27Lリュックで行く台湾旅行のパッキングでもサコッシュバッグ持参

服装パッキング

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『27Lリュックで行く台湾旅行のパッキングでもサコッシュバッグ持参
』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

台湾旅行のメインバッグは27Lリュック

台湾旅行に持参するバッグはスーツケースではありません。リュック1つで台湾に行きます。厳密にいえば、サコッシュをバッグインバッグとして装備しています。

 

台湾旅行にリュックで行く理由

海外旅行のバッグといえばスーツケースが多いですが、台湾の場合は必ずしもスーツケースが最適という訳ではありません。

何故なら、台湾の歩道は凸凹だったりする場所もあるので、何処でも歩けるリュックの方が便利だったりします。

そういう関係もあり、筆者の場合は台湾に旅行するバッグに関してはリュックを好んで利用しています。

 

自宅を出発する時はリュック1つで出かける

台湾旅行に持参するリュックはカリマーのイクリプス27を利用しています。以前はノースフェイスのホットショット26Lを愛用していましたが、ちょっと重たいですし、ショルダーの厚みもちょっと薄いという理由で変更しました。

荷物はリュック1つなので移動が楽です。ショルダーバッグとの併用といった場合では電車やバスに座った時に大変になってしまうため、この事を考慮すると、自宅を出発してから空港に到着するまではリュック1つが丁度良いです。

 

羽田空港に到着後

筆者の場合は羽田空港からLCCのPeachを利用して台湾桃園空港に移動しています。自宅から羽田空港に到着するまではリュック1つで移動となります。

羽田空港に到着したらバッグインバッグとして装備しているサコッシュバッグを取り出して宿泊先のホテルに到着するまでリュックと併用で利用しています。

空港や飛行機の機内といった場面ではサブバッグがあると重宝します。但し、飛行機の機内に関していえば、サコッシュよりもウェストポーチの方が利便性が高いと思います。

とはいえ、飛行機の機内以外ではショルダーバッグサコッシュといったバッグの方が利便性が高いので、イクリプス27で旅行する場合に限り、カリマーのサコッシュを好んで利用しています。

 

カリマーのイクリプス27にサコッシュバッグを装備

本来ならばリュックにバッグインバッグを装備しなくても良い筈なのですが、目的や用途によっては自分なりに工夫や改善を行って使いやすいようにするのも必要になります。丁度良いサイズ&重量のサコッシュがあったのがきっかけになります。

 

サコッシュバッグを装備の理由

カリマーのイクリプス27は気の利いたファスナーポケットを本体内部に装備していないため、鍵などの大事な物を収納することが出来ません。

このリュックで旅行するのはちょっと無理があるのです。サイズ&重量を考慮した結果、同じカリマーのサコッシュである trek carry sacoche をバッグインバッグとして装備するのが最適だと判断した次第です。

PCホルダーに収納するため、取り出しに難がありますけど、逆に海外旅行では取り出しに難があった方が良いので重宝しています。

 

空港ではショルダーバッグがあると便利

空港では貴重品等を収納できるショルダーバッグやサコッシュがあると重宝します。

特にリュックをメインバッグにする旅行では航空会社のチェックイン手続や出国&入国手続き及び両替といった場面で貴重品を取り出す必要があるため、気の利いたファスナーポケットがあるショルダーバッグがあると助かります。

 

スポンサーリンク

 

27Lリュックで行く台湾旅行のパッキング

台湾旅行のパッキングは多種多様にありますけど、基本的にはミニマリストの考え方を参考にして、全ての荷物をLCCの機内持ち込みでのパッキングにて台湾旅行となります。

 

台湾旅行の基本的な持ち物

① 旅行バッグ
カリマーの27Lリュック(イクリプス27)、カリマーのサコッシュ(trek carry sacoche)、カリマーのショルダーバッグ(VTショルダーCL

 

カリマーのサコッシュtrek carry sacocheレビュー
皆さん こんにちは! 今回の記事は『カリマーのサコッシュtrek carry sacoche のレビュー』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 カリマー tr...
カリマー軽量リュック&分厚いショルダーのイクリプス27レビュー
皆さん こんにちは! 今回の記事は『軽量でショルダーが分厚いカリマーのリュック(イクリプス27)のレビュー』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 カリマーのイクリ...

 

② 筆記用具
ボールペン、メモ帳

 

③ 貴重品等
パスポート、日本円、台湾元、クレジットカード、プリペイドカード、悠遊カード

 

④ スマホ等
スマホ、モバイルバッテリー、電源コード&コンセント、自撮り棒

 

⑤ 着替衣服
2泊3日分の着替え衣服(旅行期間が1週間でも2泊3日分になります)

 

⑥ 洗濯用品
折りたたみハンガー、洗濯ばさみ、洗濯ひも、洗濯洗剤、マイクロファイバータオル

 

⑦ 機内防寒&部屋着
モンベルのライトシェルパーカ&ライトシェルパンツ

 

⑧ 暇つぶし
飛行機の機内で音楽を聴くための音楽再生プレイヤー、イヤホン

 

⑨ 雨具&紫外線対策
晴雨兼用のUVカット折りたたみ傘

 

⑩ 医薬品
総合風邪薬、胃薬、胃腸薬、整腸剤

 

季節によって変更のある物

① 医薬品等
春夏 : 虫除け、虫刺され対策
秋冬 : 風邪薬(発熱、せき)

 

② 着替衣服
春夏 : 吸汗速乾素材の着替え衣服
秋冬 : ヒートテックのインナー、冬物衣料

 

非常食の試食

非常食の期限が近付いたり、新しく備蓄した場合や旅行期間中に台風が来襲する可能性が高い場合に限り、試食を兼ねて非常食を持参する場合があります。

実際に食べた事がない状態で備蓄するというのもどうかな?と思いますから、旅行で試食するといった感じになります。

 

台風シーズンに台湾旅行する場合に備えて準備している物

台湾旅行で一番注意しなければならないのが台風シーズンになります。この季節では出発時と帰国時に台風の影響を受ける可能性があるため、帰りの飛行機が欠航になってしまった場合の対策が必須となります。

 

帰りの飛行機の欠航対策

① 計画的にお金を使い切らない
台湾旅行に持参したお金は最低限必要な金額を残すのは勿論のこと、両替したお金も計画的に使い切らないようにしています。

 

② クレジットカード
台湾旅行ではホテルの宿泊費用の支払限定でクレジットカードを持参しますが、帰りの飛行機が欠航や乗り遅れといった場合にも利用する事になるため、クレジットカードは必需品になります。

 

③ プリペイドカード
JCBやVISAといった国際ブランド付のプリペイドカードを持参しています。クレジットカードのキャッシング機能を利用すると、一時的な借金になってしまうため、帰国するまで1日単位で利息が増えてしまいます。

これは宜しくないため、クレジットカードのように使える国際ブランド付のプリペイドカードを事前に入金した上で持参しています。

 

台湾旅行の持ち物パッキングはLCCの機内持ち込み7.0Kg以内!
皆さん こんにちは! 今回の記事は『台湾旅行に持参する持ち物パッキングは出発時&帰国時もLCC(Peach)機内持ち込み7.0Kg以内に纏めて旅行しています。今回は実際に持参している旅行グッズ及びパッキングの紹介になります。』...

コメント