Windows11タスクバーは2段表示できる?Edgeバー活用を

Windows
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

Windows11が利用できるパソコンを所持している場合では、タスクバーの使い勝手が悪いな~と感じている場合も有るのではないでしょうか?

どうしてなのか?と言えば、Windows10から比べるとタスクバーの機能悪くなってしまったのではないかな?と感じられるのである。

でも、これが仕様ですから、どうにか?して便利に使う必要もありますから、さてどうしようかな?といった感じです。

今回の記事は『Windows11タスクバーは2段表示できる?Edgeバー活用を』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Windows11で利用できるタスクバー

ここでは、Windows11のタスクバーはどのような事ができるのか?についての内容になります。

タスクバーアプリをピン留めできる

Windows11で利用できるタスクバーでは何ができるのか?と言えば、基本的にはアプリをピン留めできるのと、システムトレイアイコンを利用できるの2点が該当します。

厳密に言えば、クイック設定パネルや通知、カレンダーといった機能にもアクセスできるので、これらも含めると、それなりに便利に使えるといった印象になります。

一般的に利用するのであれば十分に使えるんじゃないのかな?と感じるのではないでしょうか?

 

タスクバーを左クリック、右クリック操作

タスクバーでは基本的にはマウスやタッチパッドで左クリック操作を行いますが、右クリック操作をしてみると新たな発見も有ったりします。

タスクバーを便利に使うのであれば左クリックできはなく、右クリックが意外と重要になります。

 

タスクバーをカスタマイズできる

タスクバーの何もアイコンがない場所で右クリックすると、「タスクバーの設定」が表示されます。これを選択すると、タスクバーの設定にアクセスできます。

ここではタスクバーの設定変更を行う事ができます。変更する場合は各種スイッチをオン・オフするだけで良いので誰でも簡単にカスタマイズできるので便利に感じます。

 

スポンサーリンク

Windows11 タスクバーは2段表示できる?

ここでは、Windows11のタスクバーは2段表示できるのか?についての内容になります。

Windows10では2段表示できる

Windows10で利用できるタスクバーでは2段表示も含めて複数段にも対応していたので便利に活用できました。

さらには、タスクバーに任意のフォルダもピン留めできたので、タスクバーにピン留めするフォルダの中にアプリのショートカットを格納して、ランチャーとして活用する事もできたのである。

ハッキリ言って、この2つに対応しているWindows10は何も不満がないといった感じなので、Windows11にバージョンアップしたら、これに何をプラスαとして機能が追加されるのだろうか?と期待してしまうのではないでしょうか?

でも、実際にはWindows11ではタスクバーを今まで通りに便利に使うのが難しくなってしまったので、何でこうなっちゃったのかな~とガックリな気分になってしまうと思います。

 

Windows11では2段表示できるのか?

結論から先に言えば、Windows11で利用できるタスクバーでは複数段の表示には対応していないため、タスクバーの2段表示はできません

その代わりにウィジェットを利用できるようになっているので、この機能を活用する事になるのではないでしょうか?

 

解決方法(代替手段)

実は、タスクバーの2段表示には対応していませんが、代替手段は有ります。タスクバーではないのですが、タスクバーのように常時表示に対応しているので、シャットダウンや再起動しても問題ありません。

 

Windows11 タスクバーと併用できるEdgeバー

ここでは、Windows11のタスクバーで2段表示できるのか?考えるよりもEdgeバーを起動して活用した方が良い!についての内容になります。

タスクバー2段表示に拘る必要はない

前バージョンのWindowsではタスクバーを2段表示できたのですが、Windows11では残念ながら2段表示には対応していないので、どんなに頑張ってもどうにもなりません。

完全に諦めてしまった方が良いです。その代わりに、インターネット限定になってしまうのですが、もう1つのタスクバーを表示できるので、それを活用するのが良いのではないかな?と個人的に考えます。

この機能は標準設定では利用できないのですが、起動すれば常時利用できる状態になる優れものです。

 

Edgeバーを起動すれば目的を達成できる

インターネット限定で利用できるタスクバーとは何ぞや?と思ったら、タスクバーにピン留め固定されているMicrosoft Edgeのアイコンを右クリックしましょう!

これを右クリックすると、「Edgeバーの起動」があります。これを起動すると、画面の4分の1サイズの簡易ブラウザみたいな物が表示されます。

実は、これは非表示に設定することもできるので、タスクバーのようなスリム表示でかつ、画面の右端に固定して常時表示にも対応しているのである。

このEdgeバーならば、タスクバーの2段表示の代替手段として十分に役立つのではないか?と個人的に考えます。

 

Edgeバーはタスクバーと併用できる

Edgeバーを起動した場合では、どのように活用すれば良いのかな?となってしまいますが、基本的には、毎日のように閲覧しているウェブページをタブに追加して利用するパターンになります。

ここでの注意事項としては、表示されるのはライトページ(画面の4分の1サイズ)での表示になるため、このサイズの表示でも何ら問題ないよ!と感じるページが良いと思います。

あと、タスクバーと併用できるので、これも十分にメリットと言えます。

 

Windows11で利用するEdgeバーは便利に使える

ここでは、Windows11で利用できるEdgeバーはタスクバー並みに便利に使えるについての内容になります。

Edgeバーは便利に使える

EdgeバーはMicrosoft Edgeブラウザを便利に使うためのタスクバーのような機能なので、この補完的な用途での利用になってしまうのが唯一のデメリットに該当すると思います。

ネット限定になってしまいますが、毎日のようにお気に入りのウェブページを閲覧している場合では、逆に便利に感じるのではないでしょうか?

何せ、ウェブブラウザを表示しなくてもワンクリックでライトページが表示できるのでピンポイントで必要に感じる情報を入手できるようになります。

要点だけを効率的にチェックする場合では、ライトページで閲覧が便利に感じます。

 

Edgeバーを便利に使う方法

タスクバーと併用して利用できるEdgeバーはこれだけでも十分に便利に使えるのですが、もう1段階パワーアップする事もできます。

それは「自動非表示を有効にする」に設定するだけでOK。これを設定すると、画面の4分の1サイズからタスクバーを縦に表示したような感じのスリムサイズに変更できます。

画面下と画面の右端の2つにタスクバーを表示しているような感じになるため、ディスプレイはちょっと狭くなってしまいますが、便利に活用できるようになります。

特にこの恩恵が期待できるのは右利きの場合なんじゃないかな?と思っていたのですが、実は左端にも固定できるのが分かったので便利に感じます。

Windows11活用!ウィジェットよりEdgeバーが便利に使える
皆さん こんにちは! Windows11が利用できるパソコンでは、AndroidスマートフォンやiPhone、iPadなどのタブレット端末のように魅力的に感じるウィジェットが利用できるようになっています。 そのため、これ...