台湾旅行の持ち物!旅行バッグはカリマーのイクリプス27リュック

台湾旅行の持ち物

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『台湾旅行に持参している旅行バッグはカリマーのイクリプス27リュック(バッグパック)』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

台湾旅行のバッグはリュック(バッグパック)

台湾旅行ではスーツケースなどのキャリーバッグを持参している人も多いですが、筆者の場合はリュックを愛用しています。特に空港のトイレを利用する場合にそのように感じます。

 

スーツケースで旅行しない理由

Peachを利用している関係で機内に持ち込む手荷物を7Kg以内の重量に抑える必要があるため、スーツケースよりも軽量なリュックの方が良いのである。

機内持ち込みできるスーツケースもありますが、それでもリュックの方が軽量になるため、少しでも軽量なバッグの方がその分多く収納する事が出来ます。

 

全ての荷物は機内持ち込み

全ての荷物を機内に持ち込むパッキングで旅行したいのでスーツケースよりも軽量なリュック(バッグパック)を好んで使っています。

空港のチェックインカウンターで荷物を預けると、到着後の空港で荷物を受け取る手間が発生するので、いつになっても自分の荷物が流れて来ないといった感じで待ちぼうけになってしまうのが嫌です。

それならば全ての荷物を機内に持ち込んでスムーズに迎賓ロビーまで通過した方が気分的に楽ですし、その分、時間を有効に活用する事が出来るので自分には最適になります。

因みに台湾桃園空港に到着して迎賓ロビーに出る前に両替を済ませてから、スマホのプリペイドSIMを購入するため、荷物を背中に背負っている方が何かとスムーズなのである。

 

お土産はあまり買わない

台湾旅行では美味しい台湾銘菓や台湾茶といったお土産を購入する場合が多いですが、筆者の場合はリピーターなので買う商品はいつもと同じなのである。因みに購入しているのは黒糖生姜茶になります。

その商品さえ購入すれば満足なので旅行バッグは大きくなくても問題ないのである。

 

台湾旅行にはカリマーのイクリプス27を持参

台湾旅行に持参しているリュックはカリマーのイクリプス27になります。筆者の場合は通勤用に愛用しているノースフェースのホットショット26Lもありますが、とても軽量でかつ分厚いショルダーのイクリプス27を旅行に使っています。。

 

 

カリマーのイクリプス27を選んだ理由

台湾旅行に持参するバッグは自分の好みで判断して頂ければ何でも良いのですが、筆者の場合は全てにおいて第1前提がリュック(バッグパック)なので自分の基準に適合する物を選んでいます。

筆者が旅行で求めるのは、重たい荷物を背負った状態で両肩への負担が軽減される物でかつ、本体重量が軽量なタイプが良いという基準になります。

この基準でリュックを選ぶと、必然的にショルダー部分は分厚いタイプになるため、ショルダーが分厚くて軽量なリュックは何はあるのか?といった感じでカリマーのイクリプス27を購入しました。

 

ウェストベルトは利用していない

重たい荷物の場合に有ると便利なウェストベルトも装備していますが、台湾旅行においては全く使っていません。

取り外す事も出来るのですが、そのままダラーンとぶら下げている状態になります。

 

台湾の歩道は段差が多い

台北や高雄といった大都市はどうだか?分かりませんが、筆者が好んで訪れる台中の歩道では段差が多いです。しかも小さな段差ではなく、大きな段差になります。

このような場所をスーツケースなどのキャリーバッグを引いて移動すると持ち運びが大変になるため、リュックの方が便利なのである。

 

台湾旅行の宿泊先はアパート

筆者の場合はホテルに宿泊ではなく、アパートに宿泊しています。いわゆる民泊の一種になりますが、ホテルに宿泊するよりも安く済むのです。

その代わりに、ホテルでは普通にサービス提供される物が無いので台湾のスーパー等で日用品等を購入する 又は 持参する必要があります。

さらに、エレベーターが無いので階段での上り下りになるため、ショルダーが分厚いリュックが必要になります。

 

スポンサーリンク

 

カリマーのイクリプス27はショルダーが分厚い

カリマーのイクリプス27は分厚いショルダー&軽量が特徴になるリュックになりますが、その他はどのようなリュックなのか?を紹介したいと思います。

 

 

サイズ&重量

サイズ : 490mm 330mm 280mm
重量  : 760g
容量  : 27L

 

ファスナーポケット

メインルーム  : PC専用ポケットがあります
オーガナイザー : 仕切りポケットがあり、キーフックを装備
フロントポケット: 250mm × 200mm 程度の大きさ

※ メインルームは、結構収納する事が出来ます。

 

キーフックはイマイチ

オーガナイザールームにキーフックも装備しているのですが、ここに鍵をぶら下げてしまうと、歩いている時にチャリチャリ音がして気になります。

とてもじゃないですけど、アパートの部屋の鍵を引っ掛けて置くのは無理なのでバッグインバッグを収納して対応しています。

 

一長一短はあるけど愛用

自分に適合しているリュックというのはオーダーメイドで作らない限り無いと思います。

旅行に愛用しているイクリプス27も当然の事ながら不満に感じる部分もありますが、台湾旅行に関して言えば、運用でカバーすれば特に問題ないので愛用しています。

 

カリマー軽量リュック&分厚いショルダーのイクリプス27レビュー
皆さん こんにちは! 今回の記事は『軽量でショルダーが分厚いカリマーのリュック(イクリプス27)のレビュー』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 カリマーのイクリ...

コメント