初めて訪れる国や地域に海外旅行では食事が口に合わない事も発生する

旅の知識・悩み

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『初めて訪れる国や地域に海外旅行する場合に気を付けたいのが食事の問題。自分の口に合わなかった場合の対策も必要になる』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

海外旅行では食事で困る場合がある

海外旅行では現地の美味しい料理などを食べるのが目的の1つになっている場合がありますが、この場合に困るまさかな展開になって遭遇してしまうことがあります。それは何なのか?というと、食生活の習慣が異なるという場合になります。

 

現地の食材が受け入れる事ができない

海外旅行では必ずといって良いほど現地の食事を食べる事になります。この場合に困るのが必ずしも自分の口に合うとは限らない事です。

特に食材が見たまんまの姿で出て来る場合もありますし、普段食べ慣れない虫料理が出て来る事もあります。流石にこのような場合では食欲も無くなってしまうのではないでしょうか?

生活している国や地域が異なるので、これは仕方のない事だと思います。それを承知の上で旅行しているのですから、可能な限り現地の食生活に合わせる事も大切になります。

とはいえ、現実的に自分ではどうしても無理という場合もありますから、そのような展開にならないように事前に下調べも兼ねて情報収集は疎かにする事は出来ません。

 

食事は美味しいとは限らない

出て来た食事が見た感じ美味しそうなんだけれども実際に食べてみると美味しくなかったという事も珍しくないのが海外旅行になります。

美味しい匂いに釣られて食べて見たは良いけど、全然美味しくなかったといった体験はありませんか? このような食事を旅行期間中ずっと食べ続けなければいけないのか?と思うと、それは苦痛になってしまいます。

そのような展開になった場合でも柔軟に対応できる対策が必要になります。日本食レストランの場所を予め調べておいて対応できるようにする事も忘れずに行った方が賢明になります。

特に旅行では食事だけは3食しっかり食べないとバテますから食事はとても大切になります。

 

海外の味付が自分の口に合わない場合もある

初めて訪れる国や地域に海外旅行する場合では、食材が受け入れる事が出来なかったりしますが、その中でも味付がどうしも合わないという場合もあります。このような場合も困ってしまうと思います。

 

味付が合わなくて食事が困る

流石に味付の場合では実際に食べてみないと何とも言えないというのが実情になりますが、食べてから対処するといった場合だと、他の選択肢を選ぶ場合に対応が後手後手になってしまいます。

海外旅行では対応が後手後手になるというのは良くないので事前準備も必要になります。この場合では3つの方法(日本食レストラン、日本食持参、自分の口に合う料理を探す)になってしまうため、どれも急には対応できるとは限りません。

何故なら、頼みの綱でもある日本食レストランだったとしても基本的に現地の味付に合わせている場合が多いからです。

何せ、お客さんは日本人旅行者だけではないですから、基本的には現地の人が食べれるような味付になっていると思います。

 

事前準備の大切さ

現地の食事が合わないというまさかな展開に遭遇するのは初めての国や地域に旅行した場合に発生する場合が圧倒的に多いです。

逆を言えば、事前に準備が足らなかったという事でもあります。ここで言う事前準備は何なのか?というと、情報収集や食事が合わなかった対策になります。

やっぱり、初めて訪れる国や地域に旅行する場合では食事が合わない事もあるという認識でいないと、このような展開も発生してしまいます。

認識していれば、日本食を持参といった対策も行えた筈なので、いかに事前準備が大切なのか?分かる事になります。

楽しいさが先行してしまうと、メインではない部分は頭に角に追いやられてしまう場合が多いですから、そのようにならないように心掛ける事も大切です。

 

スポンサーリンク

 

食事が合わないと海外旅行を楽しめない

せっかくの楽しい海外旅行なのに食事が合わなくて何も食べる物がないといった展開になってしまうと何の為にこの国に来たのか?という感じになってしまうため、それなりに準備や対策も必要になります。

 

食事が合わなかった場合に備える

食事が合わなかった場合への備えになりますが、これが必要になるのは恐らく初めて訪れる国や地域の場合が圧倒的に多くなるのではないか?と考えます。

リピーターであれば、このような展開になったとしても、少なくとも他の料理を知っていますし、応用力もあるので何とかなるものです。

でも、初めての場合では応用力が期待できないので右往左往してしまう展開になりやすいです。このようにならない為にも日本食レストランをいくつか把握しておく事も必要になります。

実際に訪れなくても場所を確認しておくだけでも安心感があるので良いと思います。

 

日本食を持参する方法もある

日本食レストランの場所を把握した場合でも、宿泊しているホテルから遠い場所にある場合も当然の事ながら有ります。

このような場合では流石に、わざわざ、その場所に食事に食べに行くのか?という問題にも直面する事になります。

これも流石にどうかな?と思うので、このような場合に備えて、丸1日分の日本食を持参するのが良いのではないか?と考えます。

どうして丸1日分なのか?というと、自分に合う料理を見つける時間を確保する目的も兼ねるからです。宿泊日数分の日本食を持参するのは大変ですから、3食分が限度といった感じになります。

https://asunao.com/entry/emergency-food-review-11/post-1838/
https://asunao.com/entry/emergency-food-review-6/post-646/

コメント