iPad Airで使うApple Pencil 2 レビュー

ガジェット
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadシリーズを購入または買い替えした場合では一緒に購入すると便利に感じる関連機器アクセサリーも購入する場合もありますが、どのようようなアクセサリーを買うのでしょうか?

魅力的に感じるのは、キーボードケース、カバーケース、Apple Pencilの3種類だったりするので、全部一通りに揃えてしまう場合もあれば、本当に必要としている物だけをピンポイント購入する場合もあります。

毎日のように継続的に利用するのであれば購入しても良いですが、そうでない場合では本当に必要なのか?という部分も考慮した上で総合的に判断した方が良いと思います。

今回の記事は『iPadタッチペンでワイヤレス充電できるApple Pencil 2のレビュー』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad Airで使うApple Pencil 2 について

ここでは、iPadにマグネット吸着してワイヤレス充電できるApple Pencil 2についての内容になります。

Apple Pencil 2 タッチペン仕様

サイズ : 165mm × 10mm × 10mm

重量  : 18g

充電等 : ワイヤレス充電

接続等 : ワイヤレス接続、自動ペアリング(Bluetooth)

取り付け: 充電ポートにマグネット吸着できる

機能等 : ダブルタップでインクツールの切り替え

カラー : ホワイト

 

iPad Pro・Air・miniで利用できる

Apple Pencil 2を利用できるiPadシリーズは、iPad Pro・Air・miniになります。タッチディスプレイを利用できるiPhoneやAndroidスマホ&タブレットでは利用できないのである。

 

Apple Pencil専用の便利グッズもある

Apple Pencil 2の場合では、一緒に使うと便利に感じるグッズもあります。特に、持つと、ちょっと細い印象があるので使い辛いと感じる場合もあります。

これをどうにか?したい時に役立つアイテムがシリコンカバーケース。さらにはペン先が消耗品なので摩耗しないようにペン先カバーを取り付ける事もできまます。

このような便利に感じるグッズも有るので必要に応じて買い揃える事もできるようになっています。

 

スポンサーリンク

ワイヤレス充電できるApple Pencil 2の特長

ここでは、Apple Pencil専用アクセサリーも充実しているApple Pencil 2についての内容になります。

ワイヤレス充電&自動ペアリング

Apple Pencil 2 の特長の1つにワイヤレス充電があります。iPad Pro・Air・miniのワイヤレス充電できるポートにマグネット吸着できるようになっているのである。

マグネット吸着すると同時に自動ペアリングとなるため、Bluetoothペアリングを行う必要がないのである。

これは素直に便利に感じる機能に該当します。ワイヤレス充電と自動ペアリングが同時に行えてしまうので一石二鳥です。

 

インクツール切り替え

デジタルノートのアプリを使っている場合では、インクと消しゴムやマーカー等を切り替えて操作する場合もありますが、このような場合では、画面に表示されているインクツールを操作にて切り替えできます。

でも、インクと消しゴムだけしか利用しない場合 又は、2つの色のインクしか使わない場合であれば、Apple Pencil 2の背の部分をダブルタップするだけで簡単に切り替えできるので便利に感じます。

 

スクリーンショットできる

Apple pencil 2でスクリーンショットしたい場合もありますが画面を素早く操作する事で対応できるようになっています。この場合では、iPad(ディスプレイ)の左下の角 又は 右下の角から画面中央に向けて素早くシュッと移動させると撮影できます。

左右両方の下の角から撮影できるのですが、実際には利き手によっても左右される場合が多いです。というのも、右利きでは、左下の角から操作した方が上手くスクリーンショットできるからです。

だからといって、右下の角からスクリーンショットできないのか?といえば、そうではなくできるのですが、実際に何度もやって試してみたけれども、あまり成功した事がないのである。

 

iPadで利用するApple Pencil 2 デメリット

ここでは、iPadで手書き入力する場合に便利に感じるApple Pencil 2 のメリット・デメリットについての内容になります。

デメリット「ペン先が消耗品」

Apple Pencil 第1世代、第2世代共通のデメリットは、ペン先が消耗品という部分に尽きます。実際の使用頻度によっても変わって来るのですが、継続的に使っているとペン先が摩耗します。

ペン先が摩耗した状態でそのまま使っていると、中から芯が出てきます。iPadのディスプレイを傷つける事になるため、明らかにペン先が摩耗していると感じる事ができたタイミングでの交換が必須となります。

Apple純正品のペン先はそれ相応の価格になるため、安価で購入できる類似品を購入すると、直ぐに摩耗する場合も実際にあるため、何だかんだいってもペン先に限って言えば純正品が良いと思います。

 

気になる部分はiPad専用なのか?

Apple Pencil 2はiPad Pro、Air、miniで利用できるタッチペンなのですが、iPhoneでは利用できないという部分が気になる要素の1つに該当します。

どうしてiPhoneでは使えないのだろうか?といった感じ。もっともスマホの小さい画面でタッチペンを使う用途は無いんですけど、それでも使えるのであれば利用してみたいものです。

 

メリットや一長一短

① メリット
デジタルノートのアプリを利用している場合にインクツールを切り替える操作も必要になりますが、この場合ではApple Pencilの背をダブルタップするだけで簡単に切り替えできる部分が該当します。

 

② 一長一短
メリットでもデメリットにも該当するのが充電方法になります。というのも、iPad Pro、Air、miniにマグネット吸着してワイヤレス充電できるのは確かに便利に感じます。

でも、逆を言えば、これ以外の充電方法には対応していないため、バッテリーが切れたら利用できないの裏返しになります。

これを回避したいのであれば、もう1本Apple Pencil 2を買う 又は、Apple Pencil 2の類似品を購入するといった選択も必要になるのでは?

 

Apple Pencil 2 レビューや感想

ここでは、ダブルタップするとインクツールを切り替えできるApple Pencil 2の評価レビューや感想についての内容になります。

デジタルノート活用する目的で購入

Apple Pencil 2を購入した理由としては、仕事の用途で活用する目的になります。デジタルノートのアプリを利用して、スケジュールや業務で利用するメモといった用途に活用できれば良いかな?と思ったのである。

というのも、この用途で日常的に紙のノートを使っているため、これを代用できれば効率的だからです。純粋にこの用途で活用する目的で購入なのですが、実際にはプライベートの用途でも利用しています。

個人的に台湾が好きなので台湾華語(中国語)学習の用途にも使っています。

 

評価レビューや感想

Apple Pencil 2を買ってどうだったのか?になりますが、iPad関連アクセサリーとしては、ESR iPad Airケースの次によく利用しているのではないかな?と実感します。

そのため、この観点から考慮すると買って正解に感じますが、同時にペン先の摩耗には配慮しながら使っているのでちょっと複雑な心境と言った方が良いのではないかな?と思います。

類似品のタッチペンも買っていますが、ペン先交換も含めて総合的に考慮すると、Apple Pencil 2は2本あった方が良いのか?それとも類似品との組み合わせにした方が良いのか?で悩みます。

自分にとって最適に感じる方法で選択すれば良いのでは?

iPad Air 4(10.9インチ)Wi-Fi 256GBレビュー
皆さん こんにちは! iPadが欲しいな~と思う事がありますが、こんな感じで何となく欲しい!といった感じで買ってしまうと後で活用できなくて困ってしまったり、悩んでしまう展開も珍しくないと思います。 特にiPadに限らずタ...
ESR iPad Airケース(Smart Folio類似品)レビュー
皆さん こんにちは! iPadシリーズを購入する場合では専用アクセサリーも新しく買う場合が多いのではないか?と思います。特にiPadと一緒に使う機会が多い本体カバーケースのSmart FolioやSmart Coverは同時購...