Windows11デスクトップ背景にウィジェットを常に表示アプリ

Windows
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

Windows11が利用できるパソコンの場合では、標準でウィジェットが使えるというメリットが有るのですが、このウィジェットはちょっと曲者だったりします。

一見すると、確かに魅力的に感じるのですが、自分が想定しているようなウィジェットではないので見掛け倒しというか?名前負けしている感じになります。

このようなタイプではなく、デスクトップ画面で利用できる方が便利なんじゃないのかな?と感じるのは気のせいでしょうか?

今回の記事は『Windows11デスクトップ背景の壁紙にウィジェットを常に表示するアプリ』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Windows11で利用できるウィジェット

ここでは、Windows11で利用できる標準ウィジェットについての内容になります。

標準で利用できるウィジェット

タスクバーから利用できるウィジェットなのですが、自分にとって必要ないと感じる場合ではタスクバーの設定でOFFにできるのが便利に感じます。

このウィジェットが便利に感じるのか?は個人差が有りますから、この用途に対応できるのは便利と言った方が良いです。

さらにはカスタマイズにも対応しているので、アレコレ弄ってみるという楽しみも味わう事ができるようになっています。

その反面、ウィジェットの設定を変更しても便利に感じないので、どのように解釈すれば良いのかな?となってしまうのである。

 

あくまでもEdgeの補完な感じ

Windows11ではウィジェットが利用できるのでメリットに感じますが、このように考えるのは時期尚早なのではないか?と感じます。

その理由としては、あくまでもMicrosoft Edgeブウラウザの補完的な感じのウィジェットだからです。これはウィジェットと呼べるのかな?と感じます。

ハッキリ言えば、ウィジェットではなく、タスクバーから利用できるニュースなんじゃないのかな?と考えてしまいます。遠からず当っているのでは?

 

スポンサーリンク

Windows11 標準ウィジェットのデメリット

ここでは、Windows11のタスクバーから利用できるウィジェットのデメリットについての内容になります。

タスクバーで起動するデメリットあり

Windows11の標準ウィジェットの場合では、タスクバーから利用できるのですが、これは必ずしも便利に感じるという訳ではないのが実情になります。

というのも、マウスオーバー(マウスのカーソルを当てる)する度にウィジェットが表示されるので煩わしいです。故意にやるのではなくちょっとでも触れてしまうだけで起動するので厄介と言った方が正解になります。

あまりにも煩わしいとタスクバーから取り除いた方が逆に便利に感じるので設定でOFFにする選択となってしまうので、これならば別に利用しなくても良いのではないか?といった感じ。

 

デスクトップ画面で利用できない

標準で利用できるウィジェットの特長としては、デスクトップ画面で利用できるタイプではなく、タスクバーから利用できるという部分に尽きます。

正直のところ、タスクバーから利用できるタイプの場合だと、何か?別のアプリを利用している場合に不都合も発生する事になります。

何せ、ほんのちょっとでもタスクバーの天気の部分をカーソルで触れてしまうだけでウィジェットが表示されてしまうので便利ではなく不便に感じます。

この事を踏まえるのであれば、デスクトップ画面で利用できるタイプの方が逆に便利に感じます。

 

カスタマイズしても便利に感じない

標準ウィジェットのデメリットの1つに該当するのが、カスタマイズになるのでは?と感じます。というのも、カスタマイズできる項目が少ないです。

追加できる項目が少ないですから、自分好みの仕様にできないと言っても過言ではないです。

 

Windows11 デスクトップで使えるウィジェット

ここでは、Windows11のデスクトップ画面で使えるアプリ(ウィジェット)についての内容になります。

デスクトップで利用できるアプリ

Windows11の標準で利用できるウィジェットの場合では、あくまでもタスクバーから起動できるウィジェットになります。

この場合ではマウスオーバーする度にウィジェットが表示されるので煩わしさを感じます。

でも、自分としてはこのようなウィジェットを求めているのではなく、デスクトップ画面で利用できるタイプなので、標準で利用できるタイプは使いたいと感じないです。

それならば、どのように対応すれば良いのか?と言うと、デスクトップ画面で利用できるタイプのアプリならば問題ないのではないか?という一種の結論に到達します。

具体的には、あたかも浮いているように見えるフローテティングできるアプリが該当するのではないか?と個人的に考えます。

 

Widget Launcherが便利に感じる

デスクトップの背景で利用できるフローティングアプリで探してみると、それらしいアプリも見つかるものです。自分が求めているのはウィジェット利用できるアプリなのでこの用途で使えるのが前提となります。

この条件が該当するのはWidget Launcherなのではないかな?と感じます。というのも、このアプリを利用すると、デスクトップ画面に貼り付けて使えます。

それだけでなく、アナログ時計、デジタル時計、カレンダー、電卓、メモ、週間天気予報といった各種ウィジェットも利用できるようになるので、とりあえずは満足できるといった感じになります。

カラーも変更できるようになっているため、自分好みの色に選択できるのもちょっとだけポイントが高いです。

 

Windows11 Widget Launcher 使用レビュー

ここでは、Windows11のデスクトップ画面で利用できるウィジェットアプリのWidget Launcher 使用レビューについての内容になります。

イマイチに感じる部分

Windowsパソコンのデスクトップ画面でWidget Launcherを実際に使ってみた感想としては、必ずしも最適に感じるという訳でもないのが実情になります。

というのも、当然なのですが便利に感じる部分が有るという事は逆にイマイチに感じる部分も有るのが実情になるので、その部分を許容できるのか?だと思います。

具体的に言うと、カレンダーの文字がとてもい小さいのでイマイチに感じます。あと、簡単に取りはずしできるという部分もイマイチに感じるのである。

これはどういう事なのか?と言えば、マウスオーバーすると「✖」が表示されるので簡単に削除できてしまうのである。これは流石にちょっとどうかな?と思います。

 

便利に感じる部分

Widget Launcherの便利に感じる部分としては、Windows11で利用できる標準ウィジェットよりも高機能でかつ、自分の求めているウィジェットにとても近いと感じる部分が該当します。

これはどういう意味なのか?と言えば、標準ウィジェットの場合ではどちらか?と言うとMicrosoft Edgeブラウザの補完バージョンといった感じなのに対して、こちらのアプリは、ブラウザに関係ないので楽しめる要素ありといった感じです。

 

デスクトップ背景で使うウィジェット使用レビュー

Widget Launcherを実際に背景の壁紙に貼り付けて使ってみると、一長一短に感じる部分もありますが、個別のアプリ(ウィジェット)は便利に利用できるのもあります。

その中でも週間天気予報やウィジェットで利用できるメモ用紙は便利に感じます。また、それ以外でもアナログ時計やデジタル時計といったのも有るので便利に感じます。

その反面、あえて言えばだけはあまりパッとしないのではないか?と個人的に考えます。

Windows11デスクトップ背景にアナログ時計を常に表示アプリ
皆さん こんにちは! Windowsノートパソコンを利用していますが、現在時刻を確認したい場合では、タスクバーの右側にあるデジタル時計を確認する事になります。 でも、お世辞にも見やすいと感じるサイズのデジタル時計ではない...