台湾桃園空港に到着後は台湾ドルTWD両替とプリペイドSIM購入を

台湾旅行情報

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『台湾旅行で台湾桃園空港に到着したら、日本円から台湾ドル(TWD)に両替とプリペイドSIMの購入』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

台湾旅行で台湾桃園空港に到着したら行うこと

台湾の空の玄関口である台湾桃園空港に飛行機で到着したら先ず行うことといえば入国手続と預け荷物の受け取りになります。では、その後は何をすれば良いのでしょうか?

 

入国カード

飛行機の機内で記入する台湾への入国カードになりますが、飛行機の機内で書くのは一苦労な場合もあります。このような場合は無理に機内で書かないで、台湾の空港に到着してから記入しても良いです。

特に入国手続に並ぶ前に入国カードを記入するためのテーブルが用意されているため、そこで記入してから入国手続の列に並ぶのも1つの方法になります。

但し、この場合は入国手続の列の最後尾に並ぶことになるため、ここを通過するのが遅くなってしまいます。

そのため、結局のところ、機内で記入するのが最良の選択になります。

 

荷物を受け取る

台湾への入国手続が無事に終了したら、ターンテーブルにて預け荷物を受け取ることになります。プライオリティータグが預け荷物に付いていれば早く受け取ることが出来ますが、そのようなタグが付いていない場合やLCCを利用といった場合では、待ちぼうけになる方が多いです。

まだかな〜といった感じでボケーっと待っている方が多い感じになるので、この荷物を受け取る待ち時間はちょっと勿体ない感じです。

このようなボケーっと待っている時間が嫌な場合は全ての荷物を機内に持ち込むといった方法もあります。

 

全ての荷物を機内に持ち込む

到着後の空港で預け荷物を受け取る手間が発生するのが嫌な場合は全ての荷物を機内に持ち込む方法もあります。

各航空会社の手荷物規定を遵守することになるため、荷物の個数や全体重量に制限が発生しますが、入国手続が終わったら、直ぐにターンテーブルのエリアを通過することが出来ます。

その後の現地通貨への両替プリペイドSIM購入といった時間を大幅に圧縮することが出来ます。

 

台湾桃園空港の迎賓ロビーに出る前に台湾ドルに両替を

桃園空港での台湾入国手続と荷物の受け取りが終わった後に行うべきことがあります。それは日本円を台湾ドルに両替することです。ここで両替しなくても空港内で両替することも出来ますが、効率性が悪いです。

 

湾桃園空港の迎賓ロビーに出る前に行うこと

預け荷物をターンテーブルで受け取ってから迎賓ロビーに出る前に銀行の両替所があります。ここで日本円と台湾ドルの両替を行いましょう!

主要通貨への両替は日本で済ませてしまう場合もありますけど、台湾ドルは主要通貨でないため、日本で両替すると手数料が高くなります。

台湾ドルへの両替は台湾の空港で行なった方が手数料が安いです。

 

迎賓ロビーに出る前に両替が必要な理由

迎賓ロビーのフロアには台湾の携帯電話会社のカウンターがあります。ここで購入することが出来るスマートフォンのプリペイドSIMは現金での購入になります。つまり、台湾ドルが必要になります。

クレジットカードでプリペイドSIMを購入することが出来ません。

 

両替時の注意事項

最低限必要な日本円を残しておくようにしてください。台湾旅行に持って来た全てのお金を全部両替してしまうと、全部使い切ってしまった時に帰国時の空港から自宅に帰宅するまでのお金が無くなってしまいます。

SuicaやPasmoを利用すれば大丈夫という場合もありますけど、飛行機に乗り遅れてしまうといった場合もあるため、最低限必要なお金は保険も兼ねて残しておくべきです。

特に飛行機に乗り遅れてしまうという展開は滅多にありませんが、それでも交通状況によっては考えられますし、帰りの飛行機が悪天候を理由にして欠航になってしまう場合もあります。

欠航の場合では少なくとも振替便に乗ることが出来るまでは滞在することになるため、ホテルの費用も含めて滞在費が必要になります。

 

スポンサーリンク

 

桃園空港の迎賓ロビーに出たらプリペイドSIMの購入を

桃園空港の迎賓ロビーに出たら、持参しているSIMフリーに対応しているスマートフォンのプリペイドSIMを購入します。

 

SIMフリーに対応したスマホの持参を

スマホのプリペイドSIMを購入する場合はSIMフリーに対応したスマートフォンが必要になります。台湾旅行ではスマホがないと困ってしまう場合も多いため、プリペイドSIMを利用することが出来るスマホの持参が求められます。

特に市内バスや美味しい台湾料理店を探す場合はネット環境が必要になります。

 

プリペイドSIMの購入

迎賓ロビーに出ると左右に行くことが出来ますが、右に少し歩くと台湾の携帯電話会社のカウンターがあります。どの携帯電話会社でも良いのですが、お勧めは中華電信になります。

中華電信のカウンターには、稀に日本語対応してくれるお姉さんがいます。いつも居るという訳ではないので、あまり期待しない方が良いです。

日本語しか出来ない場合でも必要事項を繁体字で記入したメモをパスポートを添えて渡せば購入することが出来るので、そんなにハードルは高くないと思います。

初期設定も全て行ってくれるためお金を支払ってスマホを受け取ったら直ぐにネットを利用することが出来ます。

 

プリペイドSIMの買い方(筆談用)

我要買SIM卡
◯天

※ ◯の中に旅行日数の数字を記入します。

携帯電話会社のカウンターで手渡しする場合はスマホとパスポートに添えて、このメモ書きを渡します。

台湾旅行はスマホとネットが必需品!悠遊カードの残高確認もアプリで
皆さん こんにちは! 今回の記事は『台湾旅行で悠遊カードの残高確認する場合はスマートフォンとネットが必要』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 台湾旅行はスマホと...

コメント