを言えば、自分好みにカスタマイズもできるようになっていますが便利に感じないです。

三拍子揃って便利に感じないのがデメリットなんじゃないのかな?

 

Microsoft Edgeの機能の1つ

Windows標準で利用できるウィジェットは、Microsoft Edgeの機能の1つに該当します。Edgeには他にもEdgeバーという機能があります。

個人的には標準で利用できるウィジェットよりもEdgeバーの方が便利に感じますが、どうやらMicrosoftでは標準ウィジェットの方を推奨していると感じます。

 

スポンサーリンク

Microsoft EdgeにはEdgeバー機能もある

ここでは、Windowsパソコンで利用できるEdgeバーについての内容になります。

Edgeバーは起動する必要あり

Edgeバーの場合では標準で利用できるようになっているのにも関わらず、直ぐに利用できない状態になっています。

これはとても不思議な事に起動しないと利用できないのである。タスクバーにあるMicrosoft Edgeを右クリックすると「Edgeバーの起動」が有るので、ここで起動するのである。

 

左右どちらか?に配置できる

Edgeバーはサイドバーなので画面の左右の端っこに配置できるようになっています。通常では右端に固定されています。

左利きの場合では右端に設定されていると不便に感じますから、このような場合では左端にサイドバーを設定した方が便利に使えます。

どのように設定するのか?と言えば、ピン留めを解除した上で、画面の中央より左側に移動した上で📌をクリックするだけで良いです。

 

デスクトップ上で使う検索ボックス利用もできる

Edgeバーはデスクトップ画面にて利用できるサイドバーに該当しますが、サイドバーのように使うのではなく、フローティングアプリとしても活用できます。

というのも、サイドバーの状態で設定をクリックした上で「レイアウトのみの検索」を行うとEdgeバーが非表示になります。

タスクバーにあるMicrosoft Edgeをクリックすると、デスクトップ画面の真ん中より少し上にウェブ検索のテキストボックスが表示されます。

これはフローティングなので自由に位置を調整できます。やっぱり縦レイアウトが良い場合では設定で戻した上でピン留めすれば良いです。

 

Windows11 Edgeバーはサイドバー活用できる

ここでは、Windowsパソコンで利用できるEdgeバーはデスクトップ上でサイドバーとしても活用できるについての内容になります。

Edgeバーはデスクトップで利用できる

Edgeバーを起動すると、デスクトップ上にウィンドウが表示されます。この状態で📌をクリックすると画面の右端にドッキングします。

これでも良いのですが、これではデスクトップを有効に活用できないですから、タスクバーのようなスリムなサイズに変更する必要があります。

Edgeバーの「自動非表示を有効にする」のアイコンをクリックすると、タスクバーのようにスリムサイズにデザイン変更となります。

 

サイドバーとしても活用できる

Edgeバーはデスクトップ上で利用できるのでサイドバーとしても活用できます。といっても、タスクバーのようにアプリをピン留めする事はできません。

登録できるのは、あくまでもウェブサイトになるため、必ずしも自分にとって最適に感じるというパターンでもないです。

でも、どのように使うのか?によっても変わって来るため、便利に使える方法の有無が問われます。

 

ウェブサイトのみ登録できる

サイドバーのEdgeバーに登録できるのはウェブサイト及びウェブページに限定されます。

登録したは良いけれども現在は全く利用していないウェブページが或る場合では右クリックにて削除できます。

また、並び順もアイコンをドラッグ&ドロップ操作にて変更できるようになっています。

 

Edgeサイドバーはウィジェット活用できる

ここでは、Edgeバーをウィジェット感覚で利用すると便利に使えるについての内容になります。

Edgeバーは標準ウィジェットより便利

Edheバーに登録しているアイコンをクリックすると登録してあるウェブサイトのライトページが表示されます。

このままの状態でも十分に便利なのですが、標準ウィジェットのように使えるという事に気が付くのである。

標準ウィジェットの場合は画面の左端に表示されますが、Edgeバーの場合は左右どちらにも配置できるので標準よりも便利に感じます。

 

ライトページをウィジェット活用

ライトページを開くと一番上に検索ボックスがあります。ここで鉄道の乗り換え案内を検索すると「ナビタイム」や「ジョルダン」などが検索結果として表示されます。

何でも良いのですが、乗り換え案内のページを開いて、出発駅と到着駅(必要に応じて経由駅)を入力すると自分が求めている結果が表示されます。

これってもうウィジェットと同じなんじゃないのかな?と思うのは気のせいでしょうか?

パソコンのデスクトップ画面でウィジェットを利用する場合ではフローティングアプリを使う必要がありますが、ウェブサイトのライトページを表示するだけで実現できる方が手間も掛からなくて便利に感じます。

それこそ、自分にとって必要に感じるサイトを登録しておけば良いですから簡単です。

Windows11活用!Edgeバー(サイドバー)使い方まとめ
皆さん こんにちは! Windowsパソコンでは、Microsoft Edgeを標準搭載しているので、Google Chromeのように別途ウェブブラウザをダウンロードしてインストールする必要がありません。 このEdge...