Windows11活用!タスクバー2段表示の2種類の解決方法

Windows
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

Windows11を搭載しているパソコンを便利に活用する方法として、色々な活用方法がありますが、その中でも便利に感じるのは、Microsoft Edgeブラウザの機能なのではないかな?と感じます。

でも、残念ながらウィジェットの方は、決して便利に使えないというか?便利に感じないのが実情になります。それならば他に何が有るのか?と言えば、Edgeバーがあります。

これを使うことでタスクバーの純粋な拡張ではないのですけれども便利に使えるのである。これ以外の選択肢としては、アプリに頼る方法も有ったりします。

今回の記事は『Windows11活用!タスクバー2段表示の2種類の解決方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Windows11活用!タスクバー2段表示の解決方法

ここでは、Windows11で利用できるタスクバーを2段表示ができない事に対する解決方法についての内容になります。

解決方法は2種類あり

Windows11を搭載しているパソコンのタスクバーは2段表示に対応していないので、アプリをピン留め固定する場合では厳選も必要になります。

でも、人によっては厳選したとしても少なく纏める事ができない場合も有ったりするので、このようなパターンでは使い勝手も悪くなってしまいます。

このような場合ではタスクバーを2段表示にできると助かるのですが、これができないため、解決方法を模索する事になります。

現状では2種類の解決方法があります。1つはEdgeバーを活用する方法。もう1つはタスクバーを拡張できるアプリを利用する方法になります。

 

2種類の解決方法は便利に使えるのか?

Edgeバーとタスクバー拡張アプリの2種類が解決方法に該当するのですが、ここで注意して欲しいのが、これらの解決方法を行ったとしても便利に使えるのか?は分からないのが実情になります。

というのも、あくまでも便利に使えるのか?という部分は「好み」や「感じ方」が関係して来るため、残念ながら一概には何とも言えないのである。

さらには実際に利用する用途も関係して来るため、総合的に考えて使える用途とマッチした場合のみ便利に使えるのではないか?というのが個人的な見解になります。

ともあれ、口で言っても分からないと思うので実際にやってみて個々で判断して頂くのが全てにおいて最適な選択になります。

 

スポンサーリンク

Windows11タスクバー2段表示!Edgeバー活用方法

ここでは、Windows11で利用できるタスクバーを2段表示への解決方法としてEdgeバーを活用する方法についての内容になります。

Edgeバーを活用する

Edgeバーとは何ぞや?と思うかも知れませんが、簡単に言えば、Microsoft Edgeブラウザを便利に活用できる機能の1つに該当します。

同じ用途で利用できるウィジェットもありますが、このEdgeバーは標準の状態では利用できるようになっていないのが特長の1つでもあります。

何故か?と言うと、起動しないと使えないので、見つかっていない場合の方が多いのではないか?と個人的に考えます。

このEdgeバーはウェブページをお気に入りのように登録しておけるタスクバーのようなものです。

 

Edgeバーのデメリット

Edgeバーを起動して利用した場合のデメリットになりますが、基本的にMicrosoft Edgeを便利に使うための機能ですから、これ以外の用途では利用できない部分が該当します。

タスクバーではアプリのピン留め固定ができるのですが、この用途に利用できないので、純粋なタスクバーの拡張に役立てる事ができないのである。

でも、実際の話し、パソコンでよく使う事と言えば、インターネットでウェブ検索も多いのが実情ですから、この観点から考慮すると無視できない存在になります。

個人的には積極的に活用した方が良いと考える機能の1つに該当します。

 

タスクバー2段表示に近いEdgeバー

どうしてEdgeバーがタスクバー2段表示の解決策の1つに該当するのか?と言えば、「自動非表示を有効にする」に設定すると、タスクバーのようにスリムサイズになるからです。

この状態だったとしてもワンクリックでスマホで表示されるページのサイズで閲覧できますから使い勝手も良く、何らデメリットにも感じません。

Windows11活用!Edgeバーは自動非表示を有効に設定が最適
皆さん こんにちは! Windows11が利用できるパソコンではMicrosoft Edgeブラウザが標準搭載されているので便利に使っているのでは?と思います。 このEdgeブラウザを便利に活用する場合に役立つのがウィジ...

 

Windows11タスクバー2段表示!アプリ活用方法

ここでは、Windows11で利用できるタスクバーを2段表示への解決方法としてタスクバー拡張アプリを活用する方法についての内容になります。

タスクバー拡張アプリを利用する

タスクバーを2段表示にしたいと考えた場合ではEdgeバーを利用するのも1つの方法になりますが、根本的な解決策ではないです。

何故か?と言えば、アプリをピン留め固定できないからです。これをどうにか?しないといけませんから必然的に別の方法にて解決を図る必要に迫られます。

といっても残りの手段としてはアプリに頼るしかないのが実情になります。

この場合では、具体的にどのようなアプリが自分にとって最適な選択なのか?が分からないため、Microsoft Storeにて見つける必要があります。

 

Ink Workspace 活用

Microsoft Storeにて検索して見つけたのが、Ink Workspaceというアプリになります。

このアプリの特長としてはタスクバーのシステムトレイアイコンから起動&表示できるため、2段階式になってしまいますがタスクバーを拡張できる点が該当します。

このアプリは具体的にどのような事ができるのか?と言えば、アプリをピン留め固定できるので、タスクバーに表示し切れないアプリをこのアプリにピン留め固定することで便利に使えるようになります。

但し、Actionに関して言えば、ここを利用したからといって便利に感じることはないというのが個人的な見解になります。

 

タスクバー2段表示のような感じに使用できる

Ink Workspaceを使った場合では、厳密に言えば、2段表示ではないのですが、それに近いと感じるぐらいにタスクバーを拡張できるようになっています。

どちらか?と言うと、タスクバーよりもスタートメニューに近い位置づけになっているのかな?と感じます。

というのも、Actionでシャットダウンが用意されているので、ここからパソコンをシャットダウンできるのである。

Windows11活用!タスクバー拡張Ink Workspaceアプリ使用レビュー
皆さん こんにちは! Windows11が利用できるノートパソコンを利用していますが、タスクバーの拡張についてのどうにか?したいかな?と日頃から考えています。 Edgeバーを利用すれば目的の半分までは対応できるようになる...

 

タスクバー2段表示はEdgeバーと拡張アプリ併用

ここでは、Windows11で利用できるタスクバーを2段表示への解決方法としてEdgeバーとタスクバー拡張アプリの併用が最適についての内容になります。

Edgeバーだけでは根本的な解決に至らない

Edgeバー便利に感じる部分としては、ウェブページをタブに追加した上で、ワンクリックで表示できるという部分に尽きます。

毎日のように確認する天気予報ニュースなどを追加して登録しておけば良いので便利に使えます。

でも、アプリをピン留めできないですから、純粋なタスクバーの拡張には繋がらないのが実情になります。

確かに使ってみれば便利に活用できるんですけれども根本的な解決には至らないという現状。

Windows11活用!タスクバーとEdgeバーは併用して使用を
皆さん こんにちは! Windows11を利用できるパソコンを便利に使う場合では、どのような方法が最適に感じるのか?試行錯誤を繰り返しながら模索する事になるのでは? いやいや、もう既に自分なりの活用方法を実践している場合...

 

タスクバー拡張アプリだけではネットに非対応

タスクバー拡張アプリをインストールした場合では、ウェブページピン留め固定に対応していないので、これだけではWindowsパソコンを便利に活用することはできません。

厳密に言えば活用はできるのですが、ウェブページの閲覧や動画視聴といった部分は生活には密接に関わって来るので、これへの対応はした方が良いです。

 

Edgeバーとタスクバー拡張アプリ併用が最適

総合的に勘案した結果、辿り着いた結論としては、タスクバー拡張アプリのInk WorkspaceEdgeバー併用による活用方法が良いのではないかな?と個人的に考えます。

何せ、併用できるので利用しないのは逆に勿体ないです。別に使わなくてもピン留めさえしておけば必要な時にピンポイントでワンクリック起動できるのでそれだけで十分に役立ちます。