iPad2台持ち活用デメリット!併用しても継続できない!一本化を

iPhone iPad 活用
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

既にiPadシリーズを所持している場合では、仕事や趣味といった用途でも便利に活用していると思います。それでも、使い余してしまう場合もありますし、使い道に困って悩んでしまう事もあります。

それなのにも関わらず、なぜだか?分かりませんが新しいiPadが発売されると不思議と欲しくなってしまうのである。どうしても欲しくて仕方ない時は買ってしまい、2台持ち活用をやってみたくなるものです。

この選択は果たして本当に便利に活用できるのか?をよく検討した方が良いと思います。

今回の記事は『iPad2台持ち活用デメリット!併用しても継続できない!一本化を』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad2台持ち活用はとても魅力的に感じる

ここでは、iPadを2台持ちして併用する活用方法はとても魅力的に感じるについての内容になります。

新しいiPadを購入するタイミング

iPadを2台持ち活用するタイミングとしては、既に愛用しているiPadが有るのにも関わらず、他のiPadが欲しくて購入する時が該当すると思います。

この場合では愛用しているiPadを下取りに出せば良いのですが、そのようにはしないで買い増すという選択を行う事で実現できます。

また、仕事の関係でどうしてもiPadが2種類必要に感じる場合も有るため、必ずしも皆さん一律的に同じではないです。いずれにしても、iPadを2台持ちするのであれば継続的に利用できるのか?を考慮した方が良いです。

 

仕事用と個人用で使い分けできる

iPadを2台持ち活用する場合では、主に仕事用とプライベート用といった感じで用途別に使い分けできるようになるのもメリットの1つに該当します。

特に仕事でiPadを利用する場合では公私混同を避ける必要も有るため、このような対策も求められるのである。その反面、個人が2つのiPadを所持して活用できるのかな?という部分が考慮した方が良いです。

うまく活用できる自信が有るのなら何も問題ないですが、自信がない場合では用途別に使い分ける活用方法を行っても、時間が経過すれば経過するほどメインで使っているiPadしか利用しなくなります。

 

iPadは必需品ではなく、ガジェット

ここで注意事項がありますが、スマホとiPadの違いも考慮が必要になります。スマホの場合では日常生活の必需品になっていますが、iPadの場合は有れば便利に使えるけれども無くても困らないガジェットに該当します。

必需品ではないiPadを2台も所持して両方とも便利に使いこなせるのかな?という部分は見直した方が良いのではないか?と考えます。とはいえ、iPadを2台持ち活用はとても魅力的に感じるため、実際に試してみて、体験するのも良いかも知れません。

その結果、やっぱり1つで十分だった! 又は 用途で分けて正解!という判断も行えるようになります。

 

スポンサーリンク

iPad2台持ち活用で併用しても継続できない

ここでは、iPadを2台持ちして併用する活用を行った場合では1年後も継続しているとは限らない!についての内容になります。

iPad2台持ち活用するのは最初だけ

色々な事情で、iPadを2台所持していて、実際に2台のiPadを活用している場合も有りますが、このようなパターンだったとしても1年後も継続してiPadを2台持ち活用しているのか?分かりません。

その理由としては、2台持ち併用していると無駄な事をしているんじゃないのかな?と気が付くのである。

最初は興味や関心が有るので継続できるのですが、時間が経過すれば経過するほど、徐々に興味や関心は薄れるのである。

その結果として、メインで利用しているiPadはよく使っているけれどもサブに成り下がってしまったiPadはバッテリー切れになっている事も多いといった感じ。

 

1年後もiPad2台持ち活用を継続している?

少なくとも、iPad2台持ち活用を行うのであれば、確実に1年後も継続しているのか?が問われるのではないでしょうか?これが出来るのか?できないのか?でも評価は変わります。

因みに、筆者の場合では、iPad Air と iPad mini 2台持ちによる活用(併用)を行っていますが、両方とも1つの用途に特化している使い方になっています。

色々な用途で利用できるのにも関わらず、1つの用途に特化させているので非常に勿体ないと感じる反面、逆にこの選択で良かったかも知れないと実感しています。

 

1年後も見据えて判断を

基本的には個人が複数のiPadを所持して活用する必要は無いのではないか?と考えます。でも色々な事情というのが有るため、どうしても必要に迫られる場合も実際にあります。

このようなパターンでは、最低でも1年間は毎日とは言いませんが、それに近い頻度で複数のiPadを使い続ける事ができるのか?という部分を考慮した方が良いです。

ここで重要なのが、1年ならば簡単だろう?と軽く考えてしまうと、たぶん継続して活用できません。

 

実際にはiPad2台持ち活用しなくても大丈夫な場合が多い

ここでは、iPadを2台持ちしなくても実際には1台のiPadをフルに活用すれば問題ないについての内容になります。

用途で使い分けしても用途は被る

iPadを2台持ちする場合では、用途別に使い分ける方法が多いのですが、このように使い分けても実際には何かしらの部分で用途が被っている場合が多いのが実情です。

これを続けていても良いのですが、非効率的な事は確かなので、どこかのタイミングで見直し改善も必要になります。これができるのか?できないのか?で2台持ち活用の真価が問われる事になります。

自己満足に終わるか?それとも有用に活用できるのか?は見直し改善できるのか?で決まります。

 

時間が経過するほど1つで十分に感じる

複数のiPadを所持している場合では、何だかんだ言っても、もしかすると1つで十分なんじゃないのかな?と考えるようになる場合が多いです。

そりゃあ、そうですよね?だって、1つでも使い道に困る場合が有るのにも関わらず、複数台を所持して両方とも使っているのですから、そのように思うのは当然の結果です。

使い余してしまうと、サブに成り下がっている方はバッテリー切れが状態化するので宝の持ち腐れになってしまいます。このように感じた時点で1台のiPadをフル活用する選択に切り替えた方が良いと思います。

 

iPadの使い分けは大変

2台持ち活用を実践していると、いずれか?のタイミングで複数のiPadを使い分けするのも大変な事に気が付いたりします。どうして、このような事をしているんだろうか?とね。

もっと効率的な使い方を求めるようになります。その結果として、自分にとって最適に感じるタイミングで、1つは処分しよう!といった感じ。

 

iPad2台持ち活用より、iPad一本化の検討を

ここでは、iPadを2台持ちして併用する活用よりも1台のiPadに一本化した方が最適に感じるについての内容になります。

iPad2台持ちは便利に活用できない

iPadを2台持ちして活用できる場合も有りますが、必ずしもそのように活用できるとは限らないのが実情になります。

便利に活用するには適切な用途アイデアも必要になるのではないか?というのが個人的な見解になります。

その上で、一時的に便利なのか?それとも継続できるのか?も関係あるため、個人が複数のiPadを活用するのは比較的に難しいのではないかな?と思います。

仕事で必要になった!という場合であれば、仕事と個人で両方ともメイン用途で使う方法も有りますけど、この場合では仕事で使う時間の方が長いと思いますから、個人用はサブになってしまうのでは?

どちらか?一方がサブだと、気が付いた時にはバッテリー切れだったという展開もありますから、そのようにならないようにするには1台に集約するのが最適です。

 

1台のiPadをフル活用した方が良い

気が付いた時にはバッテリー切れだった!という展開では、もうその時点で使い余している状態という裏返しでもあるため、自分にとって最適なタイミングで一本化が望ましいです。

使い余している方は家族に使ってもらうという方法もありますけど、中古iPadを貰って喜んで使ってくれると考えるのは時期尚早です。小さい子供であれば使ってくれるとは思いますが、そうでない場合はあまり良い選択とは言えないです。

そのため、1台のiPadをフル活用できるようにするのも1つの方法になります。1台であれば、使いたい時にバッテリー切れになる可能性も少ないと思います。