Chromebook使える・使えない?できる・できない?も要検討を

Chromebook
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

Chromebookを買ったは良いけれども、便利に使えていない場合も有ると思います。これでは、いったい何の為に購入したのか?分からなくなってしまうので、このような展開にはならないように気を付けた方が良いです。

それならば、どうしてこのようなパターンになったのか?と言えば、購入前の検討の甘さが露呈したのかな?という部分に尽きるのではないか?と考えます。

たいていの場合では自分にとって不都合に感じる事は深く掘り下げないで検討に至ってしまう場合もありますから、デメリットはしっかり検討した方が良いです。

今回の記事は『Chromebook使える・使えない?できる・できない?も考慮を』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Chromebookを買う場合に注意した方が良いこと

ここでは、Chromebookを買う場合にこれだけは注意して購入した方が良いのではないか?についての内容になります。

Chromebookについて理解しているのかな?

新しいノートパソコンを購入する場合では、他の機種との比較検討を行うと思いますが、この時にChromebookも検討候補の1つに入って来る場合があります。

というのも、WindowsノートPCと比較しても性能的にも特に申し分ないのにも関わらず、比較的に安価で購入できる場合が多いので、みれが見っけものといった感じで魅力的に感じてしまうのである。

純粋に価格で決めてしまうと買ってから後悔する展開に陥る場合もあるため、先ずは自分がChromebookに対してどのぐらい理解しているのか?も考慮した方が良いです。

この部分を怠ってしまうと、購入後に活用方法や使い道に困ってしまう場合があります。

 

Chrome OSはWindowsと同じではない

もう1つ重要な事があります。ChromebookはChrome OSを搭載しているノートパソコンになります。

それなのにも関わらずWindowsノートパソコンと同じような事ができる!と考えてしまう場合があります。

ChromebookとWindowsパソコンとの違いは、搭載されているOSが異なるため、操作方法も含めて使い勝手は同じではないです。PC周辺機器はどうなのか?と言えば、USB機器は普通にChromebookでも利用できます。

それならば具体的にどのような部分が異なるのか?も気になる要素の1つに該当しますが、Chromebookではデータはクラウドに預ける仕様になっているため、インターネット接続している環境が求められます。

因みに、本体ストレージにも保存できますが、あくまでも一時的に保存できる場所に過ぎないため、ずっとこのストレージに保存して利用するというイメージではないです。

 

スポンサーリンク

Chromebook できること・できないことの確認を

ここでは、Chromebookを買う場合では、できること・できないことを理解しているのか?も必要についての内容になります。

できること

① ウィジェット
Chromebookでウィジェットは利用できるのか?と言えば、2つの方法で利用できるようになっています。1つはChrome拡張機能を利用する方法。こちらの場合はブラウザのタブにウィジェットを配置するパターン。

もう1つはAndroidアプリを利用してウィジェットを利用する方法。Androidアプリの上にウィジェットを乗せるイメージになるため、アプリを起動した上で使うパターンに該当します。

 

② USBメモリ
USBメモリは利用できるのか?と言えば利用できます。USBメモリを接続した上で、ファイルアプリを開くと中身を確認できるようになります。

USBメモリを取り出す場合はそのまま抜いてはいけません。右クリックして取り出す操作を行う必要があります。

因みに、USBメモリに分かりやすい名前を付けておくと良いのではないかな?と個人的に考えます。

 

できないこと

① デスクトップ画面
Chromebookのデスクトップ画面ではフォルダファイル配置できません。それならばどこに一時的に置いておけば良いのか?と言えば、シェルフのトート機能でファイルを格納できるようになっています。

これ以外で利用できる場所は「ファイル」アプリを利用するのが最適になります。基本的にここで管理となるため、管理しやすい名称のフォルダを作成して使い勝手をよくするのが良いです。

 

② パソコンソフト
ChromebookではAndroidアプリは利用できるようになっていますが、パソコンソフトはインターネットからダウンロードしてインストールする事はできません。物足らないと感じている場合では、Chrome拡張機能やAndroidアプリで補完する事になります。

 

③ シェルフ
Chromebookで利用できるシェルフは2段表示に対応していないため、シェルフに追加するアプリは厳選も必要になります。

 

Chromebook使える?使えない?は適切な用途次第

ここでは、Chromebookを買う場合では、このパソコンは自分がやりたい事に使えるのか?使えない?についての内容になります。

便利に使えるのか?

Chromebookは便利に使えるノートパソコンなのかな?と思ってしまう場合もありますが、これは一概には何とも言えません。というのも、実際に使ってみないと何とも言えないからです。

「好み」や「考え方」、「感じ方」にも個人差がありますから、便利に使える場合もあれば使えないと感じる場合もあります。

その上で、あえて言えば、Chromebookで利用できる適切な用途があれば便利に使えると思います。

要するに、このパソコンでやりたい事と適切なアプリがあれば便利に使えるという裏返しになります。適切なアプリが見つける事ができるのか?は努力次第といった感じです。

 

自分のやりたい事はできるのか?

Chromebookを購入する場合では、少なくとも最低限、自分のやりたい事は何なのか? 及び 自分のやりたい事がChromebookで達成できるのか?を考慮した上で買う事が求められます。

ノートパソコンなんだから、問題なく行えるだろう?と思い込んでいると、購入前の検討の甘さが露呈する事になります。これが露呈する事になると、活用方法で困る 又は 悩む事に繋がります。

このようにならない為にも「自分のやりたい事はできるのか?」は良く考えた上で購入した方が賢明の選択になります。PC性能が良ければ目的の事はできる!という訳ではないです。

実際に利用する目的で使うアプリは便利に使えるのか?使えないのか?ですから注意した方が良いです。

 

Chromebookフル活用できるのか?も重要

ここでは、Chromebookを買う場合では、このパソコンを利用して自分のやりたい事がフルに活用できるのか?も考慮した上で購入した方が良いについての内容になります。

オフラインでも使えるのかな?

Chromebookでは、基本的にデータはクラウドに預ける仕様になっているため、インターネットに接続できる状態での利用が求められます。でも、オフラインといった状況も実際に有ると思います。

このような場合では利用できないのか?という部分も考慮した方が良いです。結論から先に言えば、オフラインでも利用できますが、フル活用する事はできません。

というのも、オフラインでは本体ストレージに保存してあるデータを利用する事になるからです。いつも使っているデータはクラウドであるGoogleドライブに保存されますから、フル活用したくてもできません。

因みにGoogleのOffice互換アプリであるGoogle ドキュメント、スプレッドシート、スライドに関して言えば、オフラインでも利用できます。

 

フル活用する場合

Linuxの知識がある場合では、オプションでLinux β版を利用できる設定変更を行う事で、LibreOfficeも利用可能になります。

フル活用するのであれば統合型パッケージのOfficeソフトも必要になりますから、この選択も視野に入れるのが良いと思います。

でも、Linuxの知識がない場合では、Androidアプリで自分の求める事が完結できるのか?という部分は真面目に考えた方が良いのではないか?と思います。この部分は意外と重要だったりします。

Androidアプリでも全然問題ないよ!という場合ではChromebookでフル活用できると思います。

Chromebook Lenovo IdeaPad Duet(2in1 PC)レビュー
皆さん こんにちは! メインで利用しているパソコンは、Windows11ノートPCになります。これに加えてサブPCとしてWindowsとChromebookを利用しています。合計でパソコンは3台になります。 どうしてこん...